肩こり

肩こり になる時には 原因があって肩こりになっていますのでその原因から改善していくように当院ではしていますから例えば肩こりと言うと湿布を貼ったり肩こりが強いと病院に行って注射を打ったり薬を飲んだりサプリメントを飲んだり 電気治療器をしたり マッサージをしたり肩を揉んでもらったりといういろいろな方法があると思いますが 全ては一時押さえでしかなりませんので原因がしっかりあって肩こりが起きていますので当院では原因を見つけて肩こり を改善していくように しています。

肩こりと言うとどうしても筋肉のコリというイメージが強いと思いますけど筋肉のこりだけで肩こりが起きることはあまりなく他の原因があって肩が凝っているということもあります。

肩こりと言うとテレビなどで特集されるように色々な治療法がありますけど 筋膜ストレッチや湿布を貼ったりと言うこともあったり病院などで 薬をもらったり注射を打ってもらったりということもあると思いますけどこれらはすべて1時を妻にしかなりません。

肩こりを楽にするために

肩こりを楽にしようと思うなら筋肉のこりだけではなくもちろん筋肉のコリをほぐしていきますが、その他の原因も改善していくようにしないと筋肉のこりはまた戻ってしまいます。

肩こりと言うと筋肉のこりというイメージが強いようですが 肩こりを起こす筋肉というのは 僧帽筋と言う筋肉ですから僧帽筋の こりが肩こりになります。

この僧帽筋と言うのは首から肩から背中まである大きな筋肉なので この筋肉が凝りを起こすことが 肩こりになります。

肩こりと言うと首の痛みや首のこりも同時起きることがあるのはこの僧帽筋の筋肉のコリの星なので この筋肉が凝りを起こして行くと頭痛までなるという事も時々はあります。

肩こりを楽にするためには

肩こりを楽にしていくためには肩こりの原因になっているものから見つけていく必要がありますが 何も何よりも優先されるのは 僧帽筋のコリからほぐしていくことから始めていきます。

僧帽筋のコリが、ほぐれていかないと色々なものが見えづらく分からなくなるからです。

僧帽筋のコリがほぐれてきたら 次は背骨の歪みのチェックをしていかなければいけません。

背骨の歪みのチェックも 重要ですがさらにその上の椎間板がヘルニアになっていることも多くありますのでこりと言うよりも痛みが強くなっている肩こりの方もいらっしゃいます。

また場合によっては 時々最近いらっしゃいますけど 背骨自体が炎症を起こしていて腫れている方という方も肩こりになっていますので、そういう変な状態も起きています。

歪みや骨の炎症や骨の腫れから改善していかないと筋肉はまたすぐにこりやすくなりますので筋肉と言うのは骨から骨についていて 異常を起こす場合が多いようですから。

骨の歪みは

骨の歪みというのはどうして起きるのかということも原因があって骨の歪みが落ちていますので何かの異常が起きた時に骨の歪みが起きています。

当院ではこの骨の歪みの原因から改善していくようにしていますが多くの場合骨の歪みが起きるのは 内臓疲労から落ちていますので 姿勢で起きるものではありません。

姿勢が悪くなる時にも体に多くの疲れやストレスが溜まった時で 猫背になって肩こりが起きていると思う方もいらっしゃると思いますけど多くの場合内臓に疲れがたまることで猫背になっていますので、それで肩こりが起きているというに勘違いしている方は多くいます。

最近多くの型がこの容器の変動や睡眠負債の 問題で 体調が悪くなっていますので体調が悪くなったことない雑煮疲れがどんどん多く溜まって行って骨盤の歪みや背骨のズレを起こしていると言う方が多くなっています。

 

 

北九州市小倉北区東小倉南区と八幡西区と八幡東区と戸畑区、若松区と門司区と下関市と行橋市などから多くの方が肩こりの解消に訪れています