腰痛が楽になる

腰痛

腰痛が起きている時には 必ず歪みが起きていますので歪みから解消するようにしないと 一時的な抑えることはできるかも分かりませんが痛みがない時もどんどん悪化していつかは 大きな痛みとして起こります。

歪みというのは骨盤の歪み背骨の歪みなど色々な歪みがありますがこの歪みがあるときに重たいものを持ったり長く中腰をしたりたちっぱなしだったり 急な姿勢の変化で腰痛や腰の痛みになります。

いつもと同じことをしても痛くなる時と痛くならない時の差は骨盤や背骨の歪みにあります。

骨盤や背骨の歪みが大きいといつもと同じことをしても急激に腰が痛くなることがあります。
骨盤や背骨の歪みがあると 同じ姿勢や同じことをしても急激に痛みになったり椎間板ヘルニアになったりまた坐骨神経痛になったりして足に痛みや足の痺れが起こります。

全ては骨盤の歪みが原因ですがこの骨盤の歪みにも歪みが起きる原因があります。

 骨盤の歪みが起きるということはどういうことで起きるのか。

骨盤の歪みが起きる時には体に多くの疲れやストレスがたまっている時ですが、この疲れやストレスがどこにたまるのか。

それを考えたことがある方は少ないと思いますので専門家でさえもそういう詳しいことは知らない方が多いようです。

ただ姿勢が悪いとかそういうことが中心だと思いますが姿勢がどうして悪くなるのかということも考えなければいけません。

疲れというのは筋肉にも貯まりますが筋肉にたまると筋肉バランスが悪くなってバランスが悪くなることで筋肉は疲労してしまって緊張したり硬くなるということはあります。

内臓が

しかし内臓がちゃんとしっかりと働いていればこの筋肉のこりはホルモンで解消することができます。

しかしなにかの異常でこのホルモンが正しく働いていないという場合はあると思います。

ホルモンの出てくるところを考えたらわかると思いますがこのホルモンは内分泌系というところから出てきますので内分泌がしっかり働いていないということが言えます。

つまりホルモンバランスが悪いということになりますがホルモンバランスというよりも体調が良くないという風に思ってください。

体調が悪いというのは体に多くの疲れやストレスが溜まって低下している状態です。

体を整えていくことで

体調を上げて良くすること

体調整えるということはサプリメントや栄養ではできません

Follow me!