腰痛を楽にするためには

腰痛 を楽にしていくにはいろいろな方法があると思いますが 腰の痛みを楽にしていくためには湿布を貼ったりしても楽に感じることができますし 腰の部分をマッサージすることでも腰痛が楽になることもありますし病院に行って注射を打ってもらっても痛み止めが効いて楽になることもありますし 鍼灸さんに行って腰痛が楽になることもあると思いますし 低周波治療器などをして腰痛が楽に感じることもあるかと思います。

腰痛が起きる時には切っ掛けと原因が二つ揃って起きています。

腰痛を起こす切っ掛けというのは、

重たいものを持とうとして急に腰が痛くなって腰痛に進行した。

車の運転で長く座っていると腰が痛くなって腰痛になった。

寝ていると朝起きたら腰が痛くて動けなかったり 痛みが強い。

靴下を履こうとしたら腰が痛くなって腰痛になった。

ズボンを履こうとして急に腰が痛くなって腰痛に。

くしゃみをしただけで腰が痛くなって腰痛に。

何かを取ろうとして手を伸ばしただけで急激に腰が痛くなって腰痛に。

野球をしていてバットを振ったら腰が痛くなって腰痛に。

ストレッチをしていたら腰が痛くなって腰痛になった。

アグラを組んで座っているだけで腰が痛くなって腰痛に。

横座りをして座っているだけで腰が痛くなる。

座椅子に座っているだけで腰が痛くなって腰痛に。

ストッキングを履こうとしたら腰が痛くなって腰痛に。

子供を抱っこしようとしたら腰が痛くなって腰痛に。

色々な腰痛がありますがこれらは全て原因ではなくて切っ掛けです。

切っ掛けと原因が両方揃った時に初めて痛みが起こりますので両方が揃わない限りは痛みは起こりません。

腰痛を起こす原因と切っ掛け

腰痛を起こす原因というのは骨盤の歪みや骨盤の開きなどの骨盤の状態が不安定になっている時です。

骨盤の歪みや骨盤の開きがあって骨盤自体が不安定状態になっていると体を支えることができませんので体が支えられない時に 中腰をしたりして急激に腰が痛くなって行きます。

一度、腰痛を起こした方は繰り返し安く一年に一回家数年に一回腰が痛くなってくるという方もいますし、いつでも腰が痛いという方もいますし時々腰が急に痛くなるという方などのいろいろな方がいます。

腰が痛くなる時には骨盤の歪みや骨盤の開きがある時に 重たいものを持ったりすることで腰が痛くなって行きます。

腰痛が起きる時には必ず骨盤の歪みや骨盤の開きがありますがどうして骨盤の歪みや骨盤の開きが起きているのかということも原因があるから歪みや開きになっています。

何も原因がないのに骨盤の歪みや骨盤の開きが起きることはありません。

姿勢が悪くても骨盤の歪みが骨盤の開きが起きるということはありません。

骨盤の歪みや骨盤の開きが起きる時には必ず体に蓄積するあるものが多く溜まった時です。

体にたまるあるものというのは普通一般的に誰でも使っていることが多いものですから特別なものではありません。

しかし、この たまるものをほとんどの方は簡単に考えています。

体にたまるものとは

体にたまる多くのものの中で一番の骨盤の歪みや骨盤の開きを起こしている原因として挙げられるものは疲れやストレスのことです。

疲れやストレスというのは 多くの方が意味が分からない状態で使っているのがストレスなんですがストレスというのは体に溜まった疲れや疲労のことを言いますので疲れやストレスということは同じことになります。

しかしわかりやすいようにしていくために疲れやストレスという風に入っていますので勘違いしないでください。

いつでも生きている限りは疲れやストレスと関係を断つことはできません。

生活している限りは疲れやストレスは必ず生じて多くなるものです。

仕事をしている時にも疲れやストレスがどんどん増えていきます。

運動をしている時でも疲れやストレスが多くなっていきます。

睡眠時間が足りなくて 寝不足状態でも疲れはストレスが多くなります。

美味しいものを食べる時でも食事をする時でも評価することで内臓が動いてくれているので疲れやストレスは大きくなります。

疲れやストレスというのは避けて通れないものですが溜まっていくばかりの疲れやストレスを人は簡単に考えて少ないうちに減らそうとする努力をしていません。

ほとんどの方が疲れやストレスを 多さを考えもせずにどれくらい蓄積しているのかどれくらい疲れやすレスの借金をしているのかということを考えることもなく一乗生活を送っています。

野球選手なんかはピッチャーで言うと投げ終わった後に筋肉を揉んでもらうことをトレーナーさんにしてもらって次の登板に控えています。

疲れやストレスというのは

筋肉に溜まる疲れやストレスを少しでも軽くしていこうとしていますがこの軽くすることができないと次の当番が筋肉疲労からうまくコントロールできなくなって変なところに入ってしまい ストライクよりもボールの数が増えてしまったり打たれることがあります。

しかし 疲れやストレスというのはトレーラーさんに揉んでもらうだけで解消ができるのかということも疑問ということもあります。

多くの方が生活上で生じてしまって多くなった疲れやストレスを蓄積するところも考えもせずに生活している場合が多いようですが疲れやすレスは体に溜まったということを言いますが体のどこに溜まるのかということが一番の問題になります。

生活上で生じてしまって多くなった疲れやストレスは大変積み重なっていきどんどん多くなって限界なく重なっていきます。

疲れやストレスというのは限界なく蓄積していきますので 限界なく蓄積したものがどこに溜まっていくのかということが一番の問題になっていくわけです。

疲れやストレスというのは 限界なく溜まっていきいつかは返すことができないほど多くなっていき多くなればなるほど体の変化が起きていきます。

細胞レベルの変化があると 大変なことに

体の変化が起きるということは細胞レベルの変化が起きていき何か形が違ったものとしておきていくということを言っています。

腰痛というのはどうして骨盤の歪みや骨盤の開きが起きて人体筋肉は炎症起こして腫れ上がったりすることで痛みになっているのかということの裏側にはしっかりとした原因が潜んでいますので原因から見つけていく改善をしないと本当の意味で腰痛を改善していることにはなりません。

腰痛には腰痛になる原因と潜んでいる原因が関係しています。

腰痛を起こしている時には痛みとして起きて感じていますが痛みとして感じる時には必ず炎症や腫れが潜んでいますので炎症や腫れから改善していかなければ急激な痛みは改善していきませんしその上骨盤の歪みや骨盤の開きがあったりすると筋肉や靭帯のバランスが悪くなっているだけではなく炎症を起こしたり腫れたりということが起きていきますし 骨盤の歪みから起きる背骨のずれというのも関係して椎間板ヘルニアになっているという方もいます。

そしてさらに 椎間板ヘルニアだけではなく背骨や骨盤の骨自体が炎症を起こしたり腫れたりということも起きている方もいます。

当院では検査をすることをしていますので検査をすることで色々な状況がわかってきますが検査をしてみると骨まで炎症や腫れというのは普通は起こりませんが 普通では起きないことが起きているのが最近の世の中です。

酢は骨の炎症や腫れという言葉怒りませんが最近は多くの方が骨の炎症や腫れが起きて息骨が膨張した状態で腫れ上がっていて骨自体の形が違っているという形まで多くなっていますので骨が形を違ええば椎間板を潰してしまったりしたり神経の圧迫状態が取れないという方もいます。

 

小倉北区からも多くの方が 腰痛 を楽にすることをしています