膝の痛みを解消するには

膝の痛みが ある時には膝の痛みが起きる原因がありますのでその原因から改善するようにしています。

膝の痛みが起きる時にはどうして膝の痛みが起きているのかということがありますので加齢による軟骨の損傷やひざ関節のいろいろな問題があると思いますけど一概に言うと 原因がしっかりありますので原因から改善していくようにしています。

膝の痛みがある方がよく来院していますけど病院などでヒアルロン酸などの注射を打ったり水を抜いたりという事の治療をしているようですが多くの膝の 部分を触って見てみるとまだまだ腫れがあったり 炎症を起こしていたりして大きくなっている場合がありますのでまず膝の痛みを楽にしていくためには晴れや炎症を改善して減らすことをしていかなければいけません。

何よりも腫れや炎症を抑えて 関節自体を細く小さくしていくことから始めていきます。

病院などで、いくら湿布を貼ってもヒアルロン酸などの注射を打っても 関節自体の腫れや炎症はなかなか取れていない場合が多いようですから まず 原因から探していくと言うよりもひざ関節自体の炎症や腫れを軽くしていく必要があるからです。

膝の痛みには

膝の痛みに違和感、膝自体の腫れや炎症を取り除くということも大事なんですがそれ以上に通して膝の痛みが起きたのか軟骨などが問題になっているのかということの原因が裏側に隠れて潜んでいます。

一つは体調が落ちている場合が多くありますので体調もあげていくことが必要なんですが体調が悪くなって落ちていると骨盤のゆがみが起きていますので骨盤のゆがみが起きていると筋肉や靭帯のバランスが悪いのが当たり前です。

体調が落ちていると誰でも歪みやずれが起きていますので骨盤で起きている方もいらっしゃるし背骨のズレで起きている方もいますので検査をすることでそれらを整えていくことが必要になる方もいます。

当院で行う膝の治療は

当院で膝の治療をする場合にはまずひざ関節靭帯の炎症や腫れを抑えることを目的として膝の治療にあたって行きますが単純な炎症や腫れというわけではないかと思いますのでそれぞれの膝に合わせて確認しながら解消していくようにしています。

普通体調が悪いと骨盤のゆがみなどが起きていますので体調も同時に上げていくことをしながら膝の痛みの関係する部分を改善するようにしています。

また体調も眠りが浅い方は体調が悪くなりやすく体調をあげてもあげても崩れやすくなるのが眠りの浅さで起きています。

眠りが膝に関係する

眠りが浅くなった状態が長いと睡眠不足と言うよりも睡眠負債と言うのが大きくなっていきますので睡眠負債が多くなればなるほど負債を抱えてしまって膝の痛みはなかなか良くはなってくれません。

眠りというのも膝の関節の痛みを抑えるためのまた楽にするための重要な要素になりますので眠れていない方は眠れるようにしないと体調を上げることもできませんし膝の痛みがぶり返す場合も多くなっていますので眠りを重要視しながら体を整えていきます。

膝と言っても体調もあげなければいけませんし眠れていない方でしたら眠れるようにしていかないとひざ関節の痛みは取れていきませんので色々な面から考えながらひざ関節の痛みを楽にしていくことを当院ではしています。

しかし簡単に考えて

膝の痛みの原因は

膝の痛みの原因は内臓にも深く関係していますので内臓の病気というわけではありませんが内臓の働きのチェックをする必要があります。

普通に考えてひざ関節が腫れた原因は関節にあるわけではなく内臓に深く関係していますのである内臓が問題を起こしたりとかすると膝に痛みを起こしたり炎症を起こしたり腫れを起こすということは当院の院長が知っています。

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから膝の痛みを原因から改善しています。

北九州 膝の痛み

小倉北区 膝の痛み

小倉南区 膝の痛み