肩こりを解消

肩こりには肩こりになる原因があるから肩こりになっていますので その原因を見つけることをしないといくら一時的に抑えることをやっても湿布を貼ったりしてもマッサージをしても電気治療器などをかけても一時的に楽になることはあると思いますが根本的に肩こりの原因が残ったままになっています。

肩こりには 肩こりになる原因が潜んでいるから肩こりになるわけですから肩こりの原因を見つけ出すことをしていかなければいけませんが肩こりの原因を見つけることをもを整えていくことも簡単なことではないために簡単な方法ばかりに逃げてしまっている治療が多く見受けられます。

肩こりと言うと筋肉ばかりに注目してしまって 筋肉ばかりほぐして楽になってしまうために筋肉をほぐせばいいと思っていることが多くありますがカタクリというのは筋肉をほぐしたらその先にあるものを見つけていかなければ本当の治療とは言えないで1時抑えにしかなっていません。

肩こりと言うと筋肉をほぐせば楽になるために筋肉の治療ばかりしている場合が多くあり筋肉に対して治療する方法というのは湿布を貼ったりサプリメントを飲んだりマッサージをしたり低周波治療器などをかけたりということが対症療法という方法です。

対症療法という方法は原因なんか関係なく肩こりを感じている部分に対して何かをすることなんですがその何かというのが湿布を貼ったり電気をしたりマッサージをしたりという行為です。

肩こりを楽にするには

肩こりを楽にするためには原因から改善していかなければいけませんがまずはその女先にあるものから解消しなければいけませんので筋肉のコリからほぐすようにしていますが筋肉のコリもいつまでもほぐしてばかりいると筋肉疲労を起こしていきますのですればいいというものではありません。

肩こりと言うと筋肉のコリをほぐすばいいという感じが強いために筋肉ばかりほぐしていますが単純に筋肉をほぐすほぐすほど筋肉疲労が多くなりますので筋肉をほぐせばいいというわけではありません。

どうして筋肉に疲労が溜まったり筋肉の緊張が起きたりするのかという原因を見つけ出さなければ何回しても同じことを繰り返しますし治療という方法でもなく 保存療法になってしまうことが多いからです。

当院では肩こりを改善していくときには検査をしていくことをしますので本当に筋肉のコリが起きているのか緊張が起きているのかということを探し出すことをしていきます。

検査することで異常が見つかる

肩こりを治療していくときには筋肉のコリからほぐすようにしていますが筋肉の凝りをほぐす前に本当に筋肉のコリがあるのかということを検査することで確認しながら正確に改善していくようにしています。

もちろん筋肉の緊張や筋肉の疲労や筋肉のコリがある場合は筋肉からほぐしていきますが筋肉がほぐれてきたら、その先にあるものを見つけて改善していくことをしないと同じことを繰り返しますので検査することで先にあるものを見つけていきます。

その先にあるものというのは背骨の歪みや背骨のズレですが最近多くの方が歪みやズレやまたはヘルニアや リンパの働き悪くなって老廃物が多く溜まっている循環が悪いということだけではなく中枢神経系が炎症を起こしたり腫れたりということで起きてしまっている肩こりがあります。

中枢神経系が炎症を起こしたりハレたりということが起きることは普通では起こりませんが最近は寝不足状態の方が多く体調が異常に悪い方が多くなっていますので体調が悪いと脳は弱っていきどうが弱ると脳麻痺になってしまって最悪の状態を招いている方もいます。

脳が弱るということは最近多くなっていますので脳が弱るのはどうしてなのかというわけがありますが多くの場合は夜寝ようとするとすぐ眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っている方が脳の中がもうそう状態になっていき 脳を弱らせている結果につながっていることで肩こりになっている場合があります。

大脳が弱ってしまうと脳が暴走状態に陥り体調を異常な状態になって落として行けますので 異常な状態になればなるほど 背骨の歪みやズレが大きくなりヘルニアも起きたりして 骨の炎症や腫れもうき中枢神経系の脊髄まで弱っていき炎症や腫れが起こるということが起きます。

疲れやストレスの蓄積

疲れやストレスというのは大変多くの方にあるものですが逆にない方はいませんので感じていないという方は多くいます。

疲れやストレスというのは体に蓄積していきますので体のどこにたまるのかという事が問題になります。

疲れやストレスが多く貯まるところというのは 筋肉にもたまりますがさらに何十倍の疲れやストレスが溜まっている所があります。

それは内臓です。

例えばですけど体重100 kg の方がいるとしたら65%つまり 65 kg が 水分です。

あとの残りは筋肉の重さや骨の重さや脂肪の重さや人体の重さや神経や血管やリンパ管などの重さです。

残ったものが内臓と中枢神経系しかありませんので内臓と中枢神経系に主に疲れやストレスが溜まっていきます。

疲れやストレスの蓄積が肩こりに

多くの肩こりの場合、内蔵に疲れやストレスが溜まることが原因で背骨の歪みが大きい背骨が歪むことで筋肉が引っ張られたり緩んだりして筋肉のコリを起こしリンパの働きを悪くなって老廃物が多く溜まっていき循環が悪くなることで肩こりになっていきます。

大脳や中枢神経系の内臓の一部ですから内臓に多くの疲れやストレスが溜まるとどうも弱っていくことがあり、脳が弱ると痛みやコリに鈍感になる段階まで落ちるかと思いますので内臓と大脳の問題というのは大変密接に関係があります。

肩こりを楽にしていくためには筋肉のこりからほぐすようにしていますが筋肉のコリがほぐれたら背骨の歪み、骨のズレまたは椎間板ヘルニアなども検査して見つけることができれば改善することをしていき、さらに骨の炎症や腫れもあれば改善していくようにしていき脊髄の炎症や腫れが、どこから起きているのかということも探しながら治療することをしていただければ肩こりは本当の意味でよくなることはありません。

肩こりを改善しようと思うなら本当の意味で治療することをしていかないと1人抑えばかりしたり対症療法ばかりしていると原因もいつまでも同じままではありませんので原因がどんどん進行した状態になっていき 細胞の変化が行われれば最終的にはもしかしたらですが病気になる可能性が増えていきますので注意しないといけないのが肩こりなんです。

病気になってしまうと言っているわけではなく可能性が多くなるということを理解してほしいところなんですが病気になるパーセンテージが増えれば増えるほど悪くなっていきますので病気になるためにも2年と言わず10年くらいかかりながら細胞が変化していきゆくゆくは内臓の病気になってしまうということが多くあるのが肩こりです。

肩こりと言うと簡単に考えてしまいがちなんですがどうして肩こりが起きているのかということがありますのでカタクリの第一の原因として考えられるのは心臓のヒーローなんですが病気ではなく心臓が弱っているということで理解してもらえればありがたいですが心臓が弱ると背骨の上の方が歪みやズレを起こしていき歪みやズレを起こせば筋肉は緊張してこりになります。

しかし心臓の疲労が一時的なものではなくそれが早く取れないとまた減らすことができないと細胞の変化が行われて行き最終的にはいつかはもしかしたらですが心臓の病気になることも多いと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

小倉北区肩こりを解消いたします。