肩コリを楽に

肩こりを楽にしていくことをしていますが肩こりと言うと筋肉のコリというイメージが強いんですので筋肉のこりから改善していくようにしています。

肩こりを起こしている一般的に思われている筋肉の名称は僧帽筋という筋肉ですからこの僧帽筋の緊張という状態でこりが起きていますので筋肉の緊張から改善して柔らかくしていくことをしてリンパの働きを改善して老廃物の蓄積を減らすことをして循環を良くしていきます。

この肩こりを起こしている筋肉の僧帽筋は首の付け根から肩から背中まである大きな横の三角形を下した、筋肉です。

特に上の方の筋肉が緊張したりすることが肩こりになる原因だと思われています。

僧帽筋の中では上の方の筋肉の凝りということで肩こりが起きますので上部僧帽筋のコリが肩こりになります。

上部僧帽筋というのはいつも形を維持する筋肉ですから使うことが多くありますので日常的に使っていることの蓄積が筋肉のコリを起こしているということです。

休めることなく使われる筋肉

筋肉の連続使用においての疲れやストレスを改善できないことが原因で筋肉疲労が大きい筋肉が疲労することで筋肉は硬くなったり緊張したりということは起こりますので、これが肩こりになります。

いつもいつも使う筋肉ですけど人は明るいうちから改善して減らそうともしないでいつもいつも使うことばかりですから使うことが多くなればなるほど筋肉疲労が起きていき筋肉が緊張した状態や硬くなった状態が起こり、肩こりになります。

1度、筋肉疲労が起きて肩こりになってしまうとなかなか自力では改善できない状態が多くありますので改善するのに手助けをすることをしていきます。

大変多くの方が筋肉疲労を起こしていきいつもいつも使うことが多くなりますので 毎日の生活でも腕や肩を使うことが筋肉疲労を起こしている原因にもなります。

仕事でもデスクワークでも多くの方が腕や肩を使うことをしていますので特別重たい物を持ち上げたりしなくてもいつも力が入って動かすことで筋肉疲労が積み重なっていきます。

最近は多くの形が携帯やスマートフォンを扱うことが多くなっていますのでスマートフォンを扱ったり操作することでも肩や腕に筋肉の力が入っていますので筋肉の連続使用において肩こりになります。

何をしても疲れやストレスが溜まる

家で横になっている時にて枕することが多くなったり 肘を立てて頭を支えるなどをしたりとか専用の寝る枕ではない状態で寝ていたりすると筋肉が緊張したりしていきますので筋肉の緊張状態が起き肩こりに進展していきます。

何気なく何も考えずにしていること自体が肩こりを起こす原因ということもあります。

美味しい食事を作る時でも包丁を動かしたり野菜を切ったりすることでも肩や腕の緊張が大きい連続使用において筋肉の疲労が起こり肩こりになります。

洗濯したら洗濯物を干そうとしたりしますので干す時でも腕や肩の連続使用において肩こりに進展するということも考えられます。

掃除をしようと思って部屋をきれいにする時でも肩や腕を使うことが多くありますので肩や腕を使えば使うほど筋肉疲労が溜まっていきます。

筋肉疲労が積み重なっていくことばかりありますが我々はこの筋肉疲労を改善するということをしていません。

生活上でもかなり多くの腕や肩を使って力が入ることをしていますので力が入ることで筋肉が使われていますので筋肉が使われることが筋肉疲労に繋がっていきます。

肩の筋肉の疲労が

野球選手のピッチャーでも肩を使うことがありますので投げることで肩を酷使するということが起きていますから肩を酷使することの連続使用で筋肉が疲労していきますのでかたを冷やしているということがありますけど肩を冷やすということをは炎症を止めるということだけです。

普通一般的に生活している方は野球選手のピッチャーほど肩を酷使するということがありませんので 筋肉の疲労を改善していけば、軽いうちから改善していくことをしていけば肩こりは起きなくなると思います。

運動やストレッチなどをすることでも筋肉疲労は重なっていきます。

確かに肩や腕を動かしたり使うことで循環を良くなってリンパの働きは改善していくと思いますが多分その時だけだと思います。

何かをすることや運動やストレッチをすることでも循環が良くなればいいかと言うとそうではなく何か動かしたりすることで疲れやストレスが生まれるということは誰も多くを語りません。

筋肉も人と同じように疲れやストレスを溜めるということは多くありますから疲れやストレスを溜めてしまえば固くなるということが起きますので硬くなれば緊張するということにもなりますから、これが肩こりになります。

肩こりを起こしている筋肉が緊張したり硬くなることで背骨の歪みが起きてしまうということもありますから背骨が歪んだりする前に 筋肉のコリを改善していかなければ肩こりを解消することはできません。

肩こりと言うと湿布を貼ったりすることもありますが親父というのは炎症を抑えたりすることが有効な手段ですから筋肉のコリや炎症などを改善することができると思いますがそれだけ連続使用していると湿布では効果がなくなってしまいます。

疲れやストレスの蓄積

肩こりと言うとマッサージをするという方も多くなっていますが家族がいれば家族の方に揉んでもらうのもいいかと思いますが 自分一人の場合はグッズを使ったりすることも多くあり、またお風呂に入って運動したいということもありますが何をしても疲れやストレスは生じてしまいます。

疲れやストレスを多くなるということが一般的に普通に肩こりを改善すると思われていますが 運動してもストレッチをしても筋肉疲労が多くなっていくということはありますしほぐれるというよりもその後に生まれるものは疲れやストレスです。

肩こりを起こしている最大の原因というのは筋肉に蓄積していく疲れやストレスですからこの筋肉にたまってしまった疲れやストレスというのは普通であればホルモンが改善していかなければいけないレベルです。

しかしなにかの状態が起きていてホルモンが正常に働かないということから肩こりの筋肉がいつまでもこりを起こしているということも考えられます。

肩の筋肉が凝りを起こし出すと副腎から出るホルモンが出てそのコリを改善してくれると 言われています。

肩こりを起こしている筋肉がどうしてホルモンで改善できないのかということには理由があります。

肩こりを改善しようと思うなら筋肉のコリから改善していくことを知っていますが筋肉のコリもどうして起きたのかどうして改善できなかったのかという理由があります。

理由を見つけて筋肉のコリを改善していくようにしています。

多くの場合肩こりには筋肉のコリや緊張やかたさだけで肩こりが起きることはなく初めに歪みが起きて歪みから骨から骨に筋肉はくっついていますので骨が動くことで筋肉は引っ張られたり緊張したりということが起こりますからこれが肩こりになるというのが院長の見解です。

筋肉が先ではなくある部分に疲れやストレスが溜まっていることが原因で歪みが大きい歪みが起きることで筋肉は引っ張られたり緊張したりということで肩こりに繋がっていきます。

ある部分に溜まるというのは疲れやストレスが溜まる理由ですけど疲れがストレスが溜まる部分というのは内臓です。

内臓と言っても何でもかんでも病気と思うのはやめてください。

疲れやストレスというのは 体にもたまりますが筋肉にもたまりますがさらに内臓にも多く溜まっていくということがあります。

 

 

小倉北区からも多くの方がを楽にする為に訪れています。

肩こり を楽にしてることをしています。