初回から顔が小さくなる小顔矯正

当院では初回から顔が小さくなる小顔矯正をしていますが 多くの方が小顔矯正に訪れていますがほとんどの方が小顔矯正の意味を知らない方が多くいます。

最近は多くの方が顔が小さくなりたいという感じで小顔矯正を希望されて訪れていますが小顔矯正というのはどんなものなのか何をするのかということが分かっていなくて顔が小さくなるために小顔矯正に訪れています。

小顔矯正をしていくときには顔にできた脂肪やむくみも改善すると顔が小さくなるということもありますが本当の意味で小顔矯正をしていくときには顔を小さくすることをしていくわけですから顔の周辺の浮腫むや脂肪を減らすことが小顔矯正の意味ではありません。

小顔矯正というのは顔の骨を小さくしていくことができるのが小顔矯正です。

美容整形などに行くと顔の骨を削ったりということをして小顔矯正をしていると思いますので骨を削ることなく痛いこともなく怖いこともなく手術をすることもなく顔を小さくしていくのが当院の小顔矯正の特徴です。

小顔矯正をしていくときには無理やり顔を押さえつけたりすることもなく顔に優しい 年齢に関係なく受けてもらうことができます。

顔を調整する時には

顔を小さくしていく小顔矯正をしていくときには当院の特徴なんですがマッサージをしているわけではありませんがマッサージをするようにしてまたマッサージ感覚で顔を小さくしていくことができます。

本当に小顔矯正をしている方の横に他の方がいらっしゃる場合もありますので顔をマッサージしているようにしか見えないと思いますが 顔をマッサージしているようにして顔を小さくするという技術があります。

他の誰がしてもマッサージをするようにしても顔が小さくなることもないしマッサージに行って顔を小さくするということはできないと思いますのでマッサージをするようにして顔を小さくするというのは大変特殊な高いレベルの小顔矯正になります。

マッサージをするわけでもないのに緊張が顔を揉んだりしているだけでまた顔を触っているだけで顔が小さくなるという不思議な子顔矯正ですが院長はしっかりと検査をすることをして確認しながら小顔矯正をしていきますので無理な小顔矯正ではありません。

しっかりと理想的に顔が小さくなっていきますので特に顎のラインというのは大変多くの方が希望される場合が多くありますが顎の部分をスッキリしたいとかシャープにしたいとか色々言われますが希望に沿うように顔の形を変えていく小顔矯正をしています。

多くの方が希望される顎のラインというのは当院では本当に自信があるくらい変わります。

小顔矯正をする前に

当院では小顔矯正をして行く前にご自分の両方の手を顔に当てて大きさや幅を覚えてもらうようにしていますがこれは簡単なことではありません。

顔を簡単に触ってしまったほどどんなに大きく変化させても分からないという方もいますのでそういうことがないようにしっかりと触って覚えるようにしてください。

分からないという方が時々いますのでしっかり触ってもらうようにしていますから顔の触り方を指導するようにしています。

顔の形を変えたら小さくなったということが分かるようにしていますので小顔矯正に入る前と小顔矯正をした後の顔の大きさを自分の両方の手のひらを顔に当てて比べることができるのが東員の小顔矯正の特徴です。

そのためには自分の両方の手のひらを当てて顔の大きさや幅を覚えておかないと分からないと思いますので矯正する前と矯正した後が比べられるようにしっかりと触って覚えることをお勧めしています。

鏡などで見るよりも自分の両方の手のひらで認識できるようになった方がまた分かるようになった方が顔が違いますから。

しかし両方の手のひらだけで顔の大きさを触って覚えるということはただ触ってしまうと分かりにくくなります。

そのため触り方というのは顎の部分に手首を合わせて触り手のひらと指で全体で 顔を覆うようにして触ります。

この時に注意してほしいのは浮いたところがないようにしてほしいのです。

手のひらや指が浮いた状態では浮いた所は 変化がわかりません。

手のひらや指が浮かないようにしてそこでさらに左右のさを比べるようにしてもらいます。

小顔矯正をしていくときにこの左右差を感じるということをすると手のひらだけで触っているわけではなく脳が働き出しますので脳の感覚神経をさらに使いながら変化がよくわかるということをお勧めしています。

ただ触るだけではなく脳の感覚神経を使いながら手に集中させて触ると本当に変わったのが分かると思います。

検査をしてみると

当院では小顔矯正をする前に検査をすることをしています。

検査というのは今まで多くの方が小顔矯正に訪れていますが顔の検査をしてみると炎症や腫れさらにそれ以上のことが起きているということがわかりました。

皮膚や皮下脂肪や筋肉や靭帯だけではなく骨の部分に炎症や腫れがあって大きくなっているということです。

骨が腫れるということは普通では起こりませんし院長も研究をしてみるまでは分かりませんでしたが多くの方が顔の骨に炎症や腫れがあります。

顔の炎症や腫れを整えて強制していくだけで顔が小さくなっていきますので特に顎のラインなどは多くの方が炎症や腫れを作っていますので炎症や腫れを抑えていくと骨の形が小さくなったり 顎のラインがすっきりしてシャープになっていきます。

炎症や腫れまたはそれ以上のことというのは普通では送りませんのでどうして起きたのかということを探って見つけ出すことも必要になりますので小顔矯正と言っても一回で顔が変わっていきますが一回で終わる小顔矯正というのはありません。

初回は顔を触って

しかし初回から色々な 調整はできませんので初回は特に顔だけを触って顔が本当に小さくなるということをわかってもらう小顔矯正をしていきます。

小顔矯正と言っても顔だけして顔を小さくすれば良いというわけではなく体の歪みやズレが起きていると持続する時間がなく戻りやすくなるのが現実です。

小顔矯正で顔を小さくする力がないと戻りやすくまた浮腫むやすくなりますからできるだけ持続時間が長くなるようにまた戻りにくくなるようにしていきたいと思いますので当院では初回の2回、3回目の治療と違い体質改善という治療をしていくことができます。

最近は多くの方が体質改善をする前に体調レベルで検査をしてみると異常に体調が悪い形が多くなっていますがその悪さを感じていないという方までいます。

今年の冬はインフルエンザが流行っていますが発症していないインフルエンザがあるということを説明していましたがそのことを隠れインフルエンザというそうですが隠れインフルエンザのように隠れた体調の悪さというのがあります。

隠れた体調の悪さというのはどんなに骨盤の歪みや背骨のズレが起きていても普通では痛みやこりや調子の悪さを感じていなければいけませんがある部分が弱っていることでそれを感じなくなっているくらい眠くなっていた理論家になっているということで麻痺してしまっています。

この麻痺してしまった部分というのは痛みやコリを感じる部分なんですが痛みやこりを感じる部分というのも体調の悪さを感じる部分というのも脳で感じていますので眠りが浅いという方は脳疲労が起きていますので睡眠負債になっています。

睡眠負債になればなるほど脳は弱っていきますので脳の部分が弱ると痛みやこりも限界まで悪くならない限りは感じません。

この悪さが小顔矯正をする時に持続時間の邪魔をしてしまっていますから持続する時間が落ちれば落ちていくほど落とすことができますから脳疲労が強いということが言えます。

当院では 小倉北区からも多くの方が 小顔矯正 に訪れています。

当院では検索の「小倉北区 小顔矯正」や「小倉 小顔矯正」でも「小顔矯正 小倉」や「小顔矯正 小倉北区」などのキーワードでも人気があります。