肩こりを楽にしていくために

肩こり

肩こり を楽にしていくためには肩こりの原因になっているものから改善していかないと肩こりは良くなりません。

肩こりと言うと筋肉のこり ですが、その肩コリを 起こしている筋肉と言うのは僧帽筋という筋肉です。

僧帽筋という筋肉は首の付け根から頭の部分から肩から背中まである大きな筋肉なのでこの筋肉が硬くなったり緊張したり掘り起こすことが肩こりということになります。

しかし僧帽筋という筋肉が凝りを起こすのかというわけがありますので何も理由がなくて肩こりが起きることはありません。

僧帽筋のコリが起きる時には僧帽筋がこりとして感じる原因がありますのでその原因から改善していかない限りはいくら湿布を貼ったりマッサージをしたり低周波治療器などをかけたりしても 対症療法的に何をしても一時押さえにはなりますが原因はすべて残ったままになっています。

本当に改善していかなければいけないのは原因なので 一時押さえばっかりしていると原因はどんどん進行していきます。

肩こりと言うと

肩こりと言うと何でもかんでも筋肉というイメージが強いため筋肉ばかりに注目してしまってどうして筋肉が凝りを起こしているのかと言う理由を探ることも専門家でさえもしません。

探ることをしないために対処療法ばかりして湿布などを貼ったりサプリメントや薬を飲ませたり注射をしたりマッサージをしたり 電気などをかけて一時的な 肩こりを解消しているだけです。

肩こりには肩こりになるだけの理由があって肩が凝っていますので対処療法ばかりしていると一時的な肩こり解消法なのでその裏にある原因を知ろうともしないで一時抑えばっかりしていると肩こりは悪化して悪くなることが多くあります。

肩こりには原因があります

肩こり指はすべて原因がありますのでどうして筋肉の凝りが起きているのかということを探らないといけませんが多くの場合は肩こりを勘違いしている専門家の方も多くいます。

肩こりと言うとストレートネックだから肩がこるだとか猫背などで肩がこるとか姿勢が悪いから肩がこるのかということを説明する専門家の言う こともあります。

しかしいくらストレートネックだからといって肩コリがあるわけではありません。

猫背だからといって肩こりが起きるわけではありませんしどうして猫背が起きるのかというわけがあります。

見た目で見て肩こりが起きるからといって色々な難癖をつけるのはやめて欲しいところですが原因と言うのは見た目で見て探ることは大変難しく簡単ではありません。

こりを解消するためには

こりを解消していくためにはまず筋肉のコリをほぐしていく必要もありますが筋肉のこりだけほぐしても通して筋肉が凝っているのかということの理由がありますのでその理由から探っていかなければいけませんが多くの場合は歪みが重なって筋肉のこりを起こしています。

しかし背骨の歪みなども通して背骨のゆがみが起きているのかということがありますのでその理由も探っていく必要がありますがこれも簡単な検査でわかるものではありません。

肩こりと言うと筋肉のこりというイメージが強いためどうしても筋肉の凝りばかり治療していることが多くありますが本当の肩コリの理由があります。

肩こりが起きるメカニズム

肩こりが起きるメカニズムがありますのでそれを説明をします。

肩こりになる時には体に多くの疲れやストレスが溜まった時です。

この疲れやストレスと言うのは簡単に体に溜まったと言いますが体のどこに溜まっているのかということが一番の理由になります。

疲れやストレスと言うのは筋肉にもたまりますが最終的には内臓に溜まって内臓疲労から歪みが起きて行きます。

内臓疲労ですから内臓の病気と勘違いしないで欲しいところです。

まず疲れやストレスが内臓にどんどん蓄積して自分の体の弱い所から 疲れやストレスが溜まっていきます。

人それぞれ弱いところは違いますが内臓というのは強いと言うよりも 弱いところとそうでもないという内蔵のところがあります。

そうでもない内蔵と言うのは疲れやストレスはたまりにくいのですが弱い内臓というのは疲れやストレスがすぐ止まってたまることで歪みを起こしていきます。

このたまる 疲れやストレスと言うのが内臓疲労を起こして内臓と言うのは体の中にありますので体の中から歪み何が起きて行くと言う事になりますのでそれが骨盤や背骨のまた首の骨のズレやゆがみを起こしていきます。

背骨の歪みはずれが起きればまた首の骨の歪みはずれが起きれば筋肉は骨から骨にくっついているので歪みを起こすことで筋肉が緩んだり緊張したり 引っ張られたりしてこりを起こしますからこれが肩こりになります。

いくら筋肉ばかり解そうとしても歪みが残ったままだしその歪みを起こした内臓疲労から改善していかないと歪みは元通りには戻りません。

北九州市小倉南区、小倉北区と八幡東区や八幡西区と戸畑区と若松区と行橋市と門司区、下関市などから多くの方が肩こりが楽になるために訪れています。