生理痛を改善するために

生理痛を改善しようと思うなら根本的な原因から見つけて原因を変えて行くことから生理痛を楽にすることをしています。

生理痛 と言うと薬ばかり使って痛み止めを使ったり していることが多くありますが生理痛は原因があって生理の時に痛みになっています。

毎月毎月訪れる生理痛には色々な症状が起こりますが、生理の前に多く起こる方と生理中に起こること色々な生理痛があります。

生理痛になるとか腹部が異常に重たくなったりお腹が痛くなったり腰が痛くなったり体がだるくなったりイライラしたり眠りが浅くなったり胃が重たくなったり胃の痛みが起きたり肩こりが起きたり頭痛になることが多くあるためにホルモンのバランスが深く関係しているとわかりしか説明がなく生理痛の原因を見つけ出すこともなく薬ばかり使っていることが多くあります。

生理の時に精神的に不安定になったり うつ状態になったり緊張が強くなったりあに来ることが多くなったりするということも生理痛の問題を増長させていく原因になっていますがこれらも全て原因があるから起きている現象なので原因を見つけ出して改善することができれば変わってくるということです。

しかし病院では病気でもないので検査しても異常があまり見つかることがなく原因不明で薬だけを使って服用するということが多くありますが原因はしっかりと検査をしていけば見つかることが多くあります。

体調からあげること

生理痛の原因を見つけ出すためにも体調からあげて体を整えていくことをしていく必要があります。

生理痛が起きる原因は体質に関係していますので体質改善をしていかなければいけませんが体質改善を息できるわけではなく体質改善を行って変えられるだけの体力や体調やパワーが必要になりますからそのパワーをつけるためにも会長からあげて体を整えていくことをしていきます。

多くの方の初診の治療の場合、体調が悪く なっていますので体調からあげて体を整えていくとかしなければいけません。

初回から体調はいい方はいませんしご自分で体調が良いと思っていても骨盤の歪みや骨盤の開きが多くあったり背骨のズレや椎間板ヘルニアなどが起きていることも多くありまた眠りが浅いと眠りが浅いということは脳のよわりを起こしていきますので老害終われば脳下垂体の働きが悪くなり脳下垂体というのはホルモンの中枢中の中枢ですからホルモンの命令がうまく届かないまたは行き過ぎているということが多くあります。

毎日の生活や仕事や精神的なプレッシャーなどまた携帯のスマートフォンが鳴る音などで精神は緊張することが多く興奮状態に陥りやすくなります。

頭だけではなく体も毎日の生活や仕事で疲れやすとレスを食べてしまいますが最近は多くの方が眠りが浅いことが重なって起きていますので眠りが浅いと頭つまり脳が弱ってしまって脳が弱ることが痛みやコリを感じなくなるということが起きています。

眠りが浅いと

最近は多くの方が自分でも気が付かないうちに眠りが浅くなっていることが多くありますが検査をしてみると全員が眠りが浅いということで脳が弱ってしまってあまり体調がどれくらい落ちたのか悪くなっているのかということを感じていないという方が多くなっています。

体調が悪くなれば内臓の働きも低下してしまいホルモンのバランスが悪くなるということは当然起きてしまいますし脳幹の下にある脳下垂体ホルモンの 命令を出すホルモンを正常に働かなくて多くなったり少なくなったりして全体的な体のホルモンのバランスが悪くなります。

こんな状態では生理痛が起きるのは当然ですから骨盤の歪みは骨盤の開きまた背骨のズレ脳の働きの低下から生理痛が強くなってイライラしたりうつっぽくなったりパニクったりか腹部が重たくなったり腰痛が起きたりカタクリが起きたり色々な症状が起きるのは当然なんです。

眠りが浅いということは

眠りが浅いということは身体全体に疲れやストレスが溜まりやすく最終的に疲れやすくレスというのは 内臓に多く溜まっていきますから内臓に多くたまることが原因で骨盤の歪みは骨盤の開きそして背骨のズレが起きていきます。

疲れやストレスというのは筋肉にはたまりますが例えば体重100キロの人がいたとして60キロから70キロぐらいは水分です。

水分が何かを越すということは考えられませんので後残ったものは筋肉と骨と人体や血管やリンパ管や神経などと、あとは内臓しかありません。

疲れやストレスは溜まるところは毎日毎日たくさんの食事やエネルギーを作ることや栄養成分を作ることをしている内臓に溜まっていきますので雷蔵といっても息病気というのを結びつけることもなく内臓にも疲れやストレスがたまるということで骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレが起きていきまた悪化させたものが椎間板ヘルニアや神経圧迫の状態が起きていきます。

生理痛を改善するためには

生理痛を改善するためには体調からあげて体を整えてことををして その治療に数回以上かかります。

体調の状態に応じて疲れやストレスの状態に応じて骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレなどの状態に応じてまた内臓の疲れやストレスの蓄積度合いに応じて回数はかかっていきまたさらに眠りが浅いと脳疲労が起きていきますので脳疲労の改善にもさらに回数がかかってしまいますが徐々に体調も回復していくと思います。

普通一般的にはサプリメントや焼肉を食べても鰻を食べても体調や体力は回復することはありません。

体調や体力を回復させるということは自分でできるものなんですが自力で回復できないくらい落ち込んでいる方が多くなっていますのでこの落ち込み方は眠りの浅さに関係しています。

眠りが浅ければ浅いほど内臓疲労が多くなりホルモンのバランスが悪くなるのは当然な状態です。

子宮や卵巣や膀胱や大腸なども骨盤の中に入っている内臓ですから骨盤が歪んだり骨盤が開いたりするだけでも影響を受けていきますけど逆に内臓の疲労から骨盤の歪みや骨盤の広がりが起きています。

内臓に多くの疲れやストレスが溜まることが原因で骨盤の歪みが起きていきますのでストレスというのは疲れが多く溜まった状態のことを言いますからストレスというのは蓄積疲労のことを説明しています。

一般的に多くの方がストレス、ストレスという言葉を使いますがストレスという言葉をあまり分かっていなくて訳も知らなくて使っている方が多くいますのでストレスというのは疲れの蓄積の度合いです。

体は 体は際限なく限界なく 疲れやストレスを溜めてしまいますし内臓にも疲れやストレスが多くたまることが原因で限界なく溜まっていきますからそんなに簡単に疲れやストレスを減らすことはできません。

磯の疲れやストレスを早いうちに軽い家に減らすことを前提として改善していかないと疲れやストレスの蓄積が内臓の疲労ではなく老化を早めてしまう結果になり早く急速に病気になっていくことも考えられます。

内臓疲労の多さというのは大変問題になっていることがありますが内臓疲労というのは老化を急激に早めてしまう結果を表示させますから できるだけ早く減らすことをしていかないと細胞の変化が徐々に行われて進行していては大変なことになります。

生理痛を改善しようと思うなら薬ばかり使っていないで体調と体質改善から変えていくことを考えるようにして欲しいところです。

 

小倉北区 からも多くの方が 生理痛 を改善するために来院しています。