腰痛

腰が痛くなったり腰痛が起きるのは原因があって起きていますので 必ず痛み止めや湿布などまた電気などをすることなく 原因から改善して楽にしていかないと原因はすべて残ったままになっています。

 

腰痛には腰痛を起こす原因がありますので 原因から改善していかないと湿布を貼っても一時的に良くなったり マッサージをしても一時的に良くなったり低周波治療器などを押しても一時的に楽になることはありますがそんなことだけでは骨盤の 問題は解消できません。

腰痛を起こす時には重たいものを持ったり体をひねったり運動したりスポーツをしたり野球のスイングをなどをしたり長く運転などを続けたりして またには仕事で中腰で腰を痛めることもありますがこれらは全てきっかけです。

きっかけが ある前に 腰痛をいつ起こしてもいいという状態があります。

腰痛を起こしてもいいという状態になっていなければ同じことをしても腰痛や腰の痛みが起きることはありません。

すべてはこの原因がありますので原因から改善していかないと繰り返し起きやすくなったり痛みがないときでも急激に悪化させて椎間板ヘルニアや坐骨神経痛になる方もいらっしゃいます。

椎間板ヘルニアや坐骨神経痛というのも特別なものではなく普段から起きている状態の場合もありますので特に腰痛の方は椎間板ヘルニアになりやすく自分で気がつかない状態でヘルニアになっている方もいらっしゃいます。

腰痛の方は 原因があって腰痛になりますのでこの原因というのを見つけていく必要があります。

多くの腰痛の原因として考えられているものは 骨盤の歪みや骨盤の開きそして骨盤の不安定性状態です。

コレラ骨盤の問題がある時に重たいものを持ったりすると体を支えられない状態で急激に腰が痛くなったり徐々に腰が痛くなったりしていきます。

骨盤が開いたり骨盤が歪んだり言葉が不安定状態になっている時に長く運転をして同じしてを続けたりすると支えられない状態が起きてしまいますのでこの状態でも腰がズキズキしたりすることが起こります。

腰痛というのは必ず原因があって起こりますのでこの原因がどうして起こるのかということを考えるようにしてください。

腰痛の原因というのは 骨盤の問題ですがどうして骨盤が歪んだり開いたり不安定状態になるのかというわけがあります。

多くの場合、姿勢が原因だとして考えられていることも多いようですが姿勢ではありません。

本当は体の中にあるものが原因として骨盤の歪みや骨盤の開き、骨盤が不安定状態になっています。

骨盤に影響を与えるものとして体の中にあるものを考えると多くの場合は腎臓が深く関係している場合です。

腎臓と言っても病気ではありませんのでご注意してください。

腎臓に疲れが溜まることで骨盤の 筋肉に影響を与えてしまって骨盤が不安定状態になって歪みを起こしたり骨盤が開いたりしていきます。

しかしこの状態ではまだ痛みはありません。

きっかけがないと骨盤がどんなに歪みを起こしていても言葉がどんなに開いていても不安定状態でも腰痛は起こりません。

きっかけというのが先ほど書いたように集合しや重たいものを持ったりすることなどです。

当院の腰痛の改善法というのは 骨盤の歪みは骨盤の開き骨盤の不安定性状態を改善できたら 腎臓の働きを良くすることをしていきます。

腎臓の働きを良くなれば多くの場合、骨盤が安定する、骨盤が安定すれば腎臓の働きも良くすることができますので両方から攻めないと腰痛は 楽になることはありません。

腎臓の働きを良くすることは簡単ではありませんが腎臓の働きの低下から起こる腰痛ですから 必ず腰痛には腎臓が深く関係しています。

腎臓の働きの低下も病気ではありませんから病院に行って検査しても異常は見つからないことも多くありますので異常がないからといって安心することはできません。

病院というのは病気の専門家ですけど 病気として完成してしまわない限りは いくら検査をしても分かりません。

病気として初めて完成したら病院に行って検査をすると病気という陽性反応が出て病名がつきます。

それまでは病気ではありませんのでいくら病院で検査をしても分かりません。