評判の良い小顔矯正

  顔が小さくなる 小顔矯正

当院では初回から顔が小さくなる小顔矯正をしていますので ボキボキしない痛くない怖くない 小顔矯正です。

当院では顔を小さくしていく小顔矯正をしていくときには二通りの小顔矯正があります。

一つ目は体を整えていくことで顔が小さくなる小顔矯正

もう一つは体質改善という治療による小顔矯正です。

体には多くの疲れやストレスが溜まっていますから ハマればハマるほど歪みになったり炎症を起こしたり腫れたりということが起こりますので それと同じように 顔にも疲れやストレスは多く溜まっているということが検査することでわかっています。

検査をする

当院では検査をすることができますので検査をしてみると色々なものがわかってきますが 最近多くの方は体調がすごくと言っていいほど悪く 体調が悪い原因は眠りにあります。

眠りと言ってもただ寝ている睡眠ではなく妄想状態に近い睡眠の方が多いようです。

妄想状態の睡眠というのは寝ながら考え事をしているという睡眠です。

寝ながら考え事をしている睡眠というのが一番最悪な睡眠なわけですけど 夜寝たら朝まで目が覚めないから寝ていると勘違いしやすい睡眠が寝ながら考え事をしているという睡眠です。

夢を見ている方がまだ眠りが深い 眠りです。

眠りが避ければさいほど 脳疲労が起きていきますので脳疲労が起きれば どういうことになっていくかという問題が生じて行きます。

ただ脳が疲労するだけではすみません。

脳疲労が起きれば起きるほど脳細胞の減少が早くなって年齢以上に脳細胞が減っていくことが起こりますので 脳細胞の減少が最終的に招くのは認知障害やボケです。

つまり 寝ているけど 寝ながら考え事をしている睡眠というのが一番あさく脳細胞の急激な減少を招きますので認知症、ボケになりやすくなるということが。

どうして小顔矯正と眠りが関係するかと言うと、どんなにいい小顔矯正をしても顔を小さくしても眠りが浅いと脳疲労が起きているわけですから維持する力や持続する力がないから断った瞬間にまた小顔矯正が終わった瞬間に戻っていきます。

小顔矯正をしている時には体調というのはすごく大切なことになりますので体調が悪くて脳の力が落ちていると いくらいい小顔矯正をしても戻りが大きくを持続する時間が減少してしまって維持することができません。

どんなに良い最高な小顔矯正をしても 体調が悪いと戻りやすくむくみやすくすぐにまた戻って行きます。

小顔矯正をする時に

体調が落ちるということはどういうことなのかということを説明していきますと体調が落ちるということは体に多くの疲れやストレスが溜まった状態のことを言います。

疲れやストレスというのは何もしなくても環境の変化や気温の変化でも疲れやストレスは たまります。

日常生活でも多くの疲れやストレスはたまります。

仕事をしている時にも色々な疲れ、ストレスはたまります。

人が生きていく上で何をしても疲れやストレスというのは 存在しますので疲れやストレスがない生活はできません。

しかし小顔矯正をしていく上で一番邪魔なものは減らさなければいけないものは疲れやストレスなんです。

一見あまり関係がないような疲れやストレスですが本当は小顔矯正をしていく上で大変、重要な問題になります。

体に多くの疲れやストレスが溜まっていると 顔のむくみが起きやすく顔の歪みも起こりますので肌の色や 顔のツヤなどがなくなっていくのが疲れやすとレスが一番の原因になります。

お化粧のノリ が悪くなるのも疲れやストレスの蓄積で体調を落としていることが原因です。

疲れやストレスというのはどこにたまるのか

疲れやストレスというのは顔にもたまりますが多くは内臓に泊まっていきますので 顔の内臓と言うと脳になります。

脳に溜まる疲れやストレスというのは脳疲労を起こしていきますので脳疲労が起きれば頭痛が起きやすくなったり眼精疲労や目のかすみや 鼻水が出やすくなったり歯の痛みや 歯茎が炎症を起こしたりということがあったり舌を噛んでしまったりということが起こります。

小顔矯正をしていくときには

当院では小顔矯正をしていくときには ボキボキもしない痛くもない怖くもない小顔矯正をしています。

院長が小顔矯正をしていくときには 顔をマッサージをするようにして顔を揉んで行くだけで顔が小さくなる小顔矯正をしています。

顔をマッサージするようにと言いましたがマッサージをして顔が小さくなることはありませんので院長の手と秘密のテクニックを使いながら院長が顔マッサージしていくだけで顔が小さくなる小顔矯正です。

院長も小顔矯正の経験が30年以上もありますのでいつも研究したり検査する技術を磨いたり治療テクニックを向上させたりしていますので マッサージをするようにして顔を揉んでいるだけで顔が小さくなって特に顎のラインは大きく変わっていきます。

小顔矯正

顔を小さくしていくときには顔をマッサージするようにして 小顔矯正をしていきますが 特に検査をしてみると顎の部分は 炎症を起こしたり腫れたりという方が多くいますし今まで来た方の小顔矯正の希望される方全員が顎の部分の炎症や腫れを起こしていました。

これも 検査することができたからこそわかったとですが多くの方に顎の部分の骨や筋肉や靭帯などが炎症起こしていて 炎症を起こしたり腫れたりしていると大きくなって異常な状態になっていきますのでそれを矯正して整えていくだけで顔が小さくなって顎のラインがすっきりして細くなっていきます。

アゴのラインを小さく

本当に今まで全員と言っていいほどアゴの部分は大きく変化して顎のラインがすっきりして細く引き締まって行きます。

顎の部分を細くしっかり引き締めていくことが 小顔矯正の意味にもなりますのであごの部分を細くすることが顔が小さくなっていくということにもなります。

顎の部分を矯正して細くすっきりする小顔矯正もマッサージをするようにして顔を揉んでいるだけでまた顎の部分を揉んでいるだけで顎が スッキリして引き締まっていきますから。

小顔矯正をする前に

当院では小顔矯正をする前に自分の両手で 顔全体を触ってもらうようにしていますので 小顔矯正をする前と小顔矯正をした後の変化を比べることができますのでどれくらい小さくなったということが自分の手でわかるのが実感できます。

鏡で見るよりも自分の手で分かる方が納得してもらえますので当院では自分の両手で顔を触って覚えてもらうことをお勧めしていますがこの触り方は簡単なことではありません。

逆に簡単に触ってしまった人ほど変化をさせてもどんなに小さくしてもわからないという方もいますから分からないことがないように本当に小さくなっていますのでしっかりと触ることをお勧めしています。

顔の触り方

小顔矯正に入る前に顔を触って覚えてもらうことをしますが 両方の手のひらで 手のひらが浮かないようにして顔をの密着性を ました状態でしっかりと左右差を感じるようにしますと脳神経が働いて よくわかるようになります。

手で触るだけではなく頭を働かせるということが一番肝心なことになりますので手の 感覚よりも脳を働かせてしっかりと感じようとして触るということが一番 わかる小顔矯正です。

しかしこの触り方は大変難しく 誰でもできるものではありませんのでしっかりとした指導をしますので指導したようにして触ることをしてください。

指導したように触ると本当に顔が小さくなったということを 理解してもらうことができます。

 

当院では検索で人気がある「小倉北区 小顔矯正」、「小顔矯正 小倉北区」などの検索でも評判の良い治療をしています。。