人気で評判の小顔矯正

当院では30年の経験で初回から顔が小さくなる小顔矯正を ボキボキしない痛くない顔を無理に押さえつけたりすることもなく顔を小さくすることができます。

当院の小顔矯正は 小顔矯正というよりも 顔の治療という意味合いが多くあります。

矯正ではなく 顔の治療というのを今から説明していきたいと思いますのでしばらくお付き合いください。

小顔矯正と言うと多くの小顔矯正をしている治療院やエステなどがあると思いますが多くの 治療院では検査をすることができていません。

当院でも最近わかったことなんですが 院長が小顔矯正をして行くと顔が小さくなっていくわけですけどどうして顔が小さくなるのかということがわかりませんでした。

ある時 見方を変えて 検査をすることをしてみると 顔にも疲れやストレスが溜まっているということがわかりました。

当院の院長は体の疲れやストレスを解消していくことをしていましたが顔にも疲れやストレスが溜まっているということがわかったのは最近のことです。

顔に多くの疲れやストレスがたまるとどういう事が起きるのかということがありますが 多くの方の場合、炎症や腫れとして起きてしまっているみたいです。

顔に疲れやストレスが溜まってしまうと 炎症や腫れまたそれ以上のことが起きているということがわかりましたので それを検査することで見つけて治療をしていくことで顔がすっきり細く引き締まっていくというわけです。

顔にたまる疲れやストレス

顔に疲れやストレスというのはあまり聞くことがないと思いますが多くの一般的に言われることは検査することもできません子検査はができてもそれを治療することもできませんから世間一般では伝わっていない情報なんです。

当院の院長もこれを発見した時には、まさかと思いましたが本当のことなんです。

当院の院長は色々研究をすることをしていますので研究をしてみると色々なものが分かって見えてきますがそれをどうしたら治療していくことができるかということを常に研究することをしています。

顔に疲れやストレスが溜まるということは当然、日常生活上で生まれる疲れやストレス、また仕事の上で生まれる疲れやストレス、また精神的なもので溜まる疲れやストレス、 そして眠りが浅いことから生じる疲れやストレスと色々な疲れやストレスがありますので、それが顔にも溜まっていないということを考えることは難しいと思います。

多くの疲れやストレスというのは 体に蓄積していき体に蓄積していくことが骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレを起こしていきますので 顔にも溜まるということは考えればわかることでした。

当院の院長も検査することをしてみてどういう状態になっているかということを研究していき顔にも疲れやストレスが、いつのまに固まってしまって自然と炎症で腫れが起きているということですが、普通は顔に溜まる疲れやストレスは痛みコリを起こしません。

誰でも生きている限りは疲れやストレスと隣り合わせで暮らしていますが、疲れやすトレスというのは、いつのまにか体に蓄積して 骨盤の歪みや背骨のズレを起こしていき多くなればなるほど痛みやコリになっていきます。

日常茶飯時的に骨盤の歪みが起きていても背骨のズレが起きていても 軽いうちわ 痛みやコリを起こすことはありません。

と言うが日常的に骨盤の歪みやズレは大きくなったり少なくなったりしています。

しかし軽いうちは、また少ないうちは何も症状を起こしません。

体と 頭は関係が深くありますから体に多くの疲れやストレスが溜まると 顔にも歪みズレなどが起きてしまったり苑庄屋腫れが起きているということが多くなっています。

体の歪みやズレ、疲れやストレスが顔にも影響を出してしまって顔に疲れやストレスが溜まっていきそれが炎症やハレを起こしています。

体にもたまりながら 顔にも溜まっていくと知らない間にまた寝ている間に炎症や腫れが起きていき 浮腫みや 顔のたるみや 骨が大きくなっていきます。

骨の炎症を起こしたり腫れたりということが起きますので骨が炎症起こして腫れていくと 骨も太くなって出っ張ってしまいます。

小顔矯正をする時には中心的に検査してみると特に顎の部分が大きくなって太くなっていますので太くなっていくと 口周辺の顎の部分が大きくなります。

炎症を起こして腫れたり している骨を 矯正して整えていく治療をすることで 顎のラインは細くすっきり引き締まっていきます。

小顔矯正をする前に

小顔矯正をする前と小顔矯正をした後を比べることができます。

当院では小顔矯正をして行く前にご自分の両方の手のひらで顎の部分に当てて 手のひら全体と手で顔の大きさを触って覚えてもらうことをしています。

しかし鏡で見て小さくなったのがわかるよりもご自分の両方の手のひらを触って顔の大きさや 輪郭などを覚えてもらうことを勧めていますがこの触り方は簡単なことではありません。

簡単に触ってしまうと分からないという方もいますからしっかりと触って覚えるようにしてほしいものです。

まずアゴの部分で手首のところを合わせるようにして手のひらをちょっとだけ広げて 顔につけて指を浮かさないようにします。

顔を触った時に 左右差を感じるようにすると余計にしっかりと分かりますので顔を見せずして手のひらで触ったら左右差を感じるように考えるようにしてください。

左右差を感じようとするまた考えようとする時に脳神経の感覚神経が働き出しますので感覚神経が働けば働くほど集中力は増していきしっかりと顔の大きさや左右差が分かるようになります。

ただ手を当てただけでは感覚神経は働かないし集中力もありませんから分からなかったという方もいますけど小さくなっているわけですけど分からなければ意味がありませんのでしっかりと触って左右差を感じるようにしてください。

当院の小顔矯正は100人の方が 小顔矯正を受けたとしたら97人ぐらいの方はわかりますが3人の方はどんなに小さくしてもわからないという方は確かにいます。

鏡で見たら分かるという方もいますができるだけ手の感覚でわかってほしいものです。

小顔矯正をする時に触り方は院長から直接指導しますので教わった通りに触って覚えてください。

小顔矯正に入る前に

触り方を覚えたら 治療する際に植え向きで寝てもらって もう一度顔を触ってくださいと院長が言いますので同じように触ってその時に院長が両方の手のひらを を顔に当てて ご自分の手のひらをカバーするようにしてたまりますのでこういう風にして触るということをそこでも覚えることができます。

多くの形が院長に手を当ててもらうとわかるようになることが多くあります。

院長は小顔矯正の専門家ですから触り方もプロ級になっていますのでしっかりと触り方を覚えるように感覚神経を働かせるようにして触ってください。

院長が顔を小顔矯正して行く時に30秒ぐらいしたらもう一度触ってもらえますので30秒後にはもう顔が小さくなって変わっているから触ってもらっています。

これからさらに小顔矯正をしばらく続けていきます。

しかし小顔矯正をする時に体に歪みや疲れやストレスが溜まっていると戻りやすく 小顔矯正した後の顔の大きさを維持することはできません。

体に多くの疲れやストレスが溜まっていると持続する力がありませんので 小顔矯正のした後の顔の小ささを持続することはできません。

体に疲れやストレスが溜まっていたり骨盤の開きや歪みそして背骨のズレがあるのにまた眠りが浅い方もいらっしゃいますがそんな彼が維持する力があるわけはいませんので体調もあげて行って骨盤の歪みを開きを整えていくこともしなければいけませんし背骨のズレも解消していかなければ 持続力は ありません。

小倉北区 で 小顔矯正 をしています。