腰痛を楽に

腰痛を楽にするなら基本的から。

腰痛を楽にしようと思うなら楽にすることばかり考えていないで原因を見つけ出すことをしていかないと繰り返しやすく腰痛や腰の痛みがない時でも原因はいつまでも同じままではありません。

腰痛を楽にする治療というのは色々な方法があると思いますが腰痛の原因を直していくまたは治療していく方法というのは簡単なものではないために 多くの治療院がしている所がありません。

腰痛を楽にしていく治療というのは湿布を貼ったりしても鎮痛効果で楽になることもありますし 病院に行って痛み止めの注射やブロック注射をしても一時的に痛み止めになって腰痛が楽になることもあります。

ドラッグストアなどで売っている腰痛に効くというサプリメントや薬でも 服用すると痛みが治ったりすることもありますから馬鹿にしたものではありませんが原因がありますので原因を変えて行くことをしないと繰り返しやすく一時的に腰痛の痛みが改善できても原因は残ったままになっています。

腰痛と言うとマッサージをしてほぐしてもらったりすることでも腰痛が楽になることはありますが筋肉をほぐしてばかりいても腰痛は筋肉から起きているものもあるでしょうが多くの腰痛は筋肉以外で起きていますのでその原因を見つけていかなければ根本的に改善することにはなりませんから一時的に楽になることばかりだと思います。

整骨院などで電気治療器や低周波治療器をしてもプラスからマイナスに低周波の電流を流して筋肉を刺激して筋肉を運動させて筋肉疲労を解消しようと思っていると思いますが実際には刺激を加えているだけですから筋肉疲労がさらに上澄みされた状態になり余計に筋肉が疲労してしまってわからなくなるということが低周波治療器では起こります。

他の整体院やカイロプラクティック院でも電気治療器がよりはマッサージよりはいいかも分かりませんが根本的な原因は背骨の歪みや骨盤の歪みだけではないのでその先にある原因を整えていくことをしないと繰り返し安く戻りやすく効果がなかったりということがあります。

腰痛を起こしている原因

腰痛を起こしている原因は骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のずれが原因なんですが背骨のズレや骨盤の不安定状態になっていると筋肉靭帯はすごい軋轢が起きていますので軋轢で支えることができているうちはいいんですが支えることができなくなってくる段階まで悪くなってしまうと急激に痛みを起こすのがぎっくり腰でやりぎっくり腰というのは急性状態で起きる捻挫です。

ぎっくり腰にならなくてもいつまでたっても腰が痛いとか腰痛が治らないとかいうことがありますのでこれらも全て骨盤の歪みと骨盤の開きそして背骨のずれが原因なんですがどうして骨盤の歪みや骨盤の開きが起きるのか背骨のズレが起きるのかという原因が裏側に潜んでいます。

腰痛や腰の痛みを悪化させたものが椎間板ヘルニアになったりして軟骨がまたは椎間板が正常な位置から飛び出てくることがありますので飛び出てくることが多くなったものがまたは悪化させたものが坐骨神経痛になり坐骨神経痛というのは足のしびれや足の痛みがあることになります。

腰痛には腰痛を起こす原因がありますので腰痛が起きる時には骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレがあるわけなんですがどうしてこれらが起きるのかという原因が裏側に潜んでいるからいつまでたっても腰が安定しなくて楽にならないということが多くなっています。

腰痛を起こす原因

腰痛を起こす原因として知られているものまたは分かっているものは体に蓄積していくあるものが原因なんですが市上的に多くの方がこれを分かっていない状態で使っていることが多くあるものです。

腰痛を起こす原因はまた骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレを起こす原因は体に蓄積していく疲れやストレスです。

疲れやストレスというのは体に蓄積していきますが筋肉にもたまりながらある部分に多く溜まっていくことで体の中から崩れていく状態が起きますのでこの崩れが骨盤の歪みや骨盤の開きになりそして背骨のズレが起き悪化させたものが椎間板ヘルニアや坐骨神経痛に進行して行っています。

腰痛や腰の痛みを起こす原因は 体の弱い部分に疲れやストレスが溜まっていきこの体に多く蓄積した疲れやストレスが原因で体は補正的に歪みやズレを起こし腰痛の原因になります。

腰痛を起こす原因

腰痛を起こす原因は 体に蓄積した疲れやストレスが原因なんですがこの疲れやストレスというのは多くなればなるほど限界泣く蓄積させていきますので蓄積したものが多くなればなるほど歪みやズレが大きく拡大していきます。

歪みやズレが大きく拡大したもので体を支えられない状態になった時に腰痛や腰の痛みを伴いいつまでも歪みやズレが改善できないと慢性化した状態になっていき治らないということが起こります。

腰痛を起こす原因は体に溜まる疲れやストレスなんですが体にも弱い部分とそうでもない部分がありますので、そうでもない部分は何も関係が起きにくいのですが弱い部分というのは疲れやストレスを溜めやすくなりますので体の内部から崩れていくということで歪みやズレが起こります。

腰痛を起こしている方は 弱い部分に疲れやすいですがたまりますのでこの弱い部分というのは 腎臓になります。

内臓といっても病気というわけではなく内臓に疲れやストレスがたまるということを言っていますので病気と何でもかんでも結びつけて考えることもなく内臓にも疲れやストレスが溜まります。

腰痛を起こすのは

腰痛を起こすのは腎臓疲労が原因なんですが腎臓が疲れれば疲れるほど疲れやストレスが溜まりやすくなり 腎臓に疲れが多く蓄積していくことで骨盤の歪みは骨盤の開きが起こり背骨のズレになりということで腰痛になっていきます。

腎臓というのは関係する筋肉がありますのでその筋肉というのは股関節についている二つの筋肉が原因なんですがこの筋肉というのは大腰筋と腸骨筋という筋肉が腎臓に関係する筋肉ですからこの筋肉のバランスが悪くなって崩れることが原因で骨盤の安定状態がなくなって不安定になりますので不安定な時に腰の痛みが起き腰痛になります。

腰痛が起きて治らなかったり慢性化した方というのは腰の部分の腎臓のある部分を触ると固く異常に張っている方や腎臓がぶよぶよしている方という方が腰痛を起こしています。

しかし硬く張っている腎臓でもぶよぶよになっている腎臓でも尿検査や血液検査で異常が出るということはありませんので病気ということではありません。

腰痛の形を楽にするためにはまずは周辺筋肉の炎症や腫れがあれば炎症や腫れを改善していくようにして骨盤の歪みや骨盤の開きを整えていき背骨の歪みやズレを改善してヘルニアがあればヘルニアを改善するようにしてそして腎臓の働きを整えてあげていくことをしていきます。

腎臓の働きが一番あげなければいけない問題なんですが疲弊していると数回から数十回ぐらい腎臓の改善に時間がかかってしまうということもあります。

腎臓が弱いから腎臓に疲れやストレスが溜まりやすいわけですから腎臓を変えて強くしていく方法がありますがこの治療法のことを体質改善という治療です。

体質改善という治療は腎臓を強くすることができる唯一の方法なんですが初回親痛みがまだある時には体質改善の治療というのはできません。

体質改善を行うための準備が必要ですからその準備というのは体を整えて楽にしていくことであり疲れやストレスの蓄積を少しずつでも減らしていくことで体調が上がってくるという治療をしています。

 

 

 

 

小倉北区腰痛を楽にするなら基本的から。