人気のある評判の良い骨盤矯正をしています

当院では骨盤矯正をしていくときに痛くもない強くもないボキボキもしたりしない無理やり押さえつけたりすることもない 骨盤矯正 をしています。

骨盤矯正と言うと色々な方法があると思いますが 骨盤ベルトなどを巻いて 骨盤を小さくする方法や骨盤ベルトを巻いて運動する方法や骨盤ベルトを巻いて 腰を回したりする方法などが多く見受けられます。

しかし骨盤というのは締め付けたりするものではなく締め付けていい関節でもありません。

骨盤ベルトというのは 骨盤を締め付ける道具ですから骨盤を締め付けて細くすればいいというものではありません。

下着などを履いて骨盤を締め付けるようなものも売られているようですが 骨盤ベルトと同じ意味合いがありますので締め付けていても骨盤はあまり小さくなることはないと思います。

骨盤というのは足を動かしたりストレッチをしたり階段を上ったり下りたりすることでも動く関節ですから関節が動かないと大変なことになっていき骨盤が硬くなったり足が骨ばってくるということもあります。

動きが悪くなってしまうということは大変なことが起きている現象なんですが細くなればいい小さくなればいいと思う方はそれでいいかわかりませんが体にとってはかなりの負担になっていきます。

骨盤というのは

骨盤というのは真ん中の仙骨という骨と両横の寛骨という骨の三つで形成されていますが生まれたすぐは寛骨も腸骨と恥骨と坐骨という三つの骨に分かれていて軟骨の結合がなされていきます。

骨盤というのは三つの骨で形成されていますので両横の寛骨という骨と仙骨で 関節が仙腸関節という関節が体の上肢と下肢をつないでくれています。

上の体と骨盤から下の足を繋いでくれているのが仙腸関節です。

この仙腸関節は可動関節と言われる所以がありますが動いたり足を動かしたりストレッチをしたり運動したりすることでも船長人体を中心にして動いている関節ですけどそれが動かなくなることが骨盤ベルトで小さくなるということにもなります。

仙腸関節も仙腸靭帯で動いている関節ですから動かないと腰が痛くなったり股関節にしてしまったり膝にくるということが多く見受けられます。

自然で綺麗に見える骨盤矯正をしていく上で一番肝心なことを説明していきたいと思います。

骨盤矯正をしていくときには骨盤を小さくしていくという意味がありますが骨盤というのは先ほど説明した三つの骨で形成されているものを小さくすることです。

多くの方が今まで訪れていますが骨盤矯正の本当の意味をわかっていません。

骨盤矯正と言うと骨盤を小さくすればいい小尻にすればいいという意味合いだけが先行してしまって本当の意味の骨盤矯正というものをわかっていません。

骨盤矯正というのは 骨盤周辺の脂肪を減らすことが骨盤矯正ではありません。 骨盤周辺の脂肪を減らすということは骨盤周辺の脂肪矯正です。

骨盤周辺というのは浮腫みもありますが骨盤周辺の浮腫みを減らすなら骨盤矯正ではなく骨盤周辺の浮腫み矯正です。

骨盤周辺も大切です

骨盤矯正というのは骨盤周辺の脂肪やむくみを減らすというのも骨盤矯正の一部ではありますが本当の意味で骨盤矯正というのは先ほど説明した仙骨という骨とかんこつという骨を小さくすることであります。

骨盤矯正というのは骨を小さくするという意味合いがありますがどういう風にして骨を小さくすればいいのかということになります。

骨盤矯正で骨を小さくしていくというよりもまずは一番肝心な 骨盤の歪みを改善していくことをしていきます。

多くの方の骨盤矯正をしていくときに骨盤の検査をしていきますが骨盤の検査をすることで判断や確認できることがあります。

骨盤矯正をしていく上で骨盤の歪みや骨盤の開きというのは大変多くの方に起きている現象ですからそれらを改善していくことで骨盤を小さくすることができます。

骨盤矯正をしていく上で骨盤の歪みや骨盤の開きというのは どうして起きるのかということを考えなければいけません。

原因がなくて骨盤の歪みや骨盤の開きが起きるということはないと思います。

どうして骨盤の歪みや骨盤の開きが起きているのかということを見つけなければいけませんが骨盤が歪んだり骨盤が開いたりしても痛みやこりはありません。

当院では骨盤矯正を希望されて訪れている方が多くいますが検査をすることを押していくとほとんど100%全員の方に骨盤の歪みや骨盤の開きがあります。

この骨盤の歪みや骨盤の開きを矯正することでも骨盤が小さくなって小尻になることはできます。

骨盤を小さくすればいいのか

骨盤を小さくすることができてもどうして骨盤の歪みや骨盤の開きが起きているのかということを見つけ出さなければ骨盤矯正をしても戻りやすくなります。

骨盤矯正をしていく上でどうして骨盤の歪みや骨盤の開きが起きるのかということには原因がありますのでその原因として最大なものは体に溜まった疲れやストレスです。

体に溜まった疲れやストレスというのは大変多くの方に起きている現象ですか 疲れやストレスというのを感じている方もいれば感じやすい方もいれば感じにくいかと思います。

疲れやストレスの多さが骨盤の歪みや骨盤の開きを作っていますが骨盤が歪んでしまっていると腸の働きが悪くなって便通が滞ってしまって便秘になったり 生理痛や生理不順になってしまったり不妊症の原因になってしまったり膀胱炎や喫煙などが起こりやすくなったりということは骨盤の歪みが起きれば当然起きてしまっています。

骨盤の歪みが起きてしまえば股関節の痛みや 股関節の出っ張りとして 起こります。

体に多くの疲れやストレスがたまると人の体は自然と歪みやズレとして起きていきますので歪みやズレが起きれば筋肉や靭帯は緊張したり引っ張られたりということが起きていき 関節を歪ませてしまっています。

疲れやストレスというのは大変多くの方にたまっているものですから疲れやストレスが多く貯まれば貯まるほど歪みを開きが起こりますが歪みが開きが最大的に大きくならないと痛みやこりは感じませんし起こっていません。

痛みやこりというのは生活しているだけでも溜まっていきますしに来ているだけでも溜まっていくことですし仕事をするとさらに溜まって蓄積していきます。

で最近多くの方が眠りが浅いという方が多くなっていますので昔でしたら寝つきが悪かったり 時々夜中に目を覚ましたり夢ばかり見たりという形で 脳疲労が強くなっている方が多くなっていますので脳疲労が強くなるということは睡眠負債状態を起こしています。

睡眠負債状態が骨盤に影響

睡眠負債状態というのは大変多くの方に起きているものですが簡単に解決できないほど簡単に良くならないほど大変なことが起きているのが今の世の中なので睡眠負債状態で骨盤が開いているという方もいますし睡眠負債状態で骨盤が歪んでいるという方も多くなっています。

睡眠負債が起きればまた多くなればなるほど 骨盤の歪みや骨盤の開きや内臓の状態も正常では入ることができませんから成城レベルを超えて働きが悪くなって低下していきます。

骨盤矯正をして行く時には色々なものを確認しながら見つけ出すことをしていかなければいけませんので骨盤矯正と言ってもただ骨盤を小さくすればいいというものではありません。

骨盤矯正をしていく上では体に蓄積した疲れやストレスが大変重要なものになるということは分かってもらえたと思います。

 

小倉北区で人気のある 骨盤矯正 をしています。