肩こりを楽にしていく

肩こり を楽にしていくためには 筋肉から柔らかくしていくことをしています。

肩こりと言うと筋肉のコリや緊張から感じてしまうことが多くありますので本当に筋肉のコリが起きているのか筋肉が緊張しているのかということを見つけ出すことをしていきますが 多くの肩こりの場合筋肉のコリだけで起きている肩こりはあまりありません。

いつも使う肩や腕ですから筋肉が凝ったりすることは多くありますし 一番使うのは手の指だと思いますから指が凝ったということはあまり起きません。

どうして指がこらないのに肩が凝りを起こすのかということがありますので検査をしてみると 肩こりになっている原因が分かってきます。

肩こりと言うと普通一般的には筋肉に湿布を貼ったり病院に行って注射を打ってもらったり肩こりに効果があるというサプリメントを飲んだり 循環を良くするというイメージがどうしても強いために 低周波治療器などをしたり運動をしたりストレッチをしたりすることが一般的に肩こりの解消法だと言われています。

しかし同じことをしても肩こりが起きない方もいますのでどうして肩こりが起きてしまうのかということは自分の体の状態に関係があります。

同じことをしても肩こりとして感じない方もいれば同じことをして肩こりとして感じてしまう方がいるわけですけどその差を説明できる方はあまり専門家の中にもいません。

肩こりというのは、どうして感じてしまうのか筋肉のコリがどうして起きるのかということを見つけ出さなければ本当の意味で肩こりを解消することはできないで一時的に抑えることしかできません。

肩こりが起きるのは

肩こりを感じる時には 生活している上で多く作り出されるものが原因です。

肩こりを感じる方が時々言われることがありますが何もしていないのに肩がこるとかと言われますが何もしていないということは重労働や特別なことをしていないという意味で言っている場合が多くあります。

例えばパソコンやキーボードなどをよく売ったりスマートフォンを使って文字を打ったり目を使ったり細かいことをしたり重たいものを持ったり姿勢が悪くなっていたりすることで肩は緊張してコリを起こすこともあります。

最近は多くの方がスマートフォンを持っていることが多く持っていない方を探す方が大変なくらいスマートフォンは普及していますがスマートフォンというのは画面が明るく女を使いますので眼精疲労なども起きやすく 打つ時に肩や腕を使うことが多いので力が無理に入っているということもありますから力が無理に入れば入るほど筋肉疲労を起こし肩こりにつながっていきます。

肩コリを解消するために

肩こりというのはどうして起きるのかということが検査することで見つけて行きますが検査をしてみると肩こりを感じる方は同時に体調も落としています。

体調落とせばトスほど筋肉のこりは起きていき循環が悪くなったり老廃物が多く溜まってしまってリンパの働きが停滞気味になったりすることは当然起こります。

体調を落としているということはどういうことなのかと言うと疲れやストレスの蓄積です。

疲れやストレスも多く貯まれば貯まるほど循環が悪くなったり老廃物が多くなったりして血流が悪くなります。

血流が悪くなると老廃物が多く溜まって余計に乳酸がいっぱい溜まっていき老廃物もたまります。

どうして血流が悪くなったりリンパの働き悪くなったり老廃物が多くたまるのかという原因は疲れやストレスの蓄積する場合において違います。

疲れやストレスが多くためれば貯まるほど溜め込んでしまいますので溜め込むほど歪みやズレが大きくなっていきます。

疲れやストレスを感じない方はいますが疲れやすいですはないという方はいません。

疲れやストレスというのは何も仕事をしなくても運動しても多くなるし 眠ることでも疲れやすレスは多くなりますし食事をすることでも疲れやすレスは生まれてしまいます。

生活している上で避けることができないのが疲れやすとレスの蓄積です。

疲れやストレスが多くなればなるほど体は防衛的に歪みや背骨のズレを起こしていきますのでゆがみやズレを起きれば筋肉は緊張したりコリ起こしていきます。

疲れやストレスというのは 普通に考えてもたまるものなんですが一体疲れやストレスはどこに溜まっているものなのかということが一番、肩こりを起こす原因になっていきます。

疲れやストレスの蓄積というのは筋肉にもたまりますが筋肉の異常に溜まるのが内臓です。

つまり内臓疲労が 体の歪みや背骨のズレを起こし 肩こりにつながっていきます。

内臓疲労と言っていますので内臓の病気というのを考えることもなく説明をよく聞いてください。

病気になっていくときには疲れやストレスの蓄積状態が多くなって内臓が徐々に老化して行き最終的に病気になって行きます。

疲れやストレスというのも病気を促進させるものになりますから疲れやストレスを軽くするということは肩こりに限らず色々な先にあるものを減らす、または変えることができます。

疲れやストレスの蓄積というのは内臓に溜まっていきますので内臓に溜まって行けば行くほど ゆがみやズレがひどくなっていきます。

特に肩こりを起こす内臓として一般的に知られている内臓というのは心臓や肺または横隔膜が深く関係していますが、胃なども肩こりに関係することがあります。

時々胸苦しさを感じたり動悸があったり汗を異常に書いたりトイレが近いということも心臓に関係しています。

私の場合は横隔膜と関係がありますので時々咳が出たり喉がいつも変だとかいうことで分かりやすいと思います。

胃の場合も 胃のもたれや胃のむかつきや食欲不振などで近くで気に出やすいと思います。

内臓疲労で肩こりが起きていますのでマッサージをしたりすることは表面上の問題の解消にしかならず肩こりを本当に良くすることはできないで原因もいつのまにか進行していきますので 表面的なものだけではなくその裏側にある隠れた黒幕を探す必要があります。

内臓疲労と言うのは際限なく限界なく蓄積することができますので蓄積すればするほど老化が進んでしまって最終的には病気になっていく可能性が多くなります。

病気になっていく可能性と言っていますのでなると断言しているものではありません。

特に首の骨から肩の上の骨というのは横隔膜や心臓と肺に関係がありますので横隔膜や心臓と肺が弱ってしまえば自覚症状的には息苦しさや胸苦しさや動悸や時々心臓の辺りの胸のあたりがチクッとする痛みがあるということがあります。

しかし人はボディーランゲージで体が知らせてくれていても簡単に考えていますので簡単に考えれば考えるほど一時的なことしか起きていない状態で治ってしまえば治ったと思いますから安心してしまっています。

痛みやこりというのは体が感じさせてくれている Body Language ですからこの警報を無視することをしていると大変なことにつながっていきます。

体には何かの異常が起きると痛みやこりとして自分に気がつかせるようにしています。

しかし人というのは長く長時間を続かなければ一瞬であれば一瞬の時が過ぎてしまえば忘れてしまって大丈夫だろうと思います。

一度起きた問題というのは肩コリに限らず何かの異常があって起きていますのでこの異常を見つけていかないと関係する内臓はどんどん肩こりを感じていない時でも進行はしています。

マッサージをしたりして肩こりが良くなったからといって安心はできません。

低周波治療器などが出て肩こりを良くなった楽になったからといって安心はできません。

こりに効くサプリメントなどを飲んでも安心することはできませんし黒幕があります。

整体院やカイロプラクティック院でボキボキしても骨の矯正だけしてもさらにその黒幕を見つけることをして改善していくことをしないと安心することはできないと思います。