肩こりを楽にして

小倉北区で肩こりを楽にしていく事をしています。

肩こり 楽にしていくためには 肩こりを起こしている筋肉からもみほぐして楽にしていくことをしています。

しかし肩こりと言うと、どうしても筋肉ばかりに注目してしまって筋肉を揉んでも楽になることがあるために 筋肉を 揉んで肩こりを治したと思っている方が多くいますが 肩こりには筋肉だけで起きている肩こりというのはあまりありません。

肩こりを起こす筋肉として知られている筋肉は 僧帽筋という筋肉ですから僧帽筋は 後ろ頭の付け根から 首を通って肩にあって 背中まである大きな筋肉ですから 両方に僧帽筋はあって 三角形を横にした形のをしています。

この僧帽筋という筋肉は 上部と中部と下部に分けられます。

主には上部僧帽筋という筋肉が凝りを起こすことが肩こりという風に言われています。

来たというのは 力が入っていることが多く腕や 肘や肩をよく使うことをすると筋肉は疲労して、肩コリを起こしていきます。

筋肉のコリが

僧帽筋が筋肉疲労を起こす時には 重たいものなどを思ったりすることでも筋肉疲労は 起きます。

腕や肩などを動かすことでも動かしすぎることで筋肉疲労は怒りますのでデスクワークなどでも 筋肉疲労は起きて肩こりになります。

パソコンで キーボードを扱ったりしている時でも 肌をよく使うことが起きますので 肩こりが起こります。

最近はスマホなどを見ることも多くなっていますしスマホで文字を打ったりするので肩に力が入ることが多くなっていますから肩こりになります。

ゲームなどをしても肩に力が入っていますので肩に力が入るから筋肉疲労が起きて肩こりを起こします。

長時間、同じ姿勢で運転をしていると肩に力が入りぱなしになるので 肩に力が入れば筋肉疲労が起きて肩こりになります。

家でゆっくりしているときに横向きで頭を支える姿勢で腕を立てたり寝かしたりしていると 肩こりになります。

肩こりというのはどういうことで起きるのかという理由がありますので筋肉だけで肩こりが起きていることはあまりありません筋肉が凝りを起こすのはどうして起きるのかということをしていると肩こりになっていきます。

肩こりになりやすい方が肩こりになります。

肩こりの原因がある方が肩こりになります。

肩こりの原因が ない方は肩こりにはなりません。

筋肉にも強い筋肉と弱い筋肉というのがありますか筋肉を鍛えればいいというわけではなくこの弱いという筋肉は 体質的に弱い筋肉です。

体質的に弱いというのは遺伝的に弱かったり家系的に弱いという意味で言ってるので一過性ではなく遺伝子が関係して筋肉の弱さを起こしています。

人の体というのは体調と体質が全てに関係しています。

弱い部分というのは疲れやストレスが溜まりやすく疲れやストレスが溜まると 疲労が始まっていきます。

弱い部分に疲れやすレスが止まれば貯まるほど長期間に及ぶと筋肉疲労どころではなくなってリンパの働き云々というわけではなく 筋肉は硬くなります。

筋肉が硬くなると 初めは肩こりを感じますが 固くなりすぎると 筋肉が硬くなっても硬さを感じることもできなくなります。

つまり神経が麻痺してくるということで麻痺してしまえば肩こりは感じません。

肩に入ってる神経が 硬くなるという現象が起きているので神経も硬くなればなるほど正しく働くことができませんから正しく働けないとコリを脳を送ることができなくなります。

人の体は何かが起きたらその部分の 異常を脳に信号として知らせていますが信号が働くことができなければ 異常が起きても分かりません。

疲れやストレスが

人の体には 疲れやストレスが日常茶飯にたまっています。

この疲れやストレスというのはどこに溜まっていくのか。

筋肉にも使いすぎると 疲れやストレスは溜まっていきますが多くの疲れやストレスというのはある部分に溜まっていきます。

疲れやストレスはためれば、ためるほどためてしまうので限界なく溜まっていきます。

限界なく際限なく疲れやストレスが溜まることが 多くなっていくと たまる部分というのは正しく働ける理由はありません。

疲れやストレスが限界なく溜まっていくところというのは内臓です。

内臓というのは日々働いてエネルギーを作ってくれていますが内臓も疲労して疲れやストレスが溜まっていくということがあるわけです。

多くの疲れやストレスは内臓に蓄積して内臓の働きを低下させていきますが病気ではありません。

ウイルスや細菌が絡んでない限りは関係してない限りは色々な症状は疲れやストレスから起きて内臓に溜まったことが原因で起きています。

しかし疲れやストレスというのは実態がないものですから検査しようもありません。

自分で 何かの症状を感じるもの全てが疲れやすトレスです。

病院で検査をして尿検査やレントゲン検査や血液検査などをして異常が見つかればもう病気になっているというところです。

しかし肩こりで起きるを関係するものは病気ではありませんからいくら検査をしても分かりません。

もし病気が見つかれば病気の治療が始まりますが 疲れやストレスという段階ではありませんので細胞レベルから変位していることになります。

病気になる時も 半年や一年で細胞が変異することはなく 2年以上をかけながら細胞が変異していくことで病気になって行きます。

病気になるためにも三年や5年とは言えず10年も20年もかけながら徐々に完成してしまうと病気です。

しかし病気という段階は完成してしまうが完成間近にならないと分かりません。

完成間近になって 病院に行くと 病院の検査で病気が分かります。

しかしそれまではいくら検査をしても異常なしで何かを 症状を訴えても 病気でもなければ健康と言われます。

肩こりもこれと同じことが起きていますので疲れやストレスが内臓にたまることが原因で肩こりになっています。

疲れやストレスというのは弱い内臓に溜まっていきやすく弱い内臓に溜まっていたものが多くなればなるほど長期間に及ぶと内臓疲労が起きて老化が急速に進んでいきます。

弱い内臓に疲れやストレスが貯まれば貯まるほど 老化が急速に進行していきますので年齢に関係なく老化が進んだものを病気として 検査すると分かります。

弱い内臓を強くしていく方法は体質改善という治療がありますが初回からはできませんので初回からは色々な 物が重なって起きていますから重なっているものを減らしていくことをしていますのでまずは始めは筋肉のこりからほぐすようにしています。

筋肉のコリがほぐれたら、その先にある背骨の歪み何を見つけて治療していくことをしていきます。

筋肉のコリがほぐれて背骨の歪みが改善できたらその次にあるものが内臓疲労です。

内臓疲労を減らしていくことは簡単ではありませんのでどれくらい内臓疲労がたまっているかで正しく働けるかどうかということが決まりますし ゆがみ何が取れやすくなっていきます。

しかしそれ以上に最近の方は眠りが全然できていませんので無理というのは脳の問題を起こしていますから膿が弱っていくと心臓が弱ったりすることが起こりますので心臓が弱ると骨のズレが起こりやすくなります。

最近多くの方が脳疲労起こしていますので寝つきが悪かったり夢を見るというよりも寝ながら考え事をしている時間があと的に多くなっています。

 

 

小倉北区から多くの方が訪れている 肩こり を楽にしていくことをしています。

当院では検索キーワードでも人気があって評判の良い、「小倉北区 肩こり」、「肩こり 小倉北区」でも上位に表示されています。