顔が小さくなると評判の小顔矯正

 

顔を小さくする 小顔矯正 は痛くもなくボキボキもしない顔を無理に押さえつけたりすることもなく 顔が小さくなる小顔矯正をしています。

当院の小顔矯正は初回から顔が小さくなることで 人気があります。

痛くもないので評判の良い小顔矯正をしている専門家です。

当院では顔を小さくしていく矯正法は顔を無理に押さえつけたりすることもなく痛くもなく怖くもない小顔矯正をしています。

当院の小顔矯正の方法は小顔矯正をする前に院長から説明がありますが その説明というのは顔の触り方を指導するようにしています。

小顔矯正と言っても当院では初回から必ず顔が小さくなっていきますのでこの小さくなった顔を触って覚えてもらうようにしています。

小顔矯正をする前と小顔矯正をした後が わかるということです。

当院では本格的な小顔矯正をしていますので 小顔矯正をする前に顔を触って覚えて 行くことを 指導しています。

小顔矯正の触り方

しかし触り方が大変難しく簡単ではありませんが簡単に触ってしまったほどどんなに小さくしてもわからないという方もいますのでそういうことがないようにしっかりと触るようにしてください。

触り方は皆さん違いますが 8割の方が分かりますが役に割の方が分からないと言う秦基博きますけどしかもなんとなく分かっても意味ありませんのでしっかり触ってわかるようにしてください。

顔を触って いく小顔矯正というのは 鏡で見て判断するよりも自分の両手で顔を触って分からなければ意味がありませんのでわからないという方はいくらしどうしても クエスチョンマークがつく方もいますが、 手の感覚神経に問題のある方です。

どんなに顔を小さくしても自分の両手で分からなければ意味がないと当院の院長は考えていますのでそういうことがないように触る指導をしたり触り方を教えていますのでその通りにして覚えるだけなんですがさらに左右差を感じるように触ると 顔が小さくなったのがよくわかります。

当院の小顔矯正の触り方は 手首のところで 顎に両方の手をくっつけて手のひらを顔を覆うようにして触るというただそれだけなんです。

この時に手のひらが浮いたりすることなく顔に密着させます。

顔にしっかり手のひらをくっつけておかないと浮いたところは分かりませんから。

手のひらを顔に密着させて 大きさを 覚えるようにする時に 右の顔と左の顔の出っ張り度合いを比べると分かりますのでこれが左右差という感じになります。

必ず顔というのはシンメトリー左右が同じではありませんので左右差があります。

この左右差を感じようとすることが一番大切な事なんですが 手だけで触るものではなく脳を働かせながら感覚神経を手に集中させながら感じようとするということが一番大切になります。

感覚神経を手に集めてまた集中させて顔の大きさを 判断するということで触り方は ばっちりです。

感覚神経を手に集中させて

ただ顔の大きさを触っただけではわかりませんので 頭を使いながら両手のひらに感覚神経を集中させながら触るということが 小顔矯正がわかる醍醐味です。

ただ顔を触っていくと クリームを塗ったりお化粧などを塗ったりということをしているわけではありませんので手の感覚神経を集中させながら触るということが一番 顔の変化が分かりますので感覚神経を働かせながら顔全体を触るようにしてください。

顔の触り方がわかったら

顔の触り方がわかったら小顔矯正をする時にうえむきになって治療台に寝てもらいます。

別に怖いことはありませんので安心して力抜いて寝ていてもらうだけです。

治療する台に植え向きで寝てもらった後に院長がもう一度顔を触る指導しますので同じように感じながら触って覚えるようにしてください。

当院の院長の小顔矯正は検査することで異常のある部分を見つけることができますのでその異常のある部分というのはハレや炎症です。

疲れが溜まったとかストレスが溜まったと簡単に言いますが疲れやすトレスはどこに溜まっていくのかということが疑問になりますが多くは内臓に溜まったりすることが起こりますが体に溜まるということも起きますし顔にもたまります。

疲れやストレスが顔に溜まることが最近多くなっていますので顔にたまれば貯まるほど歪みが起こしたり炎症やハレということが起きていくわけです

特に顎のラインというのは多くの方が炎症や腫れを起こしていますので それらを治療していくことで顎のラインがすっきりして細くなるということが当院の小顔矯正です。

しかし顔の炎症や腫れというのは見つけることも大変難しく目で見てわかるものではありませんので当院では検査をすることで顔の炎症や腫れを見つけることができます。

顔の炎症や針を見つけたら後はどういう風にして治療をしていくかということになりますのでその治療技術というのも簡単なものではありませんが院長は その治療ができるから簡単にしているようにしか見えません。

マッサージしているようにしか見えないけど

ですから小顔矯正と言っても 院長が小顔矯正をするとマッサージをしているようにしか見えないと言う 言うのが普通です。

院長が小顔矯正をしている時には本当に顔をマッサージしたり顔を揉んでいるだけで顔が小さくなっていくのでただマッサージしているようにしか見えませんが院長の手と秘密のテクニックを使いながら炎症を起こしているところや腫れている顔を矯正して治療していくことで顔が小さくなるという小顔矯正です。

当院の小顔矯正は できる院長がしているから顔マッサージしているようにしか見えないし顔を揉んでいるようにしか見えませんが超がつくほど特殊な技術で誰でもできるものではありません。

できる人が簡単にしているようにしか見えないために簡単に小顔矯正をしていると誤解されやすいところです。

誤解されないように言っておきますが当院の院長は30年以上の経験がありますので毎日の訓練と研究の結果でマッサージをするようにして顔を小さくしていくということができるわけです。

マッサージするというのは簡単に小顔矯正をしているわけではありません。

小顔矯正に入る前に 必ず自分の顔の大きさや幅を覚えてもらうようにして小顔矯正に入っていきますので小顔矯正をした後も同じように顔を触ってください。

同じように触ってもらうと顔が小さくなったということが本当の意味で実感ができると思います。

しかし初回や数回の小顔矯正では持続する力がありませんし 効果が長続きはしません。

小顔矯正をした後の顔の大きさがその時点で一番最高に良い状態ですからそれを維持するのは難しく 持続性はありません。

そこには持続できない理由が自分の体にあります。

持続できない自分の体にあるわけとは疲れやストレスの蓄積です。

これは誰でもあるものなので院長がどんなに最高の小顔矯正をしてもそのままの大きさと形を保つことができないのは自分の体に溜まった疲れやストレスが原因ですから多ければ多いほど 終わった瞬間から崩れて戻って行く方もいます。

数回の小顔矯正を受けてもらうことで戻りが徐々に少なくなっていきますので安心してください。

最近は体調の悪い方が、すごく多く むちゃくちゃと言っていいほど体調落としていますので そんな方が小顔矯正後の顔の大きさを維持できる理由はありません。

体調を通している方ほど脳疲労や脳麻痺が起きていることもありますので脳疲労や脳麻痺が起きていると自分の体調も分からなくなっていきますので体調が良いと思ってきましたという方もいました。

痛みやコリがないからと言ってだるくないからと言ってストレスも感じないからといって体調が良いとは限りません。

睡眠負債のある方は睡眠負債が多くなればなるほどどんなに歪みが起きていても椎間板ヘルニアが起きていても炎症や腫れが多く起きていても感じないからです。

眠りというのは夜に寝たら朝まで目が覚めないから寝ていると勘違いするのは最近の傾向です。

最近は多くの方が寝ながら考え事をしている睡眠をしています。 この睡眠というのは妄想に近い睡眠ですから体調が良い理由はありません。

当院では検索キーワードでも人気があって評判の良い、「小倉北区 小顔矯正」、「小顔矯正 小倉北区」でも上位に表示されています。