生理不順を解消

生理不順を解消するには薬ばかり使っていないで原因から改善していくようにしてください。

生理不順の方は 多くの場合 生理不順になりやすい体質と 体調が悪い事から生理不順になっています。

生理不順になりやすい体質というのが 根底にある場合 生理になる時期に 体調が悪くて落ちていると余計に生理不順になります。

バランス

生理不順になる方はバランスを整えていくために ホルモン関係の薬を使うことが多くありますが どうしてホルモンの関係がバランスが悪くなっているのかということを考えるようにしてください。

何も原因がなくてホルモンのバランスが狂ったりすることはありませんので何かの原因があって起きているという風に考えるようにしてください。

例えばですけど体調が悪かったりすると 生理不順に関係する子宮や卵巣の状態や働きの低下 そして脳下垂体に代表されるホルモン系のバランスの 不揃いなどが挙げられます。

体質が深く関係する

そして生理不順になりやすい体質というのが根底にあるために 体調を落としただけでも 生理不順になったり 生理が来なかったり 生理の 日数が短かったりして色々な状態を起こしていきます。

必ず生理不順になりやすい方は体質から変えていかないと一時的に抑えることはできるかも分かりませんが 先将来の影響がかなり大きくなります。

先将来の影響というのは妊娠しにくくなったり 卵巣や子宮の病気になりやすいということが考えられています。

なってしまって慌ているのではなくならないようにして行くのが当院の治療の一つでもあります。

そしてホルモンに代表される脳下垂体ホルモンというのは 脳の中枢部にあるホルモンでこのホルモンが卵巣ホルモンに影響を出していますので 中枢神経系にある脳下垂体ホルモンのバランスというのもコントロールしていかなければいけません。

中枢神経系の問題のある方が最近増えていますが 多くの方の場合眠りが浅いということが一番の原因になっていることがありますので自分で気がついていなくても眠りが浅くなっていることが多く考えられています。

自分で気がつかない睡眠というのが 多くの型に起きていますので 夜に寝たら朝まで起きないから寝ているというのは勘違いもいいとこですからどれだけ深く脳が寝ているかということを考えるようにしてください。

ただ寝ているだけではなく 人が見ても寝ているということではなく 脳が寝ている睡眠のことを熟睡と言いますので どれくらいのお金ているかということが重要になります。

寝ているだけで寝ていない方が多くなっていますので ただ寝ていればいいというわけではなく眠りが浅いということは脳疲労を起こしていきますので脳疲労が起きると一番重要な脳下垂体は正しく働くことはしません。

生理不順といっても 色々なものが関係していきますので安易に薬などを 使ってしまうことなく原因から探るように考えるようにしてください

 

 

北九州市小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松区、行橋市、下関市で生理不順を原因から解消するカイロプラクティック徳力整体院。