人気のある小顔矯正をしています

当院では多くの方が小顔矯正に訪れていますが 初回から顔が小さくなることで人気がありますので 初めから顔が小さくなっていきます。

当院では 小顔矯正 をしていくときには ボキボキしない痛くない怖くない小顔矯正をしていますので 実際に院長が小顔矯正をする時には 顔をマッサージしているように見えるだけで 顔が小さくなる小顔矯正をしていますが マッサージをしているわけではありません。

マッサージをして顔が小さくなる理由はありませんから マッサージをしているわけではありませんので マッサージと思わないでください。

しかし当院の小顔矯正は 本当に顔をマッサージしたり顔を揉んだりしているようにしか見えないで顔が小さくなると評判で 人気があります。

顔マッサージしてるようにして 小さくなる小顔矯正をしていますが 実際に 受けている方も 横で見ているかも 顔をマッサージしているようにしか見えないので マッサージをしているようにして小顔矯正をしていくというふうにしか説明がつきません。

しかし 顔を揉んだりマッサージするようにして顔が小さくなることはありませんので そこには秘密のテクニックがあるからマッサージをしているようにしか見えないんです。

その秘密のテクニックというのは ホームページ上では説明ができませんが 来て見て体験していただければ 本当に顔が小さくなるということが分かると思います。

小顔矯正をする時には

実際に院長が小顔矯正をする時には マッサージをするようにして顔を整えていきますが 小顔矯正をする前に 患者さん本人の手を使って 自分の顔の大きさを触って覚えてもらうことをしています。

これが当院の特徴の一つなんですが 自分の両方の手のひらで顔を覆うようにして幅や形や輪郭やむくみ度合いを覚えるようにしてもらいます。

本当に顔が小さくなっていきますので 小顔矯正をする前と小顔矯正をした後を比べることができるのが遠いの特徴です。

鏡で 小さくなったのを見るよりも 自分の両方の手のひらで 小さくなったのが分かる方が 喜びになりますので 今まで多くの方が 小顔矯正で 顔が小さくなって言っています。

しかし 患者さん自身の両方の手のひらで顔を触って覚えてもらうということは簡単ではありません。

簡単だと思って触ったかたほどよくわからないという方もいますのでそういうことがないように できるだけしていますが完璧にはなかなかいきません。

顔を触ってという風に院長が言うと お化粧の乳液を塗るように顔を ぱっぱって触るか違いますが こんな触り方をしていたら顔の大きさや幅や輪郭などを感じ取っていませんので感じ取ることができない方ほどどんなに顔を小さくしても分かりません。

顔を触る時には顔の 全体を触りますが体を動かさないでその部分だけを触って覚えるようにします。

多くの方が 手の位置を動かそうとしますが動かしてしまうと人の記憶というのはそんなに何ヵ所も覚えることができませんので一箇所だけ触って覚えるようにしてください。

顎の部分で両方の乳首をひっつけるようにして触って顎の輪郭を覚えていき手のひらで ホホ骨の辺りまで小指を持って行くようにして手のひらを犯さないようにして顔全体を触ります。

この触り方ができてそれから初めて大きさを覚えるように しますと顔が小さくなったということがしっかりと分かります。

一番最後に肝心なことは 顔というのは左右対称ではありませんので必ず左右差が生じていますので左右さを覚えながら触るとしっかりと顔が小さくなったということがわかりやすくなります。

この左右差を触ろうとすると感覚神経が働いててに集中する力が生まれますのでその集中する力で 覚えることができます。

顔の幅を覚えたら

顔の幅を覚えたら 治療する台に寝てもらいますので うえ向きで寝たらもう一度 顔を触るようにしてもらいます。

この小顔矯正に入る前に上向きでベッドに寝てもらって 触る やり方が最終的なんですがこの時に院長が手のひらを上から触るようにフォローしてこういうふうに触るという風に言います。

この段階で初めて 顔が分かるという方もいます。

院長がフォローして今どちらが大きいですかということを聞きしますので自分で思うことをしっかり言ってもらった方が感覚神経はよく働いて記憶することができます。

院長がフォローしてまで顔を触らせるということはそれだけ顔が変化するから 触ってもらって記憶してもらうようにしています。

しつこいほど顔の触り方を言うのは本当の意味で顔が変わるからです。

しかし小顔矯正というのも単純なものではありませんので顔が小さくなればなるほど体力や体調が良くない方は小顔矯正をした後はだるくなるか違います。

この小顔矯正をした後にだるくなる方は今ある体調や体力を顔の変化の方に取られてしまうからです。

本当は小顔矯正と言っても体調や体力から整えていくことをしなければいけませんが初回からはいろいろなことはできませんので、初回は本当に顔が小さくなるということを見せするようにしていますが初回の小顔矯正だけでは顔の小ささを維持することはできません。

小顔矯正と言っても美容的なものではなく治療をすることで顔を小さくしていくことをしていますので 体に多くの疲れやストレスが溜まっていたり歪みや何が起きていたり内臓の調子が悪いと体調も体力もないのでも取りやすいのが現実ですからご自分の状態を甘く考えないでください。

小顔矯正をした後が その時点で一番最高に小さい時なんですがそれを維持することははっきり言ってできません。

小顔矯正でも検査をする

当院の小顔矯正はただ小顔矯正をするだけではなく全体的な体調などを検査することをして います。

しかし先ほども言ったように 体の方は次回からの治療になりますのでまず顔を小さくすることを目的で来院していますので顔を小さくすることをして小顔矯正をしていきます。

最近は小顔矯正を希望される方は会長の検査をしていますので体調の検査はすごく点数が低く悪いという方が多くいます。

体調というのは疲れやストレスの蓄積が起きたり筋肉の緊張やこりが起きたり、リンパの働きが悪くなって老廃物が多く溜まってしまっていたり、眠りが浅くなっていて脳疲労が強く起きてしまっていたり、内臓疲労が多く 内臓の働き悪くなることで体調を落としていたり 、骨盤の歪みや開きがあって 体調落としていたり 、背骨の歪み、ズレがあって 調子が悪くなっていたりということが総合的な体調の状態になります。

体調が悪いというのは 必ず検査することをしないと全体的なものを判断することができませんし体調が悪ければ悪いほど顔を小さくする小顔矯正をしてもいつも通りの効果が出ません。

特に最近は眠りが浅い方が異常に多くなっていますので眠りが浅いということは睡眠負債状態になっていて負債が多くなればなるほど脳疲労が重なっていきますので脳の力がなくなっているということになりますから脳の力がないと生きする力や体調や体力が悪くなっていますので小顔矯正をしても維持する力がないのは当然です。

眠りというのは大変自分で思うことは難しく夜に寝たら朝まで起きないから寝ていると思う方が多くなっていますので出ているつもりでも一番睡眠の浅い睡眠のことを見ながら考え事をしていると睡眠があります。

最近は多くの方が寝ながら考え事をしている睡眠をしていますのでその睡眠が多くなればなるほど脳疲労が起きるどころではなくなる方が多くなっています。

脳疲労を通り越して 脳マヒになってしまうと 痛みやコリがどんなに起きる状況が起きていても感じません。

脳疲労や脳麻痺というのは病気も進行が早く認知症、痴呆になったり心筋梗塞や脳梗塞になるということをテレビで言っていました。

寝ながら考え事をしている睡眠というのは便利なもので目が覚めた瞬間に忘れてしまっているという方が多くありますので 一番 良くない睡眠が寝ながら考え事をしている睡眠なので夢を見る睡眠の方がまだ軽い方です。

脳疲労は脳麻痺が起きた方がどんなにゆがみ何を思っているか内臓の働き悪くなってるかリンパの問題が起きているか循環が悪くなってるかということを考えなければいけませんのでいくら良い小顔矯正をしても維持する力がないのは当たり前です。

 

北九州市で口コミで人気のある痛くないボキボキしない 小顔矯正 をしています。