下痢になるのは

急に下痢になったりするのは、原因があります。この原因があるために急に下痢を起こしていきます。

当院では原因になるものを変えていく事ができます。

その為にしばらくの定期的な通院が必要です。

下痢を止める為には薬を服用しますが、これは一時的に下痢をおさえているだけです。

また、しばらくすると下痢になります。また、薬で抑えるしかありません。これの繰り返しです。

下痢には下痢になる原因がありますから、原因を見つけ出すことも大切です。

しかし初めから原因を見つけることはできません。

原因を見つける為にも他の重なっているのものを減らすことが必要です。

下痢になるのは

下痢になる原因は体にも原因がありますが、精神も関係します。

不安や緊張が強くあると下痢になる場合があるからです。

主には下痢になるのは、胃の入り口で起こります。腸ではありません。腸では便秘か軟便です。

下痢が起きる時には腸のある部分でも痛みが起こりますが、胃の入り口が原因です。

胃の入り口で圧力が高くなると下痢になります。

ノロウィルスが取りつく場所でもあります。

ノロウィルスが横隔膜を境にして上に取りつくと嘔吐、横隔膜の下で取りついて膨れると下痢になります。

このようにノロウィルスでもない状態の時でもお腹を壊して下痢になることが起きるのが下痢です。

 

 

下痢になる時には原因があって起きていますので精神的なものや内臓的に下痢を起こす方が多くなっていますからその原因から解消するようにしてください。

精神的な緊張でも お腹が弱い方は下痢になります。

体のストレスがたまっても お腹が弱い方は下痢になります。

プレッシャーでも お腹が弱い方が下痢になります。

風邪を引いても、お腹の弱い方は下痢になります。

ノロウィルスが体内に入っていると、下痢になります。

溶連菌、連鎖球菌が体内に増えていると、下痢になります。

ノロウィルス、溶連菌、連鎖球菌は別ですが、これが胃の部分にあると、だれでも下痢になります。

下痢のタイプは色々ありますが、下痢のタイプの名前よりも、大事なのは原因です。

原因が起きる部分

原因が起きる部分は大腸で起きていると思っている方が多いようですが実際にはが大腸で起きているのは便秘などで大腸で起きる場合は、便秘か軟便くらいです。

大腸では便秘か軟便くらいで済みますから下痢まで行きません。

では、下痢はどこが関係して起きているのか、と言う事ですが、

説明する時に嘔吐下痢になるノロウィルスと言うのがありますが、吐いたり下痢したりすることが起こりますが、ノロウィルスは大腸ではなく胃の上でノロウィルスがついて膨れることで嘔吐下痢になります。

ですから胃の入り口で起きるのが下痢です。

下痢には薬で

下痢になる方は、ただ薬を飲んでいる場合が多いようですが薬というのは一時的に押さえているだけで原因から変えて行って直しているのではありません。

下痢というのは精神的にも起こりますが 内臓的には大腸ではなく 胃の部分で起きていることが多くあります。

大腸の反応がある時には下痢までいかないで何分で住んでいる場合が多く あります。

下痢というのは大腸で起きるものではなく胃の部分で起きていきますので胃の部分で起きると緊張が高くなったり胃の周辺の状態から 腸の方に反応が出てしまって下痢になっています。

下痢で特に関係しやすい内臓は 胃の部分が多いようですが良いだけで起きるものではなく膵臓が特に関係して起きている場合が多くなっています。

膵臓が弱っている方が多くなっていますので膵臓が弱くなると 下痢になります。

 

 

 

当院では『小倉北区 下痢」、下痢 小倉北区などの検索でも人気があります。