肩こりを楽にしていくためには

肩こりを楽にしていくためには肩こりの原因になっているものから改善しないと 繰り返し起こりやすく 戻りやすくなっていきます。

肩こり と言うと、どうしても筋肉のこりというイメージが強いために 専門家の先生でさえ筋肉ばかりに注目してしまって 治療している場合が多くあります。

多くの治療するところで肩こりを楽にすることをしていますが色々な肩こり解消法があります。

運動することでも肩こりを良くする方法もあるかと思いますし ストレッチをして肩こりを楽にするという方法もありますし 呼吸法を使って肩こりを楽にする方法もあったりして 家族とかに肩こりを揉んでもらったりして楽にして行く方法や 湿布などを貼って楽にする方法や 病院で注射などをうったりして楽にする方法や サプリメントや肩こりを楽にするという薬なども 販売していることもありますがどれもこれも抽象的で対症療法にしかならないと思っています。

対症療法というのは原因を見つけることなく肩こりのある部分に対して何かをするということなんですが原因は関係なく 対症療法的にしているだけだから対症療法と言います。

対症療法

対症療法というのは多くの治療院でしている方法ですが 肩こりと言っても、ただ肩こりを感じるているところだけを治療する 方法を言います。

対症療法という方法は 簡単です。

一番簡単な方法が対症療法です。

しかし対症療法ばかりしていては肩こりを起こしている原因はどんどん進行してしまいます。

肩こりは必ず原因があって肩こりを起こしていますので体が起こすボディランゲージつまり警報が肩こりなんです。

警報が鳴っているのに 確認もしようとしないで警報のスイッチ遮ってしまえば治ったと思わせることが対象療法です。

当院では原因から改善していくようにしています。

原因から改善していくためには原因を見つけていくことから始めなければいけませんので検査することを重要視しています。

検査すること

当院では何よりも検査することを重要視してするようにしていますので検査をしてみないとどういう風になっているかどうこうから肩こりが起きているのかということを探ることもできませんので当院では検査することをしています。

病院でも検査をして病気を発見することをしていますので 肩こりは病気ではありませんが 検査することでいろいろなものが見えてきたり分かってくるということもあります。

病院で行う検査というのは尿検査や血液検査やレントゲン検査などをしていますが当院ではそういうことをして検査するわけではありません。

もし尿検査や血液検査やレントゲン検査などで異常が見つかればそれはもう病気になっていますから当院では病気の検査をしているわけではありません。

検査をしてみると

当院では検査をすると説明したように 検査することで色々なものが分かります。

例えばですけど筋肉のコリが本当に起きていて肩こりになっているのかという検査をすることもあります。

リンパの流れが悪くなって老廃物が多く溜まっているのかという検査することもしています。

そして筋肉のコリもあるけどその筋肉のコリが、どうしてどこから起こっているのか起きているのかということを探る必要もありますからそれも検査することで見つけて行きます。

何よりも検査をしてみないと 原因も分からなくて低周波治療器などをかけたりすることが 治療ではありませんので原因を見つけて 原因を改善していくことをしています。

肩こりは

肩こりを治療していく時には筋肉のこりから 改善していくようにしています。

筋肉のコリを改善するためにはマッサージをしたりもんだりして コリを解消していくようにしていますが その先に ある目的で 筋肉を揉んだりマッサージするということをしていますのでマッサージで止まることはありません。

肩こりがどうして起きたのか筋肉のコリがどうしてどこから起きたのかということを探っていく必要がありますので筋肉だけで起きている肩こりはあまりありませんから理由を探して行くようにしています。

歪みやズレから

多くの肩こりは歪みやズレから起きていますので歪みやズレが起きれば筋肉は緊張したり引っ張られたりしてこりを起こしてコリを起こせばリンパの流れも悪くなって循環も悪くなって老廃物が多く溜まっていきます。

リンパの流れも何も原因がなくてリンパの流れが悪くなって老廃物が溜まったりすることはありませんのでリンパの流れがどうして悪くなっているのかということを探らなければリンパ療法をいくらしても同じです。

一般的にリンパ療法と言っている治療がありますが オークワマッサージをしていますのでマッサージも強いのと弱いのと軽いのといろいろなマッサージがありますからリンパ療法と言っても表面上のリンパをさするようにしてマッサージしているだけですから。

リンパの流れを停滞してしまって老廃物が多くなっていくのも理由があって起きています。

肩こりは歪みやズレから

肩こりが起きる場合は必ず歪みやズレが起きて肩こりになっていますので 歪みやズレが起きればバランスが悪くなって筋肉が緊張したり引っ張られたりして 筋肉は硬くなったりコリを起こします。

しかし中枢神経系や 脊髄を守っている背骨がどうして歪みを起こすのかということがありますので 歪みを起こせば起こすほど脊髄を守れなくなって脊髄も軋轢が生じてしまいます。

背骨というのは中枢神経系の脊髄が入っていますのでそれを守る役目を負う背骨が簡単にずれたりしたら大変なことです。

姿勢、猫背などで 背骨がずれることはありませんのでどうして姿勢が悪くなるのかどうして猫背になるのかということが原因にあります。

歪みやズレが起きる原因

歪みやズレが起きる原因は体に溜まった疲れやストレスが原因です。

しかし内臓の病気と違って疲れやストレスというのは検査することもできず自分で感じることしかできません。

疲れやストレスを自分で感じることが一番なんですが疲れやストレスはどこに溜まっていくのかと言うところが本当の背骨の歪みはずれの原因になります。

人は 多く使う言葉で疲れた とか ストレスが溜まった と言いますが 疲れとストレスは 同じ言葉です。

この疲れやストレスがどこに溜まっていくのかというのが問題になるわけです

疲れやストレスの蓄積

疲れやストレスの蓄積というのはどこに溜まっていくのか。

それを答えられる専門家の先生も少ないくらいですが当院では 疲れやストレスの溜まって言ってるところが検査することでわかります。

疲れやストレスというのは 多くなればなるほど 限界なく際限なく溜まっていくのが疲れやすいですですが この多くがある内臓に溜まっていきます。

ある内臓というのは自分の体の中にある弱い内臓です。

内臓にも弱い内臓と そうでもない内臓があります。

そうでもない内臓は疲れやストレスが溜まりにくく弱い内臓ほど疲れやストレスを溜めやすくなります。

この弱い内臓が先将来の病気になりそうなところなんですが 今はまだ病気ではありませんし内蔵も異常がなくて健康です。

しかし 異常がないだけで本当は元気ではありません。

弱い内臓はいつもいつも弱っていますしへばっていますし疲れやストレスを溜めたりプレッシャーを感じています。

弱い内臓に疲れやストレスが多く貯まれば貯まるほどそれが減らないとどんどん老化が早く急速に早くなってしまって先将来の病気につながります。

先将来と言っても後はいつなのかということになりますから半年先かも分かりませんし1年先も分かりません。

またもっと先かも分かりませんがいつか起こすかというよりもどれぐらい老化が早く急速になるかということで違います。

単純に肩こり といっても 全てに関係してしまいますので 今は病気ではなくても先将来の病気になりそうな所が肩こりになっています。

先将来の病気になるということではなく進行度合いが全てに関係しますので 病気になる確率が上がるということであり病気になる確率が高くなるということであり病気になると言っているわけではありません。

北九州市小倉北区と小倉南区で肩こりを改善して30年。

当院は「北九州 肩こり」、「北九州市 肩こり」と「小倉南区 肩こり」と、「小倉北区 肩こり」と「小倉 肩こり」、「肩こり 小倉」などの検索でも人気があります。