腰痛を楽にする

腰痛を楽にしていくためには湿布を貼ったり電気をしたりマッサージをしたりすることは構いませんけど原因が潜んでいますので原因から改善していかないと繰り返し安く定期的に腰痛を起こす結果になったりすることもありますし 腰痛がないときでも 椎間板ヘルニアや坐骨神経痛に一気になる方もいます。

腰痛が起きたりする時には急激な痛みには湿布を貼ったり安静にしたり電気治療器をしたりマッサージをしたりするということで 楽になることもありますがこれは治ったとは言えませんのでご注意して下さい。

急激な強い痛みを抑えても 原因は残ったままになっている場合が多くありますからその原因から改善していくようにしないと 原因は残ったままだし 一気に悪化して悪くなることもあります。

腰痛を起こす時には原因があって腰痛になっていますのでその腰痛になっている原因を見つけていく必要があるということを言っていますので当院では腰痛の原因から改善していくようにしています。

腰痛を楽にしていくためには

腰痛を楽にしていくためには腰痛の原因になっているものから見つけていかなければいけませんけど腰痛がどういう状態で起きているかという事も知ってもらう必要がありますのでその説明をしていきたいと思います。

腰痛が起きる時には重たいものを持ったり中腰を長くしたり同じ姿勢を続けたりすることで腰痛が起きることがありますが、これらは全てきっかけにすぎません。

長く同じ姿勢を続けたり体を支えられない姿勢をしたりすると ある条件のもとで腰痛が起こる場合が多いようですからこの条件と言うのは骨盤の歪みです。

腰痛が起きる時には

腰痛が起きる時には言葉のゆがみが起きている時ですから骨盤のゆがみが起きていると筋肉のバランスが悪くなっていますので筋肉のバランスと骨盤のゆがみから重たいものを持ったり同じ姿勢を続けたりすると負担になることが多いので、それが腰痛を起こしていく原因です。

腰痛と言うと骨盤の歪みが必ずありますのでその骨盤の歪みも響い大きさが違いますので 骨盤の歪みが大きい日もあれば少ないひまわりますのでいい日に 同じ姿勢を続けたり重たいものを持ったり前かがみの姿勢をしたりすること 筋肉靭帯が体を支えることが出来なくなって腰痛になって行きます。

骨盤の歪みは誰でもある現象です

骨盤が歪みを起こす時にはどうして骨盤の歪みが起きるのかということの原因がありますのでその原因と言うのは体に溜まる疲れやストレスです。

体に多くの疲れやストレスがたまるばたまるほど 骨盤の歪みが大きくなったりまた疲れやストレスが減ると骨盤の歪みは軽くなります。

疲れやストレスが溜まっていない方はいませんので 疲れやストレスがあればあるほど溜まれば溜まるほど体の歪みが大きくなって言って骨盤の歪みも大きくなるということが起こります。

骨盤のゆがみがあっても 同じ姿勢をしたり重たいものを持ったり体を支えられない姿勢をしたりしない限りは 腰痛は起きたりはしません。

腰痛が起きるときは

腰痛が起きる時には 体のある部分に疲れやストレスが溜まってこの部分に疲れやストレスが溜まると筋肉や靭帯のバランスが悪くなって骨盤の歪みが起こり始めます。

この時に重たいものを持ったり中腰をしてあり同じ姿勢を長くすることで骨盤の歪みがさらに広がって筋肉靭帯のバランスが 悪くなって 一気に腰痛になるのがぎっくり腰です。

腰痛を 改善していくなら 疲れやストレスが溜まった部分の 働きを良くすることをしていかなければいけません。

この疲れやストレスがたまると言うのは内臓です。

内臓と言っても 病気ではありませんので注意をしてください。

雷蔵に最終的に疲れやストレスが溜まっていて、それがどんどん大きくなって 内臓の働きが悪くなっていくことが原因で大腰筋、腸骨筋という骨盤を支える筋肉や靭帯が緩んでしまって 骨盤のゆがみが起きていくのが腰痛 につながります。

北九州市小倉南区と小倉北区と 八幡東区と 八幡西区と 戸畑区と若松区と行橋市と 下関市から多くの方が腰が楽になる為に訪れています。