腰痛を楽にするために

腰痛を楽にするためには腰痛の原因になっているものから改善していく必要があります。

腰痛を起こす時には体をひねったり運動をしたり重たいものを持ったり、同じ姿勢を長くするということで 腰痛を起こす場合が多いようですが、 これらは全て きっかけであって原因ではありませんので 腰痛を起こすときには必ず原因が潜んでいます。

腰痛には腰痛の原因があってひっかけで起こりますので重たいものを持ったりと言うことで起きる腰の痛みまた腰痛というのは 原因があります。

腰痛が起きる時には腰痛が起きる原因があって起きるということを言っていますので必ず重たい物などを持って腰が痛めたと言うのを原因と思わないでください。

腰痛には原因がある

腰痛を起こす時には骨盤のゆがみや骨盤の開きがあって体を支えられない姿勢をした時に腰痛が一気に起きたり 人においてはくしゃみをしただけで腰痛が起きたり 夜に眠れなかったために体の体調を落として腰が痛くなったり 色々なきっかけが起きて腰痛が起きていますが必ず腰痛が起きる時には筋肉人体のバランスが悪くなっているますし骨盤の歪みやひらきがあります。

骨盤の歪みやひらきがあるから重たいものを持った時に体を支えられないで腰痛は起きてしまいます。

骨盤の歪みは開きがあるから 腰痛が起きても不思議ではない状態になっていますのでこの時に重たいものを持ったり前かがみが多くなったりすると余計に体が疲れてしまって骨盤の歪みやひらきが大きくなって腰痛が起きてしまいます。

骨盤の歪みは開きの原因

骨盤の歪みは開きの原因がありますのでどうして骨盤の歪みやひらきが起きるのかということを探る必要があります。

色々な痛みやコリが起きる時には 何かの原因があって起きているという事を考えなければいけませんので何かの原因が起きるということは 原因を見つけ出す必要があります。

腰痛が起きる時には腰痛が起きる原因があると言いましたのでその原因と言うのは骨盤のゆがみや骨盤の開きで人体筋肉のバランスが狂っている時に悪い姿勢をすると腰痛になるわけです。

どうして骨盤の歪みやひらきが起きるのか

骨盤の歪みやひらきを切るのはある部分に疲れやストレスが溜まるのが原因なんですがこの原因は今まで誰も解明をすることはなく 姿勢が悪いとかただ単にそれだけを言われる場合が多くなっていました。

しかし疲れやストレスというのは体に溜まると言いますがその体のどこにたまるのかと言うことが一番重要になるわけです。

体に溜まるということを言うわけですからどこかに溜まって言っていますがそれは筋肉に少しはたまりますが筋肉だけに溜まることはなくさらにもっと多くの疲れやストレスと言うのは 体の中のある部分に溜まっていきます。

そのある部分というのは

ある部分と言うのは内臓です。

内臓に疲れがストレスが溜まることが原因で体は歪みを起こして行って骨盤のゆがみや骨盤の開きを起こしていきますのでこの骨盤の歪みやひらきが起きると筋肉、靭帯のバランスも悪くなって 腰痛が起きて行きます。

体に溜まる疲れやストレスというのはいつも一定ではありませんので多くなったり減ったりしています。

減っている時には良いんですが多くなると いつもと同じ姿勢をしても急に腰が痛くなったりすることがあります。

当院ではこの内臓の部分を見つけ出すことを重要視していますので内臓から改善していくことができます。

 

北九州市小倉南区東小倉北区と八幡東区や八幡西区と戸畑区と若松区と門司区と下関市と行橋市から多くの方が腰痛が楽になるために訪れているカイロプラクティック徳力整体院です。