頭痛 を楽にしていくためには

頭痛 を改善していくためには

頭痛を楽にしていくためには痛み止めや頭痛薬ばかり使っていることも構いませんが原因から見つけて行くようにしませんか。

頭痛には頭痛を起こしている原因がありますので 原因から変えていかないといつまでも原因もそのままではいられません。

頭痛を起こしている原因というのは 頭痛薬でも痛み止めにはなるかも分かりませんがこれは一時的に痛みを抑えているだけであって原因が進行してしまったら大変なことになっていきます。

頭痛には頭痛を起こす原因がしっかりありますので肩こりなどからくる頭痛という風によく言われますし首の痛みや首のこりから起きる頭痛ということも言われますから そして目の使いすぎなどで起こる頭痛ということもよく言われていますが原因は違うものから起きています。

同時に起こったりすることが多いために こういう説明がよく検査もしないでわからないのに言ってるだけです。

当院では色々な検査することをできますので、その検査のひとつには体調の検査、クビのコリの検査ということもありますし肩コリの筋肉のコリの検査ということもできますから本当にどういう状態で頭痛が起きているのかということを見つけ出すことができます。

多くの頭痛の場合、肩こりと同時に起きたりすることがあるために肩こりから来ていると説明 をする方もいます。

首のこり と同時に頭痛が起きることも多くありますので首の凝りから来ているという風に説明する専門家の方もいます。

しかし頭痛というのは 同時に起きているからと勘違いされていますので頭痛の起きている原因を見つけることは大変難しく 分からない場合が多いようですから。

当院では検査をすることができますので検査をしてみるとどういう状態でどこから起きているのかということをが分かります。

頭痛の原因は

最近、多くの方が頭痛で当院を訪れていますが頭痛の方の 状態を検査してみると眠りができていない状態で脳が緊張したりすることが起こりますので脳の緊張から起こる頭痛という方が多くなっています。

寝ているようで眠りが浅いということですが 昔でしたら 寝る時に寝つきが悪かったり夜中に寝ていても一時間に一回や二回という感じで目が覚めたりしてなかなか眠れなかったり夢ばかり見ているという方ばかりでしたが最近の状態は 夜に寝たら朝まで起きないから寝ていると勘違いしている方が多くなっています。

夜に寝たら朝まで目が覚めないから寝ている。

夜寝たら 夜中に目が覚めないから眠れている。

しかし誰が見ても他の方が見てもスースーグーグー寝ていても 脳の中はどうでしょう。

脳の中というのは自分でもわからないぐらいだし時間の経過とともに頭の中がどうなってるかということもありますから夢を見るといふ睡眠も浅い睡眠の一種ですが夢を見ている方がまだ寝ています。

当院で言うダメダメな睡眠というのは寝ながら考え事をしているという睡眠です。

最近は多くのこのダメな睡眠をしていますが寝ながら考え事をしているという睡眠は目が覚めた瞬間に忘れてしまう睡眠なんです。

寝ていても夢を見ているというのは目が覚める瞬間に何秒か何分か見ていますので目が覚めたら覚えていますし何か夢を見ていたなという記憶に残っていますが寝ながら考え事をしているという睡眠は目が覚めた瞬間に忘れてしまっています。

だから眠れていると思っている方や寝ていると思ってる方が多くいます。

眠れている方が頭痛を起こすことはありません。

浅い睡眠

多くの頭痛の方は最近は 眠りが浅く寝ながら考え事をしている睡眠という感じが多くなっていますので寝ながら考え事をしている睡眠が一番浅い睡眠になります。

寝ながら考え事をしている睡眠が 長く長期間に及んで行くと脳はどんどん弱っていきますので酔われば弱るほど体調を落としていきますけど脳疲労が同時に起きていきますので脳疲労が起きれば痛みは凝りを感じないし風邪を引くこともできません。

体内に 風邪の細菌が多く入ってきて 増えていくと脳が元気だから熱をあげたりして炎症を起こして細菌を減らそうとしますけど 脳が弱ってしまっている方は熱を上げる力もありませんし 風邪をひくこともありませんから 体内には風邪の細菌が多く増殖しても本人は何も気がつかないし風邪をひいて熱が出て寝込むということもありません。

昔からのことわざにあるように風邪は万病のもとというのは風邪の細菌は万の病気に及ぶということです。

風邪をひくのも脳が元気だから風邪をひくこともできます。

風邪の細菌が多くなっても体内に増えてしまっても拒絶反応がでない方が多くなっていますので拒絶反応が出ないという方は風邪をひくことも出ません。

脳疲労から頭痛になる

最近多くの方の頭痛の原因を見てみると眠りが浅く寝ながら考え事をしている睡眠が長時間に及んでしまって 脳がどんどん弱ったことから起こる脳の緊張状態で頭痛になったり脳が炎症を起こしたり腫れたりということで頭痛になっている方がいます。

脳が弱ってしまっていると 記憶力も落ちていきますし イライラしたり 頭がぼーっとしたり ふらふらしたり クラクラしたり 頭が張ったり という色々な頭の問題が起きていきます。

脳に力がないということはどうで支配されている自律神経が正常な理由はありませんので自律神経の乱れが内臓の乱れになって内臓疲労が強くなっていきます。

頭痛が起きている時には自律神経は乱れていますので自律神経失調症状態です。

頭痛が起きている方は痛み止めや頭痛薬などを使うことも構いませんが原因から改善していくようにしていかないと脳疲労が強くなったり脳が弱ったり脳の麻痺が起きたりすると脳細胞もそのままではいられません!

細胞の減少

つまり脳細胞の減少つまり細胞が減っていくということにもなります。

脳細胞の減少も 一週間や10日で減っていくというのも年齢と共にありますが年齢以上に急速に減っていって減少していくのが起きていきます。

脳細胞の減少というのは一度起こり始めると急速に早く進行していきますので 頭痛が起きてないから最近、頭痛がないからといって安心することはできません。

一度、起きた問題は 何かの原因を変えて治療しない限りは治ることはありませんので頭痛が起きていないからと言って治ったと思うことは 違います。

腰痛にしろ肩こりにしろ頭痛にしろ何かの原因があって起きていますのでその原因を見つけ出すことなく痛み止めのような感じで治療していると、先将来大変なことにつながっていきますから注意しなければいけませんが、最近見たテレビで専門家の病院の先生が言っていましたが頭痛の方は約半数の方が脳梗塞になっていると言っていました。

確率的に約半数の形が脳梗塞になっていることをが伺えるという大変なことになっていきますが脳梗塞を起こして原因が作られることも数実などでできるわけではなく数ヶ月でもなく1年や2年でもなく5年も10年もかけながら細胞の変化が起きて最終的に脳梗塞になるということが起きます。

必ず何かの状態が起きて行く時には細胞の変化が起きますので細胞の変化が起きるためには 5年や10年またはそれ以上の15年などの時間と期間が必要ですから。

頭痛というのは大変、怖い結果につながりやすくなるというものではありませんが確率が上がるという意味で説明しています。

当院では頭痛原因から見つけるようにしていますが原因が見つかったらまず原因を変えるよりも色々なものを整えていくことから始めなければいけませんので原因は体質改善という治療で改善するようにしています。

当院では 頭痛 を原因から改善していくようにしています。

当院では検索で人気がある「小倉北区 頭痛」、「頭痛 小倉北区」などの検索でも評判の良い治療をしています。。