腰痛を楽にしていくために

腰痛 を楽にしていくためには 腰痛の原因になっているものから改善していかなければ腰痛は根本的には楽になるだけで良くなりはしません。

腰痛を楽にすることと直すと言うことは意味が全然違いますので当院では楽にして直すことをしていきます。

腰痛を起こす時には原因があって起きていますので 腰痛 を起こした原因から改善していくようにしています。

腰痛を起こす時には 重たいものを持ったり庭仕事で中腰を長くしていたりするときに立とうとしたら腰が痛くなったということもありますし、車の運転を長くしたら腰がズキズキ痛みだしたとか、車から降りようとしたら腰が痛くて体が伸ばせなかったということもあるし、くしゃみするだけでも腰が痛くなったという方もいるし 夜寝てどうもなかったのに朝起きたら腰が痛かったという方もいらまいます。

腰痛を起こしている原因は色々あると思いますがこれらは原因ではなくきっかけにしか過ぎません。

腰痛を起こす原因は

腰痛を起こす原因は 体に溜まった疲れやストレスが原因です。

腰痛を起こす原因というのは 体に溜まった疲れやストレスが原因ですが 体に疲れが溜まったとかストレスが溜まったと言うことをよく言いますがこの疲れやストレスというのはどこにたまるのかということが原因になって行きます。

多くの疲れやストレスと言うのは体に溜まったと言う割にはどこにたまるのかということをわかっていないで使っている方が多いようですからこの貯まるところが原因になります。

疲れやストレスというのは筋肉にもたまりますが多くは最終的には内臓に溜まっていきますので内臓に溜まることで働きが悪くなって 内臓の疲れやストレスの朝から歪みはずれが体に起きて行きます。

内臓に溜まる疲れやストレスと言っているので病気ではありませんので注意をしてください。

ではどの内臓かということになりますけど腰痛を起こす原因として普通一般的には腰痛=腎臓という意味があります。

腎臓に疲れが溜まれば溜まるほど骨盤や背骨の歪みは何が起きて行きますので骨盤のズレが 起きて行くと 筋肉のバランスが悪くなっていきますので筋肉のバランスが悪くなるとさらに骨盤の歪みや背骨のズレが広がって大きくなっていきます。

この時に骨盤の歪みは背骨のズレのために体を支えることができない姿勢やきっかけをすると腰痛になったり椎間板ヘルニアになったり坐骨神経痛になって行きます。

腰痛を起こす時には

腰痛を起こす時には腎臓の働きが弱った時に骨盤のバランス焼肉バランスや背骨のバランスが悪くなってしまって体を支えられない時に腰痛を起こしていますので椎間板ヘルニアや坐骨神経痛と言うのも特別なものではなく誰でもどこでも起きるものです。

足まで痛みが広がることを坐骨神経痛と言いますので足に広がる坐骨神経痛があるということは椎間板ヘルニアなどもある可能性が高いと言うことが言えます。

腰痛解消法は

腰痛を改善と解消していくためには骨盤の歪みや背骨のズレを整えていくことも必要ですが腎臓の働きを正常機能にあげていくことも必要なりますので腎臓に溜まった疲れやストレスを軽くすること と大腰筋腸骨筋という腎臓に関係する筋肉のバランスを整えていくことそして骨盤の歪みや背骨のズレを矯正して 整えていくという作業が必要になります。

そして遠いには腰痛が楽になったら体質改善という治療がありますので体質改善の治療で腰痛を若返りさせることができますので腰痛が根本的にあるのは、腎臓の弱さです。

腎臓が弱いから疲れやストレスが溜まりやすくたまると歪みになっていきますのでこの腎臓を変えて行くことができるのが唯一の方法が体質改善という腎臓機能を改善していく方法です。

腎臓の働きをあげるということをしていくのと 腎臓自体をあげると言うことは全然違いますので働きを上げてと言うことは体調を上げて腎臓の働きを上げて老廃物ろ過する力を上げることになりますけどいくら六花する力や循環を良くしても上がりきらないものは構造物から変えていく必要があるからです。

この構造物から帰ることの治療ができるのは体質改善の治療だけですから。

 

北九州市小倉南区と小倉北区と八幡東区と戸畑区と八幡西区と若松区と門司区と行橋市と下関市から多くの方が腰痛を楽にしていくために訪れています。