人気がある小顔矯正

当院では初回から顔が小さくなる 小顔矯正 をしています。

しかし今まで多くの方が小顔矯正を希望されて矯正をして顔が小さくなることをしていきましたが、ほとんどの方が顔が小さくなるという希望だけで否定調整を受けていますので小顔矯正というのがどういうものかわからないまたわかっていないという方が多くいますので小顔矯正の意味を詳しく説明していきたいと思います。

確かに東員の小顔矯正は顔を小さくすることができますが当院の院長は美容的な目的ではなく 整形外科や形成外科に近い状態で顔を小さくすることができることをしていますが別に手術するわけではなく 簡単にしているように見えて顔の骨まで細くすっきりして行く小顔矯正をしています。

小顔矯正というのは顔周辺の脂肪を減らしたりむくみを減らしたり皮膚のたるみを減らしたりはりや、つやを出すという小顔矯正もしていますが小顔矯正ですから顔の骨が中心になります。

しかし顔の骨と言うと怖いというイメージがあると思いますし私もそう思いますけど顔にも検査をしてみると異常のある部分が多く見つかります。

検査することができる

当院では小顔矯正をしていくときにも小顔矯正に入る前に検査することをして生き検査で確認できたところの部分を顔を小さくしたりすることができますので顔のむくみや脂肪や皮膚のたるみなども改善できるという子顔矯正をしていますが本当の意味での小顔矯正というのは顔の骨自体を変化させていくとさらに顔が小さくなるということが確認できることです。

当院の小顔矯正を行う前に検査することをしていますので顔に炎症や腫れがあるという方が多くなっていることでそれらを矯正していくことで炎症や腫れがあるのが改善できて炎症や腫れがあると大きくなったり膨らんだり肥大したり変形したりということで顔の骨が起きています。

小顔矯正をしている時に検査をしてみると100人の方が小顔矯正を希望されて訪れて100人全員が顔に異常を起こしていますのでこの異常がある部分がどうなっているのかどういう風なことが起きているのかということを検査して見つけることができればそれを治療して整えていくことで顔が小さくなるという子顔矯正です。

普通の小顔矯正ではここまでできないと思いますし検査することができないと治療することまた直すことができませんし整えて行くことはできません。

顔の骨が炎症を起こしたり腫れたりまた皮膚や筋肉や靭帯なども炎症を起こしたり晴れたりということが起きると顔が大きくなったりむくみやすく脂肪が多くなったり骨自体が炎症起こして腫れ上がるということがありますが骨が腫れ上がっても何も感じないし何も起こらない場合があります。

特に顎のラインの部分では前も後ろも炎症がひどい方が多くいますので炎症を改善して整えていくことをしていくと顎のラインはすっきり細く引き締まっていきます。

小顔矯正をする前に

小顔矯正をする前に当院では顔の大きさや形などを自分の両方の手のひらで触って覚えてもらうことをして小顔矯正に入ります。

簡単に言うと小顔矯正をする前と小顔矯正をした後の変化を自分で確認することができます。

しかしこの顔の触り方は簡単なことではありませんので手をちょっとちょっと当てるような感じにして顔の大きさを測ることはできませんから顔を両方の手のひらでようにしてしっかりと自分の顔の形と大きさを覚えるようにしてください。

この時に一番大切なことは左右差を感じることです必ず人の顔は左右が対象ではないために右側が出っ張ってるとか左側が出っ張ってるとか一部分のこの辺あたりが出っ張っているとかいうことがありますのでその左右を感じるようにして触ると覚えやすくなります。

小顔矯正をする前に顔の大きさを触って覚えていないと分からないと思いますから 瞬間的に触ることなくしっかりと記憶するようにして両方の手のひらや指を浮かさないようにして顔全体を覆いながら覚えます。

して覚えたら左右差を感じるようにしてくださいに20分ぐらいの小顔矯正ですが20分ぐらい集中して短時間で顔を小さくすることをしていきます。

顔矯正というのは長くしても効果が出るわけではなく逆に長くすればするほどむくみやすくたるみやすくなっていき効果は無くなっていきます。

小顔矯正というのは治療技術が無い方が長時間かけながらやって言っても効果がなく 意味がないという状態の小顔矯正になっていますが当院の院長は今まで小顔矯正をして顔が小さくならなかったという方はいません。

しかし小顔矯正に入る前に顔の大きさを覚えてもらうことをしていますが覚えていられなくて顔の小ささが小さくなったにもかかわらず分からないという方はいます。

顔の大きさを目で見ることよりも自分の両方の手のひらで感じてわかるということは簡単な方法ではありませんがこれが分かると瞬間的に笑顔が 出ます。

この喜びの笑顔を見ることが一番の小顔矯正の意味になりますからしっかりと小顔矯正に入る前に触って覚えておくようにしてください。

小顔矯正とは

当院では小顔矯正に入る時には顔をマッサージするようにして揉んでいくことで顔を小さくしていく小顔矯正をしていますがマッサージではなくただもんでいるだけでは顔が小さくなることはないのでマッサージをしたり揉んだりしているだけではありません。

小顔矯正をしていくときには院長が手で 顔を小さくすることをしていきます子顔の炎症や腫れを治療することで整えていく顔が小さくなる小顔矯正をしていますので誰でも初回から顔が小さくなりますが、小顔矯正と言っても一回で終わることはなく顔だけして顔を小さくしても体に歪みやズレが起きていたり骨盤の歪みやズレが起きていたり背骨のズレが起きていたり内臓の働きが低下してるような状態ではすべて顔色や顔の形や顔のツヤなどに出てしまいますから2回目からは全体的に整えていくことをしていきます。

顔を小さくするだけではなく

当院の小顔矯正は顔を触らなくても体を整えていくことで顔が小さくなったり頭が小さくなっていくという小顔矯正をしていますので 体と顔というのは影響があるものなんです。

小顔矯正をしている時には小顔矯正終わった後というのが一番最高な顔が小さくなる時間なんですが戻るのはご自分の体調が悪いためだし疲れやストレスが多く溜まっていたりすることだし骨盤の歪みや開きがあることが原因です市背骨の歪みがあり内臓の働き悪いという状態が多くあればあるほど戻りは急速になります。

体調や疲れやストレスが溜まっていたり眠りが下がったりすると脳疲労が起きて機能が弱っていますので 両方が重なった状態が多いければ多いほど戻りがあります急激に落ちていきます。

金は多くの方が小顔矯正に訪れていますが100人中100人の方が眠りが浅く無理なさいということも分かっていないし体調が悪いということも分かっていないという方が多くなっていますので眠りが浅いということは日増しに体調はどんどんをしていきます。

体調が悪いということを脳疲労がカバーしてしまうと痛みやコリもわからずに体調が悪いということも分からずに 異常のなと思えるほど体調としていることが多くあります。

体調が悪くなればなるほど落とし過ぎればすぎるほどむくみやすく脂肪が多くなりウエストが大きくなって骨盤も肥大した状態になり顔も大きくなって朝からパンパンな顔になってしまいます。

眠りが浅いから顔が朝からパンパンになりますしむくみやすくなる見やすくなります。

小倉北区 からも多くの方が 小顔矯正 に訪れています。