頭痛を楽にする

頭痛 を楽にしていくためには。

最近は多くの方が頭痛に悩んでいる方が多くなっています。

しかし多くの方が頭痛の原因を見つけることもなくまた考えることもなく 頭痛薬を飲むことで痛み止めになるために薬さえ飲めばいいと思っている方が多くなっています。

確かに頭痛薬というのは痛み止めになりますから頭痛の痛みを抑えることができると思いますが頭痛薬ばかり使っていると原因を見逃しがちになって原因の進行を早めてしまうこともあります。

頭痛を改善するためには原因から見つけていかなければ本当の頭痛を治すことはできないと思いますが 頭痛薬という痛み止めを使うことで一時的にしろ楽になることがありますので一時的に楽になることを治ったと思うようなことが多くなっています。

しかし頭痛には頭痛を起こしている原因が存在しています。

何かの原因があるから頭が痛くなったり偏頭痛になったり頭痛になったりしているわけですからこの原因を見つけることなく一時的に痛みさえ押さえてしまえばいい痛みさえよくしてしまえばいいという考えが頭痛薬です。

しかし病院に行くほど大事では ないために病院に行って検査をすることもしていませんし病院というところは検査してみてもし異常が見つかればもう病気になっているということがあります。

病院に行って色々な検査をしてもし以上が見つかればもう病気になっているわけですし病院というところは病気の専門家の先生がいるところですから病気になったらつまり病気として完成してしまったら病院に行って治療を受けるべきだと思います。

病院で検査をしても

しかし病気として完成してしまう前はいくら検査をしても病院ではわかりませんし血液検査や尿検査やレントゲンや MRI 検査やエコー検査などの異常は病気として完成してしまわない限りは分かりません。

病気として完成してしまう前に健康な細胞が0だとしたら0から一気に100になることはなくなっていく過程を起こしながら病気に近づこうとしているのが現状ですから何でもかんでも健康な細胞から病気として検査して見つかることはありません。

何も異常がない人間ドックや病院で検査した方が1年後に何かの異常を起こすというのは考えられない状態なんです。

そんなに急速に細胞が変化するということは起きないと思いますから何かが変化して言っても明らかになるまでは病院で検査をしてもわからないというのが現状です。

健康な細胞から変化していく期間が必要ですし変化して完成するまでにしばらく時間がかかって変化していき最終的には病気に近づこうとするかも分かりません。

しかし近づいてしまって明らかに病気になるかその手前でやっと数値の異常が出て知って病気という反応が出てしまいますので反応が出るまでは病気として扱うことはできなくて病気ではありません。

頭痛というのは病気ではない状態で 何かの異常があるから頭痛になっているわけです。

しかし病気ではないために何かが起きてしまわない限りは分かりません。

この何かが起きてしまうのが頭で起きるわけですから 頭で起きてしまうのはない限りは何も病気という認定も降りません。

頭痛というのは病名であって病気ではありません。

病気ではありませんが何かの原因があるから頭痛になっていると考える方が自然だと思います。

この何かを見つけ出さなければ頭痛の根本的な解決にはなりませんから頭痛の原因を見つけ出すことをしていきます。

最近の頭痛の原因

最近多くの方が頭痛で悩まされてる状態で当院に来ていますが検査することが当院の特徴ですから検査をしてみると多くの方の頭痛の原因が分かってきました。

最近多くの方が 眠りが浅いということがわかってきましたが気がついていない方も多くいますのでその説明をしていきたいと思います。

最近は多くの方が寝ているようで眠れていないので眠れていないのが原因で脳が弱ってしまい脳の弱りから頭痛になるという方が多くなっています。

夜寝ている時に 昔でしたら寝つきが悪かったりなかなか眠れなかったり夜中に何回も目が覚めてしまったりということで脳が弱ってしまったり夢ばかり見ることが脳の緊張を及ぼして脳の緊張から頭痛になってしまったりということから起きていました。

しかし最近の頭痛の方は 状態がかなり変わってきました。

夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると勘違いしてる方が多くなっていることです。

自分で眠りが浅いということが分かっていればまだ良い方ですが、 夜寝たら朝まで目が覚めないので寝ていると思っている方が多くなって眠れているから朝からすぐに動けるという方が多くなっています。

眠りというのは脳から寝ていないと眠れていませんが体が寝ている状態のことをねていると勘違いしてる方が多くなっていることです。

眠りというのは脳が休めていかないと休養とっていかないと寝ていることにはなりません。

誰が見てもスースー寝ている状態があっても脳が興奮状態になっていたり緊張状態になっていたり脳が弱ってしまっていると眠りが浅くなります。

眠りが浅いということは脳が弱っていきますので暇人に終われば言われるほど脳に拘縮状態が起きたり晴れたり炎症を起こしたりということで脳が緊張してしまい 脳の緊張から脳が弱っていき頭痛になるということが多くなっています。

脳が弱るということは大変なことが起きていきます市精神的にやられてしまうことも起きますが鬱やパニックなども起きますし眠りが浅くなったりするとイライラしたり脳が興奮状態で怒りやすくなるということもあります。

最近は車の運転を見てもイライラしたりおこりっぽくなってる方が多くなっていますのでそんな状態の運転をしていたら事故に繋がりやすくなります。

脳が弱る期間が長いと脳は日増しにどんどん落ち込んでいきますから膿が落ち込んで行けば行くほど 何もわからなくなるということが起こります。

何かあった時にパニクると ブレーキとアクセルは間違えたりということが起きたり前に行こうとして後ろのギアを入れたりしていてわからなくなっているということで後ろにバックしたりとかいうことの接触事故家大きな事故につながることが多くなっています。

脳の弱りから頭痛

寝ているようで眠れていない睡眠の事を寝ながら考え事をしている睡眠と言います。

寝ながら考え事をしてる睡眠ですが本人は寝ていますのでどれくらいどの時間ぐらい長く寝ながら考え事をしている水面をしているかということはわかっていません。

寝ながら考え事をして睡眠というのは妄想に近い睡眠ですから 体調もすごく悪くなるし悪くなると内臓の働きも弱っていき中枢神経系である脳や脳幹も弱っていきます。

脳が弱ると脳脊髄液を作るところでも生産がうまくできなくなって脳脊髄液が減少傾向を示していき道はさらに緊張状態を強めていきます。

脳の弱りと言うのは簡単に解消できるものではありませんし 状態に応じては数十回かかることもあります。

簡単に考えて頭痛が解消できると思わないでください。

最近は多くの方が程度はひどく悪化させてこじらせている方が多くなっていますので簡単な頭痛を解消することは簡単ですが頭痛を治すことは簡単ではありません。

頭痛を楽にすることは短期でできますが頭痛を治すということは短期では不可能です。

頭痛を楽にすることと頭痛を治すことは全然意味が違います。

 

小倉北区で 頭痛 を楽にしていくためには原因から改善することをしています