腰痛を解消

腰痛 を楽にすることをしています。

当院では 腰痛を楽にしたら 原因を見つけ出すことをして改善していくようにしています。

必ず腰痛には原因が潜んでいますので急激な痛みを抑えたからといって楽になったということはありますが治ったわけではありません。

腰痛がさらに悪化したものが椎間板ヘルニアなどになっていくこともありますので椎間板ヘルニアになってしまうと長期間腰痛を繰り返したりいつまでも腰が痛いということが起こりますのでそういうのもしっかりとした原因があるから長期間悪くなっていますので原因を見つけ出すことで椎間板ヘルニアを改善することができます。

腰痛がさらに悪化したものが椎間板ヘルニアが起きて坐骨神経痛になるということもありますので悪化させる状態を作らないようにするためにも誰でもなることはありますから早めに坐骨神経痛に進行してしまう前に原因を見つけ出して治療することをしています。

必ず腰痛には原因がありますけど楽にすることと原因を改善するということは全然意味が違います。

腰痛には腰痛を起こす原因があるから腰が痛くなります。

腰痛を起こす時にはには仕事をしていて座って仕事をして立とうとした時に腰が痛くなったり、重たい物を持ち上げようとして腰が急激に痛くなったり、くしゃみをしただけで腰が痛くなったり、寝て朝起きたら腰が痛くて動けなかったり車の運転を長時間していると腰が疼くような感じで痛くなったり 靴下を履こうとして腰が痛くなったり横座りをしていて腰が痛くなったり、胡座を組んで座っていると腰が痛いとか、前かがみになって何かをしていたり掃除をしていたり洗濯物を干そうとしていて腰が痛くなったり色々な腰痛の原因と思われるものがありますが、これらは原因ではなく切っ掛けです。

何かをしていたら痛くなったということが原因のように思えるでしょうが実は原因は 別のところにあります。

骨盤の歪みと骨盤の開き

腰痛を起こしている方の原因は骨盤の歪みと骨盤の開きが原因です。

これは誰でもある現象なんですが日々大きくなったり若干小さくなったり変化をして段階が違います。

しかも腰痛を起こす原因の骨盤の歪みは骨盤の開きも、どうして起きるのかという裏側に原因があります。

骨盤の歪み、骨盤の開きがあるから体を支えることができないことをすると腰が痛くなります。

腰痛の最大の原因は骨盤の歪みや骨盤の開きから起きる背骨のずれが原因です。

骨盤が不安定な状態の時に体を支えられない姿勢をした時に急激に腰が痛くなったりするのがぎっくり腰です。

ぎっくり腰というのは中性状態で関節が大きいために痛みが強いですが捻挫と同じです。

手首や足首の捻挫と同じことですから首で起きる寝違えも首で起きる捻挫と同じですから原因は体調の悪さにあり眠れていないとか疲れやストレスが溜まっているということで起きて限界まで溜まった方がゆっくり腰や捻挫になります。

ぎっくり腰や捻挫が起きたら足首や手首が痛くなって捻挫をした方は体調がすごく悪いことが原因ですから間に合わせで湿布を貼ることも構いませんが休養をとることをお勧めします。

主に捻挫というのも足首の痛みや手首の痛みというのも疲れやストレスが溜まりすぎていたり寝不足状態が重なった状態で起きていますので心臓の負担から起きていることもありますから 痛みが起きたところを冷やしたり湿布を貼ったりするということも構いませんが心臓負担から起きることも多くあるので休養とったほうがいいと思います。

ぎっくり腰も同じことが言えるので体が疲れすぎてる状態をボディーランゲージで表しているのがぎっくり腰てすから体調が悪く疲れやストレスが溜まっていたり寝不足状態で脳が弱ったりしていることが原因ですからしっかりと休養とったほうがいいと思いますので間に合わせで9駅に強い痛みを抑えることなく休養をとらないともしかしたら心臓発作につながることも。

 腰痛を楽にする

腰痛を楽にするためには骨盤の歪みや骨盤の開きを改善して整えていくことをしてヘルニアがあるかどうかということを確認しながら歪みを矯正したりすることをしています。

最近は体調が悪い方が多いため骨盤の真ん中の骨や背骨の腰の骨が 炎症を起こしたり腫れたりとして骨盤が不安定になっているという方もいます。

普通は起きることはありませんが骨自体が炎症を起こしたり腫れ上がったりとして骨がジュクジュクになっているということで骨が弱くなっているので骨がヒビが入ったり折れてしまうということもありますので注意しなければいけません。

しかしレントゲンや病院などに行ってもこういうことはわかりませんので腰痛の専門家でなければ検査して見つけ出すこともできません

徳力とゲームでわかるのは骨の骨折やヒビがわかることもありますが椎間板ヘルニアがあるということでけん引したり湿布を貼ったり注射を打ったりブロック注射をしたりということが多くありますが原因は体に蓄積してしまった疲れやストレスです。

疲れやストレスというのは骨盤に多くたまりますが、ある部分に多く溜まりある部分に溜まることで骨盤が不安定状態が長期間続くということもあります。

疲れやストレスが溜まる場所は体のある部分に溜まることで腰痛のきっかけになります

疲れやストレス

疲れやストレスというのは筋肉にもたまりますが内臓に多くだまり内臓の腫れや内臓の働きの低下で骨盤の歪みや背骨のズレまたは椎間板ヘルニアが起きて行きます。

疲れやストレスというのは内臓に溜まることで起きて行きますが腰痛に関係する内臓というのは腎臓が原因ですけど腎臓といってもまたは内臓と言っても病気と言ってるわけではなく内臓に溜まった疲れやストレスが原因です。

疲れやストレスを簡単に考えてはいけません疲れやストレスというのは限界なく際限なく内臓に溜まっていきますから内臓が炎症を起こしたり硬くなったりして筋肉バランスを喪失してしまい骨盤が不安定状態になっていると長期間5年も10年も腰痛を煩わなければいけなくなります。

腰痛を楽にするために

腰痛を楽にしていくためには骨盤の歪みは骨盤の開きを矯正して整えることをして 背骨のズレやゆがみを矯正して腎臓の働きを良くしていくことです。

腎臓に蓄積した疲れやストレスというのは腎臓の働きを悪くしてしまい尿関係で出るかと思いますがにょう関係にあまり関係ない状態で腎臓の働き悪くなるということもありますから腰の肋骨の下の辺りを両側の手のひらで触ってみると出っ張っていれば腎臓の働きが悪いということがあります。

臓の働き悪い形は下向きで寝てもらうと 腰の少し上の肋骨の海辺のあたりが硬くなっていたりハレたり横に出っ張っていたり後ろ側に出っ張って張っているという方もいます。

腎臓の内臓の病気でもないのに腎臓の部分が横に出っ張っていて腫れて痛い後ろ側に出っ張っていたりということがありますので自分で腰の上の部分に手を当てて触ってみると固いところがあると思いますがそういう方は腰痛を繰り返し安く腰痛を長期間患う結果になります。

腰痛を楽にしてには腎臓の働きを上げて疲れやストレスを軽くしていくことで骨盤の歪みは骨盤の開きが安定していきますが体調からあげていくとも整えないと骨盤の骨の状態が安定していきません。

腰痛の部分を起こしている骨盤がどういう風になっているのかということを検査しながら整えていくことを痛くない方法でしています。

 

小倉北区腰痛を解消いたします。