腰痛を楽にする

小倉北区から多くの方が訪れている当院は、腰痛を解消する時に楽にしたら原因も改善することができます。

つらい腰痛を楽にしていくことをしています。腰痛、腰の痛みには、どうして起きるのか原因があります。

同じことをしても腰が痛くなって腰痛になる方と、腰痛にならない方がいます。これには理由があります。

腰痛になる方は腰痛になる、腰痛が起きる因子があるから腰が痛くなって腰痛になります。

腰痛が起きる時には体調の状態と体質から起きています。腰痛が起こりやすい体質がある方が、体調を悪くしたときに腰が痛くなって腰痛になります。

そして

腰痛は2つの条件が重なった時に腰痛として起きています。

腰痛を起きている方、時々腰が急に痛くなる方、何をしても腰の痛みが取れない方、長くたっていると腰が痛い方、朝起きるときに腰が痛い方、デスクワークしていると腰が痛くなる方、中腰の姿勢が続くと腰が痛くなる方、長距離の車の運転で腰が痛くなる方などなど色々な腰痛があります。

これらには全て裏側に潜んでいる原因があります。何かをしたから痛くなると言う場合もありますが、何かをしたのが原因ではありません。

もう何かをする前にあることが起きていると、いつでも腰が痛くなる状態にあると言う事です。

腰痛には原因があります。

腰痛が長期間ある方や腰痛を繰り返しやすい方、すぐに腰が痛くなりやすい方 などは腰痛を起こしている原因から改善していかないと 腰痛はずっと悪いままです。

しかも腰痛を起こしやすい方は原因がありますのでその原因もいつまでも同じままではありません。

原因を見つけて早く原因を減らしていく治療をしていかないと、いつまでも腰痛は繰り返しやすく、だんだんと悪くなって行きます。

いつまでも対症療法ばかりをして一時しのぎばかりをしていると原因はどんどん進行していきます。

対症療法というのは原因は関係なくその時さえ楽になればいいという治療法です。

対症療法は湿布を貼ったりマッサージをしたり、 病院で痛み止めなどを売ってもらったり サプリメントや薬で腰痛を抑えようとしていたり、低周波治療器などをかけたり ボキボキしたり することです。

多くの治療が腰痛を楽にしているまたは直していると思われていますが原因があって腰痛が起きていますので原因から改善していかない限りは繰り返し安く原因もどんどん悪くなっていきます。

 

原因から変えていくことをしないと繰り返しやすく癖になります。しかも痛みがない時でも原因は進行していきます。この進行した物が先将来のトラブルになります。

腰痛は注射を打っても、マッサージしても、サプリメントや薬でも、低周波治療器や電器などをしても、他の整体院やカイロプラクティック院でボキボキしても、楽になることもあるかも知れませんが、これらは一時的なものです。

093-962-9133 携帯番号を用意して『ホームページを見た』と言って下さい

 

腰痛を楽にすることと腰痛を直すことは違います。

腰痛を1度でも起こした方は腎臓の病気になる確率が高い方です。腎臓の病気にならなくても腎臓関連の問題になる方です。例えば浮腫み、冷え、高血圧などが代表的なものです。

もちろん腎臓の病気に予備軍です。いやなことですがドキッとしたかも知れませんが、事実なんです。しかし、今はまだ病気ではありませんから病院にいって検査しても陰性で異常なしかも知れません。しかし、なりかけているときには病気ではありませんから通知の出ません。数値と言うのは徐々に上がる方もいますが、突然上がる方もいます。

病気になるのは数年かけながらなっていくので、そんなに短期間で腎臓の病気になることはありません。腎臓の病気になるのも10年くらいかかってなっていっています。少しずつ細胞が変化して悪くなっていきます。この悪くなりながら時々、腰痛、ギックリ腰を起こしています。

腎臓の細胞が変化しながら徐々に変わっていきます。あまりに腎臓の細胞が変わりすぎると困難ですが再生可能なうちでしたら体質改善という治療で少しずつでも変える事ができます。

腰痛がある方は、ほとんどが腎臓に疲れやストレスが一時的にたまって起きています。疲れやストレスと言うのは一過性で骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレを起こして腰痛を起こします。

しかし、疲れやストレスというのも減らすことをしないと腎臓の老化が急速に早まります。

そして何よりも腎臓を若返らせることをしていかないと、体も歳をとっていきます。

本当に腰痛といっても影でこんなことが起きているだなんて!!!!

もちろん腰痛を楽にすることは初めにしていきますが、楽にしたら終わりではなく、そこから始める治療があります。

この治療のことを体質改善の治療と言います。腰痛が楽になったら腰痛の原因を直すことができます。その為にも、まずは腰痛、腰の痛みを楽にしていくことです。

腰痛の原因はじん帯、筋肉の炎症の方もいます。急性期の時は、筋肉もじん帯も炎症を起こしたりハレたりすることもありますが、時々、骨が炎症を起こしたりハレたりすることも起きています。

骨がハレると骨自体が大きくなります。このことを骨の変形と言います。最近、時々、骨の変形まで起こした方が来れらています。

この変形は自分でも骨盤を触ればわかる場合もあります。

立って骨盤の骨自体を触るようにするとわかる場合もありますし、上向きに寝て骨盤を触るとわかることもあります。

この時に左右の骨盤を比べてみます。

多少の左右差があるのは普通ですが、自分でわかるくらいの左右差は異常です。

左右差がある方は筋肉やじん帯も引っ張られていますから、関節や骨盤が安定しません。

骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレもあるかもしれませんが、それよりも変形状態の方が優先されます。

椎間板ヘルニアもあるかも知れませんが、それよりも先に改善しなければいけないのが骨盤の変形です。

変形があると何をしても意味ありませんから。

この変形した骨盤や骨を改善することは簡単ではありませんが穏当にこんな変なことが起きています。

骨の変形は普通では起こりませんから、特殊な症状になります。

腰痛や腰の痛みは楽にして、楽になったら原因から 直していくようにしています。

腰痛や腰の痛みを楽にすることと直すことは違います。

腰痛や腰が痛くなるのは原因があって起こりますので原因というのは 骨盤に問題があるときです。

骨盤に問題があるときに 体を支えられない姿勢をすると 腰痛や腰が痛くなります。

骨盤の歪みがあると体を支えられない姿勢で、腰痛・腰が痛くなります。

骨盤の開きがあると体を支えられない姿勢で、腰痛、腰の痛みが起こります。

骨盤の開きや骨盤の歪みがあると限界を超えると椎間板ヘルニア、坐骨神経痛になります。

椎間板ヘルニアはいつでも起きているものです

腰の痛み が起きやすい方は原因があって腰の痛みが起きたり腰痛になっていますのでその原因から解消と改善するようにしています。

 

くなりやすい方は病院の外来に駆け込むようなことになる方もいらっしゃいますし悪化させると手術しなければいけないという方は時々いらっしゃいます。

しかし普通の腰痛や腰の痛みの場合は、そこまでなく体を整えていくことで 腰の痛みは腰痛が楽になっていきます。

たかが腰痛と思っても、ご本人にとってはすごく痛いことなので 早めに改善していかないと悪化させると 椎間板ヘルニアや 坐骨神経痛というものになっていく場合も多くあります。

腰の痛みを悪化させると

さらに本当に悪化させると椎間板の中心角が途切れてしまって途切れるともう手術でしか直すことができません。

しかし多くの腰痛やぎっくり腰や腰の痛みの場合 手術するようなことはなく 99%以上は治療をしっかりすることで 楽になって 治って行きます。

腰痛を繰り返したりする形は 血行が悪くなったりすることもありますので、血行が悪くなってくると 、背骨の中の空間が狭くなっていく症状が起きて、そのことを脊椎管狭窄症という病名になることもあります。

たかが腰痛されど腰痛という意味がここにあります。

例えば ひどい 腰の痛みは腰痛に見舞われても病院に行ってもレントゲンをとってもわからない場合が多くありますので 分かる場合はたった15パーセントぐらいの確率だそうです。

せっかく病院に行っても分からなくて 湿布を貼ってもらって終わりということも多いようです。

病院というところは病気の専門家なので 腰痛とか肩こりとかそういうのは病気 ではありませんので専門外ということになります。

病院の専門は病気なので

腰痛、腰の痛みというのは関係している内臓があります。

簡単にその内臓というのは膵炎、 慢性胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胆嚢炎、胆石症、胆道結石、腎盂腎炎、尿路結石、子宮筋腫、卵巣嚢腫 、卵巣炎、腹部大動脈瘤、帯状疱疹による神経痛などが腰痛、腰の痛みを伴って起こる病気として挙げられます。

この病気で起きている腰痛、腰の痛みであれば、病院の検査で陽性が出て治療できます。

 

しかし、多くの腰痛は

腰痛に関係する病気というのはこれぐらいですが多くの場合この病気として関係していない腰痛や腰の痛みが起きています。

腎臓というのは血液から 尿を作るところです。

水道 の 浄水器の役目を追っていますけど、いらないゴミをオシッコとして体外に出すように暴行の方に送るのが腎臓の役目です。

当院に来院される多くの腰痛や腰の痛みを訴える方は ほとんどが腎臓疲労から起きていました。

腎臓といってもこの場合は病気ではありませんのでご注意してください。

腎臓に

腎臓に疲れやストレスが溜まってしまうと 骨盤周辺の筋肉が緩んでしまってその緩みから来る骨盤の歪みズレが起きてしまいます。

この骨盤の歪みやズレが 起きている時に 重たいものを持ったり 中腰をしたり前かがみの姿勢を長くしたり体をひねったり 車の運転を長くしたりなどのきっかけでこれが合わさって起きるのがぎっくり腰です。

ぎっくり腰というのは急性的ですから 多くの場合一過性で終わることが多く 大きな関節でおきますから痛みが強くなって動けなくなりますが 足や手首に起きる捻挫と同じです。

関節が大きいから痛みが強く感じてしまいますが根本的には捻挫と同じ仕組みで起きているので 急性状態はゆっくり休むようにして回復を待ちましょう。

腰の痛いところに湿布を貼って熱があったら熱を取るようにしてください。

しかし急激な痛みは取れても 骨盤の歪みが改善できたわけではありませんので 痛みがないときでも進行してしまう場合が多くあります。

急性的な痛みが治まってきたら 骨盤の歪みも改善していかないと 腰痛がまた繰り返し起こりやすく 起きないときも 急激に 坐骨神経痛や 椎間板ヘルニアに進行していきます。

原因はすべて残っていますから骨盤の 歪みを起こした原因は腎臓に全てがありますから腎臓そのままにほっとくと進行して本当の病気になっていく場合が多いようです。

腰痛や腰の痛みが起きやすい方は必ず80%以上は腎臓に疲れが溜まったことが原因で起きていきますので病気というのも疑うことも一つの案ですが 腎臓の疲れから 解消していくようにしましょう。

腎臓が疲れてくると 徐々に 大腰筋と 腸腰筋 のバランスが悪くなって行きます。

どんどん腎臓に疲れが溜まってくると さらにこの両方の筋肉のバランスが悪くなって、 もっと大きく骨盤の歪みやひらきやずれが起こります。

この時に同じような姿勢でも 関係なく起きてしまうのがぎっくり腰や腰痛や腰の痛みです。

体質改善

体質改善 アンチエイジング 若返りの施術の施術をしています。体質改善というのは腎臓の若返りをすることで腰痛を起きなくする治療です。

腰痛、腰の痛みの原因は腎臓の弱さですから、弱い内臓を強くしていくことをしていきます。

腎臓を早めになおしとかないと弱い内臓のままだとまた疲れやストレスが溜まってくるとまた歪みになりますので歪みになると腰痛や腰の痛みになっていきますからそれを繰り返すことになります。

繰り返さないためにもまた先将来のものに繋がっていかないようにするためにも 腎臓を強くして直していく必要があります。

この治療ができるのが唯一体質改善の治療なので 体質改善の準備をするためにまず体調からあげて整えていかないと準備ができないうちには体質改善の治療はできません。

体質改善で腎臓を変えるためには 準備をしてパワーがないと腎臓の若返りを図るだけの力がありませんから。

腎臓の若返りをすることが腰痛にかなり深く関係していきますので 腎臓が悪いままだと高血圧にもなりやすいし か半身のむくみ何度も腎臓から起こると言われています。

またそれ以上に腎臓が弱っていると また悪くなっていると だるかったり疲れやすいということも 起きてしまいます。

腰だけではなく色々な症状に関係するのが腎臓です。

腎臓が若返った分だけよく腎臓が働いて行くのでその分だけ強くなることができますからどれだけ腎臓を強くすることができるかまたどれだけ腎臓が弱くなってるかまたどれだけ腎臓が悪くなってるかということに関係していきます。

当院では体質改善の治療で腎臓を治す場合、 定期的に来てないと腎臓を治す治療ができません。

来院を開ければかけるほどどんどん体調がまた落ちて行きますから、それを繰り返してきていると治す暇がありません。

ある程度は元気な状態で来てもらわないと 進むことができませんし、風邪の細菌などが入っていると、体調をしてしまいますので、風邪の時には、体質改善での治療を進むことができなくなって腎臓を治すことができません。

最近は体調の維持が

最近は陽気の変動が大きく暑かったり寒かったりというのを繰り返した時期もありますから体調は落としやすい時期になります。

また眠りが浅いと言われた方も 開けると体質改善の治療はできなくなります。

眠りが浅い方は体調が落ちやすく自分でも気づかないうちにどんどん落ちていきますので体調の維持ができない方は体質海底の治療ができませんので眠りの問題も治療して改善するようにしないと体がもちません。

体質改善の治療というのは変わらないものを変えようとする治療なのでそんなに簡単に考えてもらっては困りますけど 週一回で持つ方は週1回でも構いませんが、週2回来る方は、どんどん治せるかと思います。

週2回来ていても直せない方もいます。 直せるか直せないかということはその時に質問していただけれ 説明しますので それをしっかり考えて 来院するようにしてください。

腰の痛みが起きる時には

多くの腰痛は腰の痛みが起きている方は体に多くの疲れがストレスが溜まっている方で体に多くの疲れやストレスがたまると骨盤の開きや骨盤の歪みが起きていきますのでこの骨盤の歪みは開きが原因で体を支えられない姿勢をすると急に腰が痛くなったり腰痛になったりぎっくり腰ということが起こります。

特に急性状態で起きるのがぎっくり腰ですがぎっくり腰というのは捻挫なので手首や足首の捻挫指の捻挫と同じような状態なので関節が大きいため体を支えることができなくなって強いためになって動けなくなっています。

時には安静も必要

この場合は安静にして患部をよく冷やして休養を取るようにしてください。

休養をとるときもただごろごろだらだらしてるんではなく睡眠をとるようにすると治りが早くなると思います。

あまりにも体調が悪いために骨盤の歪みは開きが大きくなったため靭帯や筋肉が炎症を起こして腫れ上がっていて体を支えることができないから また動かすことができないから休めるようにしろよという命令が下ったということです。

ここで無理をすると悪化する

この時に無理をしたりすると悪化させてしまって椎間板ヘルニアや坐骨神経痛になる方もいらっしゃいますのでしっかり休養とって炎症状態を抑えて腫れた状態を改善するように冷やしてください。

腰痛の原因は体に溜まった疲れやストレスが原因ですから体に溜まった疲れやストレスを軽くすることをしていきます。

腰痛や腰の痛みで起きている方の原因は疲れやストレスですが体のどこに一番たまったら腰痛や腰の痛みになるのかというところがあります。

痛みは内臓からも

一番腰痛や腰の痛みに影響をしたしやすい所の内臓がありますのでその内臓というのは腎臓です。

腎臓と言っても病気ではありませんのでご注意してください。

腎臓が疲れがたまってくると 大腰筋、腸骨筋という骨盤の中にある筋肉に影響を出して、その筋肉がバランスが悪くなることが骨盤の開きや骨盤の歪みを起こしたい行きます。

痛みは病気からも

しかし中庭腎臓や膵臓や尿管結石8人欠席ネフローゼという腎臓の病気、膀胱炎、前立腺、子宮、膀胱の問題、膵臓の問題などが関係して起きている病気として腰痛や腰の痛みも考えられることは考えられます。

こういう状態で内臓の病気として起きている腰痛や腰の痛みもありますのでその場合は病院に行って検査を受けてみてください。

もし病院に言って異常がなければ病気ではありませんので当院の専門分野になります。

なんでもかんでも病気というのを結びつけることなく 当院でも病気を治すことができませんけど体を治すことはできます。

病院というのは病気を治すところです。

当院では体を治すことで腰痛は腰の痛みを楽にしていく方法をしています。

腰痛や腰の痛みで起きるかたは、内臓に疲れがたまることで骨盤の バランスが崩れてきてバランスが崩れてる時に重たいものを持ったり 足を組んだりして座っていたり中腰の姿勢が長くなったり 前かがみで何かを持ったり身体を冷えたりするのはきっかけで 腰痛や腰の痛みになります。

主な原因は内臓にたまる疲れが原因なので内臓に疲れが溜まればたまるほど骨盤の歪みは大きくなって体を支えられなくなっています。

この時に腰痛や腰の痛みが起きるわけですけど 中にはくしゃみをしただけで腰が痛くなったり、 朝起きたらもう腰が痛くなっていたという方もいらっしゃいますので刺青屋重たいものを持ったり体を捻ったり中腰をしたりというのはあくまでもきっかけで骨盤の歪みの度合いに応じて起きています。

これが 腰痛や腰の痛みが落ちていく原因です。

腰痛や腰の痛みが起きる方

当院のは体質改善と言う治療があります。この治療は原因を若返らせる治療です。もちろんマジックや嘘ではありませんが、一度で変えられるわけありません。まず、体質改善を受ける準備・体質改善をして変わる元気をつけていきます。

そのための治療のことを体調の治療と言います。体調を整えていくことから初めて行くと、腰痛、腰の痛みが楽になりますし疲れやストレスが減って楽になります。普通はここで終了です。

しかし、そこから起きた原因を変えて強くしていく治療ができます。

このまま放置しておくと原因は進行してしまって、先将来になる可能性が徐々に大きくなっていきます。その可能性が病気です。つまり、腰痛、腰の痛みの場合は前立腺、膀胱、子宮、腎臓が深く関係して起きていますので前立腺、腎臓、膀胱、子宮の老化です。

完成したものが病気ですから、病気になる前に予防していくということが体質改善の治療になります。

腎臓、膀胱、前立腺、子宮の問題

前立腺、腎臓、膀胱、子宮の弱い方が腰痛、腰の痛みになります。

前立腺、腎臓、膀胱、子宮が弱っている方や悪い方が腰痛、腰の痛み、ギックリ腰になります。前立腺、腎臓、膀胱、子宮が弱っている時は、骨盤の歪みが起きています。

この骨盤の歪みが体を支えられない姿勢をした時に、腰痛、腰の痛みになります。

100人中80人から90人が腎臓の問題で腰痛、腰の痛み、ギックリ腰になっています。腎臓と言っても病院で検査して陽性反応が出たら、もう病気になっていますが、多くの方の場合、

多くの場合、腰痛や腰の痛みが起きる肩は腎臓の弱いかたが 8割から9割方、腰痛や腰の痛み起こしています。

もし腎臓が弱くなければ腰の痛みは腰痛を起こしていないと思います。

それほど腎臓というのは腰の痛みや 腰痛やぎっくり腰や椎間板ヘルニアや 坐骨神経痛に深く関係をしています。

この腎臓の要素というのは腰痛や腰の痛みの原因なんですが、 急激な強い痛みは湿布を貼ったりしても電気をかけてもボキボキしても マッサージをしても 色々な治療でも取れて行くことも あるかもしれませんけど、 最大の腎臓の問題は全て残っていますし 腰痛や腰の痛みがないときでも腎臓の悪さは進行していっています。

腎臓の悪さが進行していたものが腎臓の病気を起こして行きます。

この腎臓の悪さが進行してしまって 病気として完成してしまう前に 体質改善の治療で 腎臓を良くすることができます。

しかし体質改善というのは一度で全てが若返るそんなマジック的なものは世の中にはありませんので、数回から数十回かけながら 腎臓の回復を計っていかなければいけません。

体質改善というのは 映画にあったように聖杯でお水を飲んだら良くなるというものではありませんので、体質改善というのも程度に応じて回数はかかって行きます。

体質改善というのはサプリメントを飲んでも体質は変わりませんし 体質というのは何をしても変わらないのが体質なんです。

その何をしても変わらない体質というのを変えていくのが体質改善という治療なので、そんなに簡単に考えてもらっても困ります。

人の体は老化して体質は悪くなるばかりです。

腰が痛くなったり腰痛が起きるのは原因があっておきますので、その原因から改善していくようにするのが、当院の腰痛解消法ですが必ず 原因から改善していくようにしないといつのまにか原因が進行してしまう場合が多くあります。

腰痛も原因がなくて起きることはありませんから腰痛を改善しようと思うならその原因から改善するべきなのですが一時的な痛み止め注射をしたり、湿布を貼ったりマッサージをしたり、ボキボキしたり、また電気治療器をしたりすることでも少しは楽なることもあるかも分かりません。

しかし、腰痛は、いくらボキボキしても湿布を貼っても駐車をしてもマッサージをしても電気治療器をしても原因が良くなったわけではありませんので原因は必ず体に残っています。

腰痛の原因からなおしとかないといつの間にか別の問題にすり替わって出てくることもありますので原因から直さないと 大変な事に先将来つながっていきます。

 

当院では、『小倉北区 腰痛』、「腰痛 小倉北区」、などの検索キーワードでも人気があって良く検索されています。

 

腰痛 には原因がありますので原因から改善していくようにしています。