肩こりを楽にしていくためには

小倉北区で肩こりを楽にするなら。

肩こり を楽にしていくことをしています。

肩こりを楽にしていくためには筋肉のこりからほぐすようにしていますが 肩こりを起こしている筋肉の名称は僧帽筋という筋肉なので僧帽筋のコリをほぐすようにしていきます。

しかし多くの肩こりは筋肉だけで起きている肩こりというのはありませんので 筋肉のコリがほぐれたらその先にあるものを見つけていく必要があります。

その先に見つけていくためにも僧帽筋の肩こりから改善して楽にしていくようにしています。

しかし肩こりを起こす僧帽筋のコリがどうして起きるのかということがありますのでその原因を見つけることも必要になると思います。

何も原因がなくて 筋肉のこりは起きることはありませんので 運動した時の 筋肉のコリや 仕事をした時の筋肉のコリや デスクワークなどで 沖田筋肉のコリや 長く同じ姿勢を続けていたために起きた筋肉のコリや ゲームをしていて肩に力が入っていることで起きた筋肉のコリや 色々な筋肉の凝りがありますのでその筋肉のこりが どうして残ってしまったのかということが原因です。

普通は体が正常に働いていれば筋肉のコリが起きた時には筋肉を解消するホルモンが 放出されてコリをほぐそうとします。

筋肉のコリをほぐすホルモンが正常に働いていればの話なんです。

しかしなにかの理由で ホルモンが正常に働いていないが働いていてもそれ以上のものがあると筋肉は解消できなくなって肩こりを起こしていきます。

歪みズレから肩こり

筋肉のコリをほぐすホルモンというのがあると話しましたが筋肉のこりだけしかほぐすことができませんので背骨の歪み何があったりすると筋肉というのは骨から骨にくっついている ものなので 骨のゆがみ何が起きていれば筋肉は引っ張れられたり緊張したりして循環が悪くなってリンパの流れも悪くなって老廃物が多く溜まってしまってコリを起こしていきます。

背骨の歪みは何というのはいつでも起きているものですが程度があって軽いものからひどいものからまたさらにひどいものは椎間板ヘルニアになったり神経圧迫という形で起きていることもあります。

つまり歪みは何というのも段階があって軽度から中度から酷いものという状態で歪みの段階があります。

この歪みの段階が決まるのもあるものが体に多く溜まったことが原因で段階が決まっていきます。

この段階が決まるあるものとは疲れやストレスの蓄積です。

疲れやストレスが多くたまれば、たまるほど溜め込むことができますので溜め込んでしまったものが背骨の歪みやズレになります。

しかし筋肉にも疲れやストレスは溜まっていきますが 最終的に多くの疲れやストレスは内臓に溜まっていきますので病気ではなく内臓疲労という状態になっていきます。

この内臓疲労が背骨の歪みはズレを起こす最終的な原因です。

内臓疲労というのは 疲れやストレスが内臓に溜まったことを言いますが疲れやすトレスが内臓に溜まっていないという方はいません。

人はそれを感じていないという方はいっぱいいます。

日常の生活や仕事をすることでも疲れ忘れたたまりますし精神的にも疲れやすトレスが溜まっていくしいろいろな警報音でも精神を逆なでするということもあります。

日常的に怒る喧嘩やイライラすることや 変な事件というのは全てこの疲れやストレスが内臓の一部である中枢神経系の脳に溜まったことが原因で起きています。

肩こりが起きている方起こりやすい方肩こりを繰り返す形などは肩こりになりやすい背骨の歪みがずれが起きているのが原因ですが背骨の歪みはずれが起きる原因は内臓疲労に関係をしています。

普段でも溜まっていないことはない疲れやストレスが多くなればなるほど歪みが徐々に起きていきます。

この疲れやストレスから起きる歪みというのが筋肉を引っ張ってしまって肩こりになっているということです。

しかし肩こりと言うと湿布を貼ったりしても肩こりが楽に感じる時もあります。

肩こりと言うと家族の方や専門家の方に肩を揉んでもらったりマッサージすることでも肩こりは楽になったように感じることもあります。

肩こりと言うと整骨院後で低周波治療器を肩に当ててもらうと肩こりが楽に感じることもあります。

病院などでも注射器や ブロック注射などをして肩こりを楽に感じさせることが できます。

しかしこれらの肩こり解消法は原因を見つけることもなく 肩こりを感じるところに対して何かをしているだけなので原因を探すこともなく見つけることもなく一番簡単な対処療法というやり方をしています。

普通一般的には対症療法という方法が 普通に用いられているのが現状ですから 悪い治療ではありませんがすべて原因は関係なく残ったままになっています。

肩こりは怖い

肩こりと言うのは簡単に考えがちですが肩こりほど怖いことはありません。

というのは肩こりというのは内臓に溜まった疲れやストレスで起きていると言いましたがその内臓がどこの内臓なのかにおいて違いがあるからです。

肩こりというのは上半身に起きている ものなので上半身にある内臓が関係しているということです。

上半身にある肩こりに関係する内臓というのは 心臓や肺横隔膜が深く肩こりに関係しています。

初めは 心臓や肺に疲れやストレスが溜まることで動きが悪くなったり働きが悪くなったりして背骨の歪みを起こしていきますがその溜まる疲れやストレスが多くなればなるほど、ただでは済まなくなるからです。

疲れやストレスの蓄積が多くなればなるほど歪みや筋肉のコリだけでは済まないで老化が進行していくことが起こります。

老化というのは固くなることとあともう一つ病気になることが進行していきますので病気の進行状態においては、いつかは病気になってしまうということです。

しかし病院というのは病気の検査をしている専門家ですが病気になってしまわないと分かりませんし病気として完成される前に数値の異常が出てしまうということなので完成する間近でしか数字的にも異常は出ません。

病気も 半年や一年でなるものではなく3年も5年もまた8年も10年も15年もかけながら病気として細胞の変化が行われて最終的には病気になるまたは完成するということです。

病気になるためには細胞の変化が行われないと病気になりませんので細胞が変化していくためには数年から数十年の期間が必要です。

簡単に肩こりと考えることなく

肩こりというのは本当に強い意味が潜んでいますが、なると言ってるわけではなくなる確率が高くなるということです。

未来なんかは誰も予想できるものではありませんがなって行ってる途中であればいつなってもおかしくはないし不思議ではないという状態です。

当院ではならないようにしていく治療がありますがならないようにしていく治療の事を体質改善という治療と言っています。

体質改善の治療というのは アンチエイジングの治療であり若返りをさせる治療です。

先ほど説明したように簡単に考えればわかると思いますが老化するということは固くなる硬くなるということは悪くなるという意味ですからそれを逆に考えて若返りさせるという治療を少しずつでもしていくということをして遅らせたり、ならないようにしていく治療が体質改善という治療です。

しかし簡単にしているわけではありませんので簡単なことのように思わないでください。

体質改善という治療は元来変わらないものを変えることができる治療ですがそんなに簡単にしているわけではなく簡単にしているように見えるから勘違いされますが院長も実際に簡単にしているわけではないと思っています。

北九州市小倉南区と小倉北区で 肩こり を楽にしていくためには 原因から変えていく治療をしています。