痛くないカイロプラクティック

カイロプラクティック というのはボキボキしたり痛いというイメージがどうしても強いために 回避されていることが多くありますがしっかりとした検査をすることをしているカイロプラクティックは危険なこともなく危ないこともなく痛いこともないカイロプラクティックをしています。

カイロプラクティックの技術と検査する技術力で体を整えていくことができるカイロプラクティックの治療法をしていますので危険なこともない 歪みやズレが取れて楽になることをしていきますが一回で全部の歪みやズレが解消されたり楽になることもありますがそれだけではありません。

痛みやこりが起きている時には全体的に体調が落ちて低下していますので体調からあげて整えていくことをしないと痛みやこりは簡単なものもありますが簡単ではないものもあり一回や二回で楽になる痛みやこりもありますが10回以上通院しないと楽になって行かない痛みやこりもあります。

最近は多くの方が異常と思えるほど体調を落として悪くなっていますので悪くなっている方ほど歪みやズレがひどく簡単には回復しないぐらいいいの方が多くいます。

体調が落ちている方ほど回復する力も同時に落ちていますのでなかなかうまく回復してくれないのが現状ですから楽になるにも回復する力を上げていく必要があります。

回復する力をあげること

カイロプラクティックというのは歪みやズレを矯正するだけではなく体を整えていくことをしたり体調をあげたり整えたりすることをして色々な体の状態を確認しながら検査することをして 強制することで楽になる方法をしていくのがカイロプラクティックの施術です。

カイロプラクティックというのは治療法の一つですから卑しいでもなくマッサージでもなく 低周波治療器や機械などをかけることなくての技術力のみで体を整えていくことをしていくのがカイロプラクティックです。

手の技術力が身についていない方ほど低周波治療器やマッサージ機やローラー治療器などを使っていることが多くあります。

カイロプラクティックという意味はての字という意味がありますのでまたは主義という意味もありますから手の技の技術力のみで体を整えていくということがカイロプラクティックなんです。

低周波治療器家マッサージ機ローラー治療器などを使ったりその他の機械などを使っていると痛みやコリを直しているわけではなく痛みやコリを散らしてわからなくしているだけです。

機械などを使うと痛みやこりは散ってしまって楽になったように装うことはできますが本当の意味で体の痛みやコリを起こしている原因を変えて楽にしているわけではありません。

楽にすることと体を治すということは全然意味が違いますので注意してください。

楽にすることと治すことは違う

普通一般的に 体を治したり体を治療したり体調をあげたりという方法はなく病院でも病気になってからやっと検査したりすることで判断していきますが健康な細胞からすぐに病気の細胞に変化することもなく10年や20年かけながら細胞が変化していきその過程で痛みやコリを起こしています。

病院の検査というのは病気の検査ですから尿検査や血液検査やエコー検査やレントゲン検査や MRI 検査などの検査法は病気を見つける検査法ですから病気として完成しまった内臓が陽性反応示し数値の異常が出てしまいます。

しかし内臓の細胞でも1年や2年で健康な細胞からまた健康な内臓から病気になるということは考えられませんのでなっていく過程があるということです。

例えばですけど心臓の弱いかたは背骨の胸椎というところの1番目と2番目の骨が歪んでいますので時々肩のこりを起こしたり胸苦しさや息苦しさを感じたり 急に胸の所でちくっとする痛みが一瞬だけ起きたりすることがあります。

例えばですけど腎臓の弱いかたが腎臓に疲れやすレスを食べてしまうと時々ぎっくり腰や腰を痛めてしまうことが起こり先将来の病気として細胞がまたは内臓の腎臓が老化して悪くなっていくと透析や腎臓の病気になります。

腰痛や肩こりや頭痛や生理痛や便秘などは先将来の病気を暗示している可能性もありますので病気と痛みやコリには密接な関係があります。

何も原因がなくて痛みやコリが起きるということはありませんので今現在は病気ではありませんが先将来の病気として進行していけばということです。

腎臓が起きやすい方、腎臓が起きている方などは腎臓に疲れやストレスが溜まり痛みやこりがない時でも腎臓の弱さは進んでいきますので進んだ最終形態が腎臓の病気になる可能性もあります。

内臓疲労が原因

病気になっていくのも1年や2年でなることはなく5年や10年や普通でも20年かかって病気になっていくということで スタートしてしまわないと 分かりませんが今でもスタートをしているかも分かりません。

人の体は生まれつき内臓の弱さを持って生まれていますので赤ちゃんの時から遺伝的に家系的に弱い内臓というのが決まっていますので弱い内臓に疲れやストレスが溜まることが原因で老化が促進されてしまい最終形態が病気として陽性反応を示すこともあります。

親子の関係が雰囲気や顔つきがいるように 内臓も同じように似ていますので夫婦とも血縁関係はなくても同じような酔わせの内臓を持っている同士が結婚している場合が多いようです。

親子代々の弱さが色々な痛みやこりと同じ原因を持っていますので家系的な弱さ遺伝的な弱さということが言えると思います。

特に日本人は肝心要という言葉があるように肝臓と腎臓が弱い民族でもあります。

痛みやコリになるのは 歪みは何が原因なんですが歪みやズレは弱い内臓に蓄積していきますので弱い内臓と言っても病気と言っているわけではありませんので注意をしてください。

毎日の生活や仕事や睡眠不足状態や精神的なプレッシャーなどで疲れやストレスは誰でも溜まっていきます。

疲れやストレスが溜まると筋肉にもたまりながら例えばですけど体重100キロの方がいるとしたら65%、65 kg が水分です。

100kg中、35 kg が筋肉や脂肪や皮膚や骨の重さや血管神経リンパ管の重さしかありませんのであとの残りは 内臓です。

内臓の中には大脳と脳幹と脊髄が入りますので疲れやストレスが溜まるということは主には内臓になります。

しかし内蔵といっても病気ではありませんので何でもかんでも病気というのを結びつけるのはやめてください。

病気になっていくためには10年から20年かけながら細胞の変化が行われて細胞の変化が起きているのは内臓ですから内臓が老化していくことで病気として完成してしまうと病院で検査すると分かります。

カイロプラクティックというのは

カイロプラクティックというのはボキボキしたり痛い怖いというイメージがどうしても強いために避けられている治療法の一つなんですが本当は歪みやズレからを切る痛みはコリというのはカイロプラクティックだけが専門ですがカイロプラクティックも色々な治療院がありますので それぞれの先生でレベルが全部違います。

まず電気治療器やローラーベッドやマッサージ治療器などを用いているところは手の技術力が不足しています。

物量というのを多く使えば使うほど電気や機械など多く使っているところほどての技術は落ちて言っています。

常に技術力というのは向上するように目指さなければ最新の技術力が最低の技術力になります。

 

小倉北区 で痛くないカイロプラクティックをしています。