頭痛を楽に

頭痛 を楽にしていくためには 薬を飲んで一時的に痛みを止めるということも構いませんがそれではいつまでたっても直しているわけではありませんので頭痛の原因を見つけて直して変えていくことが必要になります。

頭痛薬というのが市販されていますが頭痛薬というのは虫歯などの歯の痛みや生理痛などでも用いることができる一番使いやすい痛み止めですから痛み止めを飲んでも一時的に頭の痛みや頭痛や偏頭痛などを楽にしていくことしかしていません。

頭痛薬を飲んだりして一時的に止めていてもまた繰り返し起きたりいつ起きるか分からないことが頭痛薬などを持ち歩いている方が多くなっているのが見受けられますが頭痛というのは原因があるから頭痛になっているわけですから原因を見つけ出すことをしていかなければいけません。

病院の検査では

仮に病院に行って色々な検査をして頭痛の原因を突き止め用としても頭痛というのは病名であるけど病気ではありませんので病院に行ってレントゲンや MRI 検査やエコー検査などや血液検査尿検査をしても見つからないことが多くあります。

しかしなにかの痛みが起きているということは体の異常があるから起きているわけですからこの以上見つけていくことをしていかなければ頭痛は改善しませんし本当の意味で直すということにはなりません。

病院というところは病気の専門家であって 病気ではない頭痛は専門外です。

もし仮に病院に行って何かの検査をして異常が見つかればその部分はもう病気になっているということで進行してしまっていることで初めて分かります。

頭痛というのは

頭痛というのは頭で起きる痛みのことなんですが片側で起きたり全体で起きたりということで急に来るのが頭痛です。

何も予兆がない状態で起きてしまうのが多く見受けられますが薬を飲んで1時間か30分ぐらいすると楽になる場合が多くあるために痛み止めをいつも持ち歩いているという方や服用が多いという方が多くいますが痛み止めの薬というのはそんなに簡単に飲むべきではありません。

痛み止めというのは本当に痛い時だけ飲むというのが痛み止めの作用ですから簡単に服用することなく原因を見つけて行くようにしています。

頭痛というのはいろいろな原因があって起きていますのでひとつの原因ではなく頭痛が起きている時には体調を落としていますが体調という言葉は大変説明するのも分かりづらく痛みやコリが他にないから体調が良いということはありません。

頭痛が起きやすい方の状態を考えると体調を通している場合が多くありますので体調落とすということは最近の方は眠りが浅い状態の時に起きやすくなっています。

自分でも気がつかない状態で眠りが浅く夢ばかり見るというよりも夜中に何回も目を覚ますというよりも寝つきが悪かったというよりも最近の頭痛の方は夜に寝たら朝まで目が覚めないけどという状態の方が多くなっています。

夜に寝たら朝まで目が覚めないからずっと寝ている睡眠をしているなと思っていると大変なことが起きています。

眠りが関係する

普通一般的には夜に寝たら朝まで目が覚めないから寝ていると思っていますが寝ている状態でも眠りが浅くなっているということがあります。

眠りが浅いことに気がつかないで目が覚めないから夜中に何回も目が覚めたりしないからと言って寝ているわけではありません。

眠りというのはどうから寝ていることを言いますので脳から寝ていないと眠りとは言えません。

いくら体が横たわって寝ているような感じでもスースー寝息を立てている眠りでも脳が活性化している状態や興奮状態や脳が弱っていると眠りが浅くなります。

普通一般的には脳が興奮していると寝つきが悪く1時間も2時間も眠ることができません。

脳が緊張していると眠れますが夜中に何回も目を覚ますということがあります。

しかし脳が弱ったかは夜に寝る時間になったら眠れますが朝まで目が覚めないという方ですが最近この方が多くなっていますのでこの方の場合を睡眠負債状態と言います。

睡眠負債状態は多くなればなるほど取り返しがつかない状態になっていき脳細胞の減少招き脳疲労を強く起こしていき脳脊髄液の生産量を極端に減らしていくということが伺えられます。

夜に寝る時間になったら寝るということが違います。

寝る時間にあくびが出ていないとまた目が覚めた時でもあくびが出ていないと脳が弱りすぎてる状態ではうまく眠ることができません。

悪い眠れていないことさえ分からない状態で日常生活を送っていたり仕事をしたりすること自体が負担になっています。

生活をしていたらハイテンションで動けると思いますが元気だから動けるというわけではなくハイテンションだから動ける状態です。

寝れていないと体は疲弊したり衰弱したりということが起こりますけどそれさえも気が付かない状態がハイテンション状態です。

睡眠負債になることが多くあってもどういう状態の睡眠かと言うと夢を見るというよりも夜中に何回も目を覚ますというよりも寝つきが悪いというよりも寝ながら考え事をしている睡眠をしている方が異常に増えています。

ながら考え事をしてる睡眠というのは最悪な睡眠ですから寝ながら考え事をしてる状態の脳の 部分というのは大変弱っていますので弱っていると暴走したりすることが多くありますので記憶力が堕ちて行き誰にも分からなくなっていきますから痛みやコリがどんなに起きる状態で起きていても体調は良いと思っています。

の体の状態を感じ取ることができないので隠れインフルエンザにもなりやすく隠れ心筋梗塞が起きたりすることで何も症状が感じないという方が多くなっています。

今年の代表ですが隠れインフルエンザというのが新しい言葉ですが体にインフルエンザウイルスが増殖してる状態があっても発症しないということは脳が弱りすぎているから発症しません。

風邪の細菌やインフルエンザウイルスが体内に入っても脳が元気だったら熱をあげたり諸症状を起こして休ませようという働きが出ますが脳が弱りすぎていると細菌やウイルスが 体内に入っても何も起こりません。

発症しないからと言って元気な理由はないし細菌やウイルスが何も起きないで体に蓄積するということはありませんから風邪のウイルスや万病に及ぶという言葉があるように大変なことになっていきます。

体調が悪いから頭の痛みが起きたり頭痛になりますから体調の悪さでどういう状態になっているかということはそれぞれひとね違いますので検査しないと分かりません。

当院では体調の検査をすることをしていますので体調の検査をしてみると骨盤の歪みや背骨のズレなども多く起きていて脳疲労が起きているという方も多くなっています。

こんな体調は、またこんな状態では頭痛が起きるのは当然だという方も多くなっていますので体調をあげるだけでも一回で上がることはなく回復する力もありませんから維持することができません。

体調を上げるということはひどい人では5回とか10回までかかる方もいますし短期で一回で上がる状態の方もいますがこの違いは脳の力にあります。

どれだけ脳の力があるのか脳の力を通しているのかで回復する力が違います。

眠りが浅いということはどれだけ長い期間眠れていないのかということになりますが眠れていない期間が多ければ多いほど脳の力はないということが断言できます。

 

小倉北区 から多くの方が 頭痛 を楽にしていることをしています。