太りやすいのは

太りやすい方は何をしても太りやすくなっていたり、効果がなかったり、リバウンドが大きかったりしていることがあります。これには基本的なことが整っていないと効果がありませんし戻りやすくなります。

多くのダイエット食品、サプリメント、運動、ストレッチ、ダイエットグッツ、リンゴダイエット、バナナダイエット、ナタデココオイルなどが太りを解消してくれるものですが、どれもこれも基本的なことができていないと効果は半減、どころではありません。

代謝が悪いだの、リンパの流れが悪いだの、色々に関係するものがありますが、すべて基本的なことを忘れています。

基本的なことと言うのは体調です。しかし体調と言うのは意味不明な言葉の一つです。

体調と言うのを説明しようにも説明するのが大変、難しく上手く説明することができません。

しかし①総称して体調が落ちていると、いくら良いダイエットをしても痩せません。

②眠りが浅いと、いくら良いダイエットをしても痩せません。

①の説明:体調と言うのは大変、説明するのも、わかってもらうのも、理解するのも難しく、病院でも見た目で見て判断しています。ですから、よっぽどグターとしていない限り、又、熱が出てない限り人の目には、他人の目にはわかりません。

しかも、自分でも気が付かないくらい落ちていると、感覚的なマヒが起きて体調が落ちていることさえ、わからなくなっています。

体調が悪い時には、どんなことが起きるのか、と言うと、循環が悪くなります。リンパの流れが停滞して老廃物が多く蓄積しています。骨盤の歪みや骨盤の開きがあります。背骨のズレが起きています。筋肉が緊張したりしています。疲れやストレスが多くたまっています。内臓や脳も働きが低下して弱っています。

体調が落ちていると、これらのことが普通で起きています。

そうすると太りやすくいらない栄養まで取り込みます。体外に排出されません。循環も停滞してリンパの流れも悪くなります。

内臓の働きも低下しているので、当然、コントロールが出来ませんし、自律神経の働きも落ちていきます。

そして脳の脳せき髄液の生産が停滞して脳せき髄液の新しいのが生産できないことや、脳せき髄液もゴミがたまって汚れていきます。

肺が弱ると脳への酸素を供給する量が減りますから血中酸素が減り始めます。

この脳の弱りから、過食になったり、胃の満腹感がわかなくなります。

精神的にも悩みやすくなったり、イライラしたり、ウツぽっくなったり、頭がボーとするしたり、脳に元気がなくなっていきます。

この状態では痩せにくいですが、もし痩せても骨ばって痩せていきます。

キレイに痩せることはありません。

骨ばって痩せても我々、男性陣はキレイに見えることはありません。

胸元でも肋骨が浮き出ているような細さでは健康的に見えません。

どこでも肋骨が浮き出たような感じでは、具合の悪そうしか見えません。

肋骨の部分をどこでも、手で触ってみてください。

肋骨が浮き出ていたり、肋骨が固く張っていませんか??

肋骨だって良い状態では、浮き出たりすることはありませんし、肋骨が張ることもありません。

ただ、痩せることよりも健康的に痩せることを考えましょう!!!!。

痩せる為には基本的なことが大切です。簡単に考えて体重ばかり気にしていると体を壊します。

 

小倉北区からも太りやすい原因を改善する為に当院を訪れる方が多くいます。

太りやすい方は 原因があって太りやすくなっていますのでその原因から改善していくようにしないといくらサプリメントや薬や食事制限をしてもまたダイエットをしても太りやすくなります。

太りというのは体質から起きていますので太りやすい体質というのがあります太りというのは体質から起きていますので太りやすい体質というのがあります。

太りやすい体質が体調が悪くなったり疲れやストレスが多く溜まったりしてしまうと余計に太りやすく脂肪になっていきます。

もちろん食事制限などや食べ過ぎスナック菓子や菓子パンなどを食べることは よくありませんが 無理に食事制限などをしたりすると余計に太りやすくなりますので適度ということが挙げられます。

食べすぎは

誰でもそうですが食べてしまえばまた甘いものを取りすぎれば太るのは当然です。

そして炭水化物を多く食べてしまったり油っこいものを食べ過ぎてしまえば太るのは当然ですがいが大きくなっているということも考えられています。

胃を無理に小さくするというのではなく胃が大きくなっているのを正しい状態に近づけることが 太りやすいのを解消していく ことになります。

太りやすい方は多くのたん水化物夜油っこいものを多く食べていますので、それらを制限することが必要になりますが、あまり強くを制限してしまうと余計にリバウンドが大きくなってしまいます。

体質改善で変わる

体質という体を治すことにおいて体は徐々に代謝が良くなったり 胃が小さくなるということが考えられていますので体質から良くすることをしていきますがその前に体調からよくしていかなければいけません。

何よりも取りやすい方は何をしても太ってしまいますので動きを制限されてしまいますからエネルギーの変換量が少なくなって食べるわりにはエネルギーの量が多くなってしまいますのでそれにおいても太りやすいということが考えられています。

取りやすい形というのは太りやすい体質と体調にありますので多くの場合食事はご自分でコントロールされてほしいことですが当院では体の状態から改善していくようにして太い体質を変えていきたいと思います。

太りやすい体質というのはおもに体調とホルモン系に関係している場合が多くありますのでホルモン系と言うと脳下垂体ホルモンそして甲状腺ホルモン、膵臓の状態です。

ホルモン系

特に脳下垂体ホルモンと甲状腺ホルモンと膵臓のホルモンというのは太りに関係しますので太りという間むくみまたは脂肪に関係していると思います。

内臓から変えていくと代謝が良くなって老廃物が多く流れていきますのでそれだけでもエネルギー変換量が多くなって脂肪になりにくく徐々に体が痩せて 行きます。

まずどこに太りやすい原因があるのかということ探らなければいけませんが、体を触ってみれば皮下脂肪が厚い型と皮下脂肪の下の内臓周辺の脂肪が多い方と、又、内臓自体が大きくなって貼っている方と色々な状態がありますので、これらを検査して見つけることまた減らすことが感じになります。

当院では検索キーワードでも人気があって「小倉北区 太りやすい」、「太りやすい 小倉北区」などの検索でも引かれています。