坐骨神経痛

坐骨神経痛になるのは 坐骨神経痛になる原因がありますのでその原因から改善していくようにすると坐骨神経痛は 楽になっていきます。

坐骨神経痛というのは坐骨神経という神経が実際にありますのでその神経が炎症を起こしたり関連する痛みや痺れが起きることです。

坐骨神経という神経は腰から伸びていて股関節と坐骨の間を通る神経なので坐骨神経という名前がついています。

痛みやしびれの部分は

多くの場合、神経が出た先よりも 足に伸びてる部分のことを言いますが、足で伸びている神経が異常をおこすというよりも背骨や骨盤の所から起きる問題が多く坐骨神経痛を起こしています。

坐骨神経痛という神経は 多くの場合、原因ありますのでこの原因というのは骨盤の歪みや背骨のズレです。

骨盤の歪みや背骨のズレがあると椎間板が膨れたり大きくなります。

椎間板が大きくなったり膨れたりすることで 背骨から出ている神経に触ってしまいますので触るとその支配神経のところが痛みを起こしたりしびれになります。

神経というのは支配する所は決まっていますのでどこの部分だったらどこを支配しているということなので 腰のこの部分だったら 足 の親指がを支配しているとか、この部分だったら小指を支配しているとかいうのがあります。

多くの坐骨神経痛の場合、体調が絡んで起きていることが多くありますので体調が空もということは体調が落ちることです。

体調で痛みやしびれになる

体調が落ちると骨盤の歪みや骨盤の開き、骨盤の不安定性が出てしまいますので、この骨盤の不安定性や骨盤の開き、骨盤のゆがみが坐骨神経痛の原因を招きます。

湿布を貼ったり注射をしたりブロック注射をしたり 電気や低周波などをかけたりマッサージをしても原因はすべて残っていますので多少痛みが楽になっても原因を直さないと 悪化したり慢性化の原因になります。

一応湿布を貼ることでも効果があります、注射をしたりすることでも、またブロック注射でも効果がある場合がありますが、これらは全て一時的に抑えてるだけですから原因から改善しているわけではありません。

坐骨神経痛がある場合は必ず 原因がありますのでその原因から改善していかないと坐骨神経痛を悪化させる原因になります。

坐骨神経痛がある場合、多くの方の場合は骨盤の歪みや背骨のずれが起きていますが、これが起きている原因は体調と 内臓から起きています。

体調と内臓から

体調が落ちることで必然的に 骨盤の歪みや背骨のズレは起きます。

必ず体調どうしているときに痛みや痺れが強くなりますので体調が落ちてる時には余計についかんばんが潰されて潰されることで痛みや痺れが強く起きてしまいます。

坐骨神経痛がある方も、いつも同じしびれ痛みがあるわけではなく強くなったり弱くなったり、急に痛みや痺れが起きたりすることがあると思いますのでこれがその時の体調に関係しています。

体調が良い時には痛みや痺れは軽く感じて体調が落ちた時には 痛みや痺れは強くなったり急に痺れがまた痛みが強くなることがあります。

体調というのはその日でも違いますし午前中と午後でも違います。

一度体調が落ちると上がらないのが体調の状態なので体調からあげていく治療を当院ではしています。

湿布を貼ったり注射をしたりブロック注射をしたりすることもいいかも分かりませんが体調から出ていかないと骨盤の歪みや背骨のズレは解消しませんし腎臓の働きを良くすることができません。

坐骨神経痛の根本的な原因というのは腎臓の働きに関係していますから腎臓の働きと言っても病気ではありませんのでご注意してください。

腎臓の働きが悪くなる原因として考えられていることは腎臓にも疲れやストレスが溜まります。

腎臓に疲れやストレスが溜まることが原因で 筋肉や靭帯のバランスが狂って行きます。

靭帯、筋肉のバランスが狂うえば骨盤が歪んだり骨盤が開いたり骨盤の不安定性が出てしまいますので、背骨の歪みや骨盤の問題から椎間板が潰されたり膨隆したり膨れたりすることで神経を圧迫してしまいますので この状態から 坐骨神経痛になります。

北九州市小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松区、行橋市、下関市徳力整体院は坐骨神経痛を改善しています。