本格的な小顔矯正

小顔矯正 で顔が小さくなる小顔矯正をしています。 小顔矯正をする時には痛くもなく強くもないと思われる小顔矯正をして危険でもない小顔矯正をしています。

危険でもないという理由は無理やり押さえつけたりすることもなく検査をすることで どの辺が顔が小さくなるのかということを見つけ出すことをしていますので見つけ出しても無理矢理押さえつけたり痛いということはなくマッサージをするような感覚で顔が小さくなるという特殊な小顔矯正をしています。

小顔矯正をしていく時には院長が実際に顔を小さくすることをしていますので今まで多くの方が小顔矯正に訪れていますが顔が小さくならなかったという方は一人もいません。

しかし当院では 小顔矯正をしていくときには自分の両方の手のひらを顔に当てて顔の大きさや幅を覚えてもらうようにして小顔矯正に入っていきますが小顔矯正をした後に覚えていない方や分からないという方は時々います。

顔が小さくならなかったというわけではなく覚えていないとか記憶することができないという方が時々いますのでそういう方は 小顔矯正をしても分からないという方もいます。

しかし顔が小さくなっているというのは事実ですから小顔矯正をしていくときには全員が100%顔が小さくなるという小顔矯正をしています。

当院の院長が小顔矯正をしていく時には小顔矯正に入る前に2度ほど顔の大きさを触って覚えてもらうようにして変化を実際に体験することができますので 1回目の時には院長と向かい合って 机の前で顔を触る練習をします。

顎の部分に両方の手首のところは合わせるようにしてそして手のひらと指で顔を覆うようにしてさらに左右差を感じるようにしてもらいます。

顔の左右差を覚える

この時に左右差を感じるということが一番大切になりますので左右差を感じようとする時には手だけで感じるものではなく頭を使うということで左右差を確認してもらうわけですが、これを使うことができない方は分かりにくくなります。

両方の手のひらを顔に当てて顔の大きさや幅を覚えてもらうだけではなく感じようとする時に頭が働き出しますので頭を働かせながら触らないと感覚神経は働かないので脳が働かないということになります。

また幅や大きさを覚えているということも頭で覚えることをしてもらいますので頭が働かない方は分かりにくくなりますが本当に顔は小さくなっていますので実際に体験してもらうことができます。

今日も小顔矯正を希望される方が二人訪れましたが 小顔矯正に入る前に院長から机の前で顔の触り方を練習してもらいながら治療する台に寝てもらってさらに顔を触ってもらっています。

治療する台に上向きで寝てもらった時に顔を触ってもらいますが、院長がご自分の手の上から手を当てますからそれでわかるという方もいます。

どうして2度も顔を触る事をしなければいけないのかということはわからないという方がいるからです。

分かる方でしたら一回でも構いません。

他人がメジャーなので測るよりも自分で両方の手のひらで顔を触って覚えた方が小顔矯正をした時の顔が小さくなった時に笑顔が違いますので他人が測ることはしていませんし鏡で見ても構いませんができたら両方の手のひらを顔に当てて覚えるようにしてください。

他人がメジャーなどで計測したりするときには測る位置が違ったりゆるく計って矯正をした後に気づく測るということもありますから自分で実際に両方の手のひらでご自分の両手ですから信用できると思いますのでしっかりと簡単に触ることなく記憶するようにまた記憶力のある部分の脳を働かせるようにして触ってください。

一番は顔を触る時には左右差を感じようとする 考えようとするということが一番大切であり頭が働き出すことを重要視していますので頭というのは感覚神経を動員することになりますから感じる力がさらにアップしていきます。

小顔矯正をする時には電気などを使うこともなく院長がマッサージをするように顔を揉んでいきますのでお化粧などは薄くお願いします。

院長が小顔矯正をしていく時にはマッサージ感覚で顔を小さくしていくことができるという特殊なテクニックを持っているから顔を揉んだりしているだけで顔が小さくなっていきますが実際にはマッサージをしているわけではありません。

院長の特殊な秘密の技術を使って顔をマッサージするような感じで もんで行くと顔が徐々に小さくなっていきますがどうして顔が小さくなるのかというわけがあります。

小顔矯正の方法

当院の院長は小顔矯正をしている時には検査をすることをしていますので検査することで顔にも疲れやストレスが溜まった状態が多くなっていると炎症や腫れを起こしているということがわかったことです。

今まで多くの方が小顔矯正を希望されて当院に訪れていますが 100人の方が100人とも全員が顔に異常があるということが検査をすることで分かりました。

顔には皮膚や皮下脂肪や筋肉や靭帯や骨がありますがその全部が炎症を起こしていたりハレていたりさらにそれ以上のことが起きているという方がありまたそれしてむくみが多くなったり脂肪が多くなったりということがあります。

今まで検査をしてみると顔に炎症や腫れがないという方は一人もいませんでしたので検査をすることで場所を見つけてそれを改善していくという特殊な技術ですから初回から顔が小さくなっていく小顔矯正です。

説明をする時に検査することをしていますので検査をして顔に炎症や腫れがあると多くの方が私がですかと言いますので ご自分に対して説明をしていますので私しかいないと思います。

本当に起きているのが陽気の変動や疲れやストレスの蓄積や寝不足状態で顔に炎症や腫れが大きい顔にもお疲れやストレスが溜まるということが起きるということです。

体に多くの疲れやストレスが溜まると言いますが 疲れやストレスは筋肉にもたまりながらさらに内臓に蓄積していきますので内臓と言っても病気と言っているわけではありませんので何でもかんでも病気と結びつけるのはやめてください。

小顔矯正と疲れやストレス

小顔矯正をしていくときには多くの方が日常で蓄積してしまっている疲れやストレスが多くがありさらにその上に寝不足状態が重なっている方が多くなっていますので気がついていないくらい疲れやすトレスが多く溜まっているという方が増えています。

体に多くの疲れやストレスが溜まると言っているので顔にも疲れやストレスが溜まるということは自然だと思いますが顔にも疲れやストレスが溜まるということは普通一般的には知られていませんのでびっくりするかと思います。

しかし当院では検査をすることができますので検査をしてみると顔に疲れやストレスが蓄積してしまい皮膚や皮下脂肪や筋肉や靭帯が骨まで炎症を起こしたり腫れたりということが起きてしまっているんです。

特に皮膚や筋肉や皮下脂肪などが炎症や腫れが起きるとむくみになったり脂肪が多くなっていきますが骨が炎症や腫れが起きると肥大したり変形したりということで形が変わってしまっている方も多くいます。

これらを治療するだけで顔の形が変わって小さくなっていきますので特に顎の部分は全員が炎症や腫れを起こしていますので顎の部分をしっかり細くすることができるのは炎症や腫れを改善しているからです。

今まで多くの方が訪れて顔が小さくなる小顔矯正をしていますので痛くもなく強くもなく危険でもない異常な部分を見つけて正常に戻すまたは整えていくことで顔が小さくなる小顔矯正をしています。

小倉北区で人気がある小顔矯正です。