腰痛を楽にしていくためには

腰痛 を楽にしていくためには 湿布を貼ったりしても楽になることもありますが腰を揉んでもらってもマッサージしても楽になることはありますが低周波治療器などの電気で腰痛が楽になることもありますが 病院で痛み止めの注射などを売ったりしても楽になることはありますが ドラッグストアなどで サプリメントを飲めば腰痛が楽になることもありますが 一時的な痛み止めばかりしていると 原因はどんどん進行してしまって 腰の痛みがないときでも腰痛がないときでも原因は進行してしまって違う形として 出てきます。

腰痛や腰が痛くなる時には切っ掛けが必要ですから、切っ掛けというのは重たいものを持ったり、中腰をして立とうとして腰が痛くなったり、前かがみをしていたら腰が痛くなったり、靴下を履こうとして前にかがんだら腰が痛くなったり、車の運転を長くして座っているだけで腰が痛くなったり 色々なきっかけがあります。

例えばですけどきっかけの一例としてもうひとつあげることができればくしゃみしただけでも腰が痛くなったり朝起きたら腰が痛くて動けなかったりという方もいるくらいですから 何かが起きているから腰が痛くなると考えた方がいいと思います。

どんな姿勢をしても 全てはきっかけです。

切っ掛けであって原因ではありません。

きっかけと原因が重なって腰痛や腰の痛みを起こしますのでどちらかが欠けても腰痛や腰が痛くなることはありません。

腰痛や腰の痛みを起こしている原因は切っ掛けともう一つは骨盤の歪みや開きにあります。

骨盤の歪みや開きというのは誰でも起きているものですから 骨盤の歪みや開きがないという方はいません。

骨盤の歪みや開きが起きていても 何も感じませんし痛みやコリもありませんし腰痛などはありません。

骨盤の歪みや開きというのは程度と言うか段階があって大きくなればなるほど痛みやこりに繋がりやすく 腰痛に限らず骨盤の中に入っている内臓を全ては 働きが低下していきます。

骨盤の歪みや開きというのは日々変わっていますから大きくなったり小さくなったり しています。

骨盤の歪みや開きが限界を超えた時に悪い姿勢をすると腰痛や腰が痛くなります。

限界を超えない時には腰が痛くなったりぎっくり腰などが起きたりすることもなく同じ姿勢をしても痛めることはありません。

必ず限界を超えた時に悪い姿勢をすると体を支えられなくて腰が痛くなったり腰痛になります。

ではどうして骨盤の歪みや開きが起きるのか?

何をしたら骨盤の歪みや骨盤の開きが起きるのか。

骨盤の歪みや骨盤の開きも原因がなくて起きることはありませんのでどうして起きるのかという原因を見つけていく必要があります。

骨盤の歪みや骨盤の開きがある時に 重たいものなどを持つと腰が痛くなります。

骨盤の歪みや骨盤の開きがある時に 庭仕事などで中腰をして立とうとした時に体が支えられないで腰が痛くなります。

骨盤の歪みや骨盤の開きがある時に 前かがみの姿勢をすると体を支えることができないで腰痛になります。

骨盤の歪みや骨盤の開きがある時に長く座っていることで疲れてしまって骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくなって腰が痛くなります。

長い間、立ちっぱなしをしていると骨盤の歪みがある方は、骨盤が徐々に歪んでしまって腰が痛くなって行きます。

骨盤の歪みや骨盤の開きがある時に前かがみになって靴下を履こうとした時に骨盤の部分で体を支えることができないので腰が痛くなって腰痛になります。

骨盤の歪みや骨盤の開きがある時に くしゃみをしただけで腰が痛くなって腰痛になります。

骨盤の歪みや骨盤の開きがある時に 長く歩いていると徐々に骨盤の開きや骨盤の歪みが大きくなって行き腰が痛くなって腰痛になります。

根底にあるのは骨盤の歪みや骨盤の開きですが何も原因がなくて骨盤の歪みや骨盤の開きが起きることはないということです。

何かの原因があるから骨盤に問題が生じています。

骨盤の問題を起こしているものは何なのかということを見つけていかなければいけません。

しかし腰痛や腰の痛みというのは 湿布を貼っても楽になることはありますから楽になったら腰痛が治ったと勘違いしている方がいます。

急激な痛みを 楽にしたら腰痛が治ると思うことは 早計です。

腰痛としてではなくまた悪化させることもありますが悪化してしまうと椎間板ヘルニアや坐骨神経痛になって行くことも多くあります。

椎間板ヘルニアや坐骨神経痛というのも特別なものではなく誰でもいつでも起きても不思議ではないものです。

骨盤の歪みや骨盤の開きが起きている原因は

骨盤に問題を 起こす時には内臓疲労が起きていますので内臓疲労が起きると筋肉バランスに影響を出してしまって筋肉から骨が歪んだりズレたりします。

内臓といっても多くの内臓がありますが腰痛に一番関係してしまってまた骨盤の問題を起こす内臓というのは腎臓です。

腎臓といっても病気ではありませんから何でもかんでも病気というのを結びつけることはないようにしてください。

腎臓に疲れやストレスが溜まることで骨盤は徐々に歪んでいき大腰筋腸骨筋という筋肉のバランスがさらに悪くなっていくと 骨盤の歪みや開きが徐々に大きくなっていきます。

骨盤の歪みや骨盤の開きが徐々に大きくなって歪みが最大になった時に重たいものなどを持つと腰痛や腰が痛くなります。

腰痛を起こしている方の多くは同時進行で筋肉や靭帯の炎症や骨盤の歪みや骨盤の腫れなどが起きていますし筋肉バランスが悪くなっていることが あって腎臓も腫れ上がっていることが起きています。

腎臓というのは腰の上の所にあって肋骨のあたりにありますから肋骨の一番下の辺の辺りが腎臓の位置になります。

その部分を触ると熱を持っているという方もいますので触れば分かることもありますし大きく腫れ上がっていると触っただけで炎症がわかるということもあります。

筋肉や靭帯の炎症や腫れを解消したら 骨盤の歪みや骨盤の ヒラキなどを改善して 腎臓の働きを良くするように腎臓が腫れが治るように持って行きます。

中には骨自体が炎症起こしたり骨が腫れ上がってるという方もいますのでどこの骨が腫れ上がっているのか、どこの骨が炎症を起こしているのかということを探さなければいけません。

最近は多くの方が体調が悪く体調が悪すぎる方が多くなっていますので、体調の悪さを感じていませんしか考えていません。

当院では体調を検査することができますので検査をしてみるとどういう状態になっているのか骨盤の歪みや骨盤の開きがあるのか筋肉や靭帯の炎症や腫れがあるのか 腎臓の問題があるのかということを検査することができます。

体質改善の治療

体質改善という治療がありますが体調が上がって整えてくると体質改善の治療をして細胞レベルから腎臓を若返らせることができます。

内臓というのも人の体には弱いところとそうでもない内臓というのがありますから弱い内臓ほど疲れやストレスが溜まりやすく疲れやストレスが溜まると病気に近づこうとしますが完成してしまわないと病気という認定は受けることができません。

病気になっていくのも1日や十日で病気になることはなく半年でも1年でもなく5年や10年でもなく15年から20年かけながら徐々に病気になって細胞の変化が行われていきます。

簡単な体質改善というのはありませんから体質改善はして腎臓を若返らせることができればよく働くになって繰り返しにくく先将来の病気の可能性を減らすことができますけど病気として治療しているわけではありませんし体を治していくことの治療をしています。

 

小倉北区からも多くの方が訪れているカイロプラクティック徳力整体院は、 腰痛 の改善をしています。