肩こり を楽にしていくためには肩こりの原因になってるものから見つけることをしていかなければいけませんが肩こりと言うと筋肉のこりということなので筋肉が原因の場合が多くあります。

肩にある筋肉がどうして凝りを起こすのか。

何が原因で筋肉のこりが起きるのか。

どうして筋肉のコリが起きて肩こりになるのか。

肩こりを感じる方は多くいますが原因を考える方はほとんどいません。

いつも肩こりに悩んでいるくせに 肩こりの原因を考えようともしない方が多くいます。

肩こりと言うといつも筋肉のこりというイメージが強いので筋肉がどうして凝りを起こすのかということを知らなければ肩こりを楽にしたり肩こりを治すことはできないと思います。

肩こりと言うと湿布を貼ったりして肩こりを楽にするという方法を多く聞くと思いますがそんな簡単なことでは肩こりの原因を治すことはできません。

肩こりを治すことと肩こりを楽にするということは違います。

肩こりを楽にすることは湿布を貼ったりしても楽になることもありますし 肩こりに効くというドラッグストアで売っているサプリメントなどを飲んでも肩こりを楽にすることはできますしマッサージをしても肩こりが楽になるということは多くありますが、また低周波治療器などの電気を当てて肩こりを楽にする方法もあると思いますが。

肩こりを楽にする方法ばかりしていると肩こりが進行してしまって原因は悪くなっていきます。

肩こりを起こす時には肩こりを起こしている原因を探って見つけていく必要があります。

肩コリと言うといつもいつも使う筋肉 ですから使えば使うほど 筋肉疲労が起きて行きます。

肩の筋肉を疲労させる原因というのはほほづえをしても肩の筋肉は緊張したりすることが多くありますので力が入ることで肩こりを起こしていきます。

体の前で腕を組むことでも肩の力が入ったままになっていますので肩の力が入れば筋肉疲労が起きて筋肉疲労が起きると肩こりになっていきます。

最近は多くの方が携帯やスマートフォンなど扱っていますので携帯やスマートフォンを扱うと肩に力が入ってしまっていますので肩に力が入れば筋肉疲労が起きて当然な状態で肩こりに進行していきます。

車の運転をしていると肩や腕の動きが小さくなりますので 肩や腕に力が入りっぱなしな状態で筋肉は疲労していきますから筋肉疲労から肩こりになります。

ショッピングなどをして買い物を持つ時でも肩や腕の筋肉を使いますので肩や腕に力が入りぱなしの状態で筋肉疲労が起きていき肩こりになります。

何も重たいものを持つだけが筋肉疲労だけではありませんしバックなどを持って同じ方ばかりに荷物を下げていると バランスを取ろうとしてもう片方の方にも力が入ったままになりますから両肩の肩こりになることが多くあります。

軽いものを持ったとしても肩や腕には力が入ったままになっていますので肩に力が入ったままな状態が長くなると筋肉疲労が起きて行きます。

筋肉疲労が肩こりを起こす

洋裁や和裁などをする形は細かいことが多くありますので細かい仕事をすればするほど肩に力が入ったままになっていますから肩こりになります。

食事を作るときにも重たいものを持ったりフライパンなどを返したりすることが多くあったり包丁を持って野菜を切る動作でも肩に力が入ったままになっていますから肩こりになります。

掃除をする時でも掃除機を動かそうとする時には肩に力が入ったりすることが多くありますので肩こりに進行していきます。

寝ている時でも腕や肩に力が入ったままになっている方もいますのでそうすると寝ている間に肩こりは進行していきます。

肩こりになる方はいつも肩に腕に力が入ったままになっていますので力が入れば入るほど肩こりになることが多くありますので力を抜くということも大切ですが 手を使ったりすることが多い方は 肩を休めることができないということもあります。

何をしても肩がこる動作が多いということは生活上必要最低限のものなんですが同じことをしても肩こりになる方とならないという方がいますけどそれほど肩に力を入れることもなく色々な動作ができる方もいます。

そういう方の場合を要領がいいという風に簡単に入っていますが本当は体と体のバランスが良いかも分かりません。

バランスが悪いから肩こりを起こす

体のバランスを崩しているから肩こりになっているという場合もあるかも分かりません。

どちらか一方に肩の力が多く入ったままになっているとバランスを崩してしまっていますのでバランスを崩すと肩こりに進行するということもあるかも分かりません。

バランスよく力が入ることで肩こりが解消できる可能性もあります。

しかし肩こりと言うと筋肉のコリだけで起きていることはあまりないと思いますので筋肉のコリ以外で起きている肩こりが多くなっています。

筋肉以外で起きる肩こりというのは背骨の歪みや首の骨のずれが原因で筋肉は骨が歪むことで骨にくっついていますので骨が歪みを起こすと引っ張られたり緊張したり緩んだりしてしまってコリになるということもあるわけです。

骨にくっついてる筋肉ですから骨が動くことで緊張したり緩んでしまったりしてリンパの働き悪くなって老廃物が多くたまるということも起きてしまいます。

骨が歪むことで筋肉が緊張したり緩んでしまうと循環も悪くなって老廃物が多く蓄積していきます。

歪みが起きたりすると筋肉の緊張状態が起きますが歪みというのは姿勢や重たいものを持ったりすることで起きるものではありません。

何か原因があるから骨が歪んで肩こりになっていると考えるようにしてください。

何の原因があるのか見つけることをすることでも肩こりの原因を解決することにも繋がってくると思います。

当院では肩こりを改善していくときには検査をすることをしていますので検査をすることで体調がどういう状態になっているのか背骨の歪みや筋肉の凝りがどういう状態で起きているのかということを見つけていくことをしています。

肩こりを解消していく上でも楽にすることはマッサージをしたり揉んだりすることでもできるかも分かりませんが原因から見つけていくということは検査をしなければ見つけて行くことはできません。

肩こりを根本的に解決しようと思うなら原因から見つけていくことが一番の近道になると思いますが一回や数回で肩こりの原因を見つけることはできません。

というのは肩こりというのは色々なものが原因として考えられる状態が多いからです。

肩こりほど筋肉だけではなく背骨の歪みやズレだけではなく他のものを見つけていくことからしないと肩こりを良くすることはできないということがあります。

肩こりを楽にしていくためにはまず一番目に必要なのは筋肉のコリの解消ですが筋肉のコリも揉めば楽になるかと思いますが循環が良くなるかと思いますが筋肉が硬いという方もいます。

筋肉が硬いという方は一時的に硬くなっている方と永久的に固くなってる方がいますので 一時的に固くなってる場合は揉んだりすると楽になっていきますが永久的に硬くなっている方は揉んでもよくなることはありません。

揉むと良くなることも多い肩こりの筋肉ですが本でも良くならない肩こりというのは筋肉自体が硬くなっているということでこれを起こしている場合です。

最近は時々筋肉自体が硬くなっていて掘りを感じているという方もいますから 筋肉を柔らかくする手段を用いて改善するようにしないと筋肉が柔らかくなることはありませんし筋肉が硬いというのは永久的に硬いという意味なので一時的な硬さではありません。

 

小倉北区で 肩こり を楽にしていくためには。