頭痛を楽にしていくためには

頭痛 を楽にしていくためには頭痛薬などの痛み止めで一時的に痛みを抑えることは構いませんが原因があるということを知って もらいたいです。

頭痛というのは大変多くの方に良くていますし風邪をひいたときも頭が痛くなったり風邪でもない時でも頭痛が起きたり頭痛薬を持ち歩いてる方も多くいます4頭痛持ちだと思い込んでいる方も多くいます。

しかし当院では頭痛の原因から解消していくようにしますので頭痛を改善していくためには数回以上かかります。

今、現在、頭痛が起きている方の頭痛を解消していくことは その場で簡単ではありませんができますが原因と言うと 簡単には行きません。

頭痛を楽にすることと頭痛を治すこととは意味が全然違います。

頭痛を楽にするためには頭痛薬などを用いるのが一般的ですが多くの場合原因から改善しているわけではなく、また直しているわけではなく頭痛薬というのは一時的に痛みを抑えているだけです。

頭痛には重大な原因が潜んでいますのでその原因を見つけて解消して行かない限りはゆくゆくは頭痛の形が違って現れてきます。

何も原因がなくて頭痛が起きたりすることはありませんので脳の中のどこかに頭痛になっている原因があると考えた方が自然だと思います。

頭痛や頭の痛みは

頭痛や頭の痛みと言うと 目の使いすぎや 肩こりや 首の痛み、こり などで起きているとよく言われていますが 多くの場合の頭痛は たまたま同時に起きているから と言う 判断を院長はしています。

肩こりから頭痛が起きるものではなく肩こりと頭痛が起きていると思った方がいいと思います。

首の痛みやこりが起きているのと頭痛が同時に起きていると思った方がいいと思います。

しかし頭痛というのは肩こりを 改善しても楽になることもあります。

頭痛というのは首の痛みやこりから改善しても頭痛が楽になることもあります。

そのため誤解されやすいのですがたまたま何かを刺激したら 圧力が下がっただけです。

何かの痛みやこりが起きる時には圧力が上がって起きていますのでエネルギーがそこの部分に偏っていると溢れてきてそれが痛みになっています。

何かをすると楽になる

頭痛と言うと肩こりや首のコリや レニー温湿布をしたりすることでも楽になるので勘違いされやすいのが一因なんですが本当の原因は別にあると思った方がいいと思います。

最近見たテレビで病院の専門の先生が出て行っていましたが頭痛が起きている方は半数の方が脳梗塞を起こしていると言っていました。

つまり何かの症状が進行途中で頭痛になっていると思った方がまた考えた方がいいと思います。

何かの症状が進行途中なので今現在は病気ではないという状態ですけど病気も一気になることはありませんし数時間でなることもありませんし数週間でなることもありませんし半年や一年でなることもありませんから時々何かの痛みを起こしながら先将来に繋がっていくという大変なことが起きているのが頭痛です。

先の問題

ですから頭痛を簡単に考えることができませんし甘く見ることもできません。

色々な症状というのは先将来につながることが多く腰痛であろうと肩こりであろうと首の痛みや首のこりであろうと眼精疲労であろうと胃のもたれであろうとぎっくり腰であろうと冷えであろうとさき将来の何かの病気を暗示しておきています。

しかしその時には病気ではないのでいくら病院で検査をしてもわからないということです。

病院というところは病気の専門家なので病気になって初めて行って検査することで陽性が出て病名がついて手術か入院か薬ということが行われます。

病院は病気の専門家の先生がいるのであくまでも病気になってしまったら検査するとわかるところが病院ですから病気も一気になることはなくなっていってる途中とかではまた未病の状態では全然わかりません。

尿検査や血液検査などもある程度を完成してしまわないとまた完成する前でやっとわかるのが尿検査や血液検査です。

頭痛持ち

頭痛持ちの方が 体調が悪くなって言ってゆがみ何が起きたり体に多くの疲れやストレスが溜まっていくと頭痛になっていきます。

脳にも多くの疲れやストレスも溜まっていますので脳に疲れやすレズ固まると脳は興奮したり緊張度が高くなったりして頭痛になる場合も多くありますし最近多くの方が眠りが浅く眠れていないと脳は疲労どころではない状態が起きて衰弱状態までなっていくと脳が緊張が最高に達しますのでそれでも頭痛になっていきます。

頭痛が起きやすいかまた起きている方繰り返しやすい方は必ず原因がありますのでその原因を探って見つけるようにしないと一時抑えばかりしていると進行もしていきますから最終的にはいつかは脳梗塞や脳の病気になることも多くありますので注意しなければいけません。

頭痛を体質改善で

当院では頭痛を体質改善の治療で治すことができますので治すことも一度にいっぺんにできるわけではなく徐々に改善していく治療ですが 治せないものを治せる治療ですから元来変えられるわけがないものを直していくことができる治療ですが簡単に短期間でできるものではありません。

患者さんの方が簡単に考えてしまっているのは院長が簡単にやっているようにしか見えないからで簡単に変わると思って勘違いしてる方が多くいますが院長は簡単に変わるとは一言も言っていることはありません。

当院では検査することができますから検査してみてどういう状態で頭痛が起きているのかということを見つけて探ることができます。

検査してみると 頭痛の原因がある程度は判断できますが初回などは色々な 他の原因のものが重なっていますので重なりから解消していかないといけませんので肩こりや首のこりなども関係して 雑物のような状態で積み重なっていますのでそれらを解消しながら 頭痛の原因に迫っていきます。

頭痛の原因に迫る

頭痛の原因に迫るためにも体調からあげて体に起きた疲れやストレスの蓄積や歪み、ズレや筋肉のコリや緊張などを解消していく必要があります。

初回では必ず疲れやストレスが多く蓄積していますので 雑物というわけではありませんけどいらないものがいっぱい多くありすぎて判断が迷うくらいですからその迷うものを少しでも減らしていくことをしないと本当の頭痛の原因に迫ることはできません。

本当の原因ではないものの症状のことを雑物と言いますが入らないものというよりも除いてしまわないと見えないものという意味です。

体調をあげたり疲れやストレスを減らしたり体に起きた歪みはずれを整えていくことを体調をあげる治療 と言っています。

位置を上げる治療

体調を上げる治療というのはサプリメントを飲んで分かりませんしマッサージをしても上がりませんし 点滴をしても上がりませんし 低周波治療器をしても刺激なので 体調をあげることができません。

体調上げるということは大変難しく 誰でもあげることができないのが体調なんです。

体調というのはよく 言われることですが誰でも誤解して間違った考えをしていますので体調というのは 他人があげるものではないということもありますが当院では30年前からその体調に注目し研究したり 臨床をしたり 技術を磨いたりして体調を上げることができるようになっています。

体質改善

体質改善の治療をするためには初回からはできませんので体調が上がって整えてからの治療になりますから 体調を上げる治療を先にして体質改善の準備をしていきます。

当院では体質改善での治療では内臓や筋肉靭帯や関節や中枢神経系の細胞を少しずつでも治すことができますのでアンチエイジングであり若返りの治療と思います。

最近は多くの方が眠りが浅くなっているというのを分かっていないか違いますので眠りが浅いと脳疲労は脳の衰弱やそれ以上のものが起きるのは当然です。

眠りから起きる頭痛というのも大変多くの方に起きています。

夜に寝たら朝まで起きないから目が覚めないから寝ていると勘違いしてる方がいます寝ているんだったら頭痛なんか起きるわけありません。

もし寝ていると思っているのに頭痛が起きていたら本当の意味で病気になっています。

体調も 感じていない方が多くいますし体調がすごくめちゃくちゃと言っていいほど悪いのに平気な方もいます。

眠れていないと自分の体調も分からなくなるし痛みやコリも分かりません。

眠れていない形で脳の疲労が強い形は風邪を引くようなことをしていても風邪もひけません。

 

北九州市小倉で 頭痛 を楽にすることをしています。