肩こりを楽にしていくために

肩こり

肩こりを楽にしていくためには原因を改善することをしないと繰り返し肩がこりあすく原因もいつまでも同じままではありませんので原因も進行していくということが考えられますから肩こりは原因を減らしていくこと小田和改善してことを考えましょう。

  肩こり を楽にしていくためにはいろいろな方法があると思いますが 肩の筋肉を揉んでもらったり低周波治療器に代表される電気をかけたり マッサージをしたり 注射をうったりサプリメントや薬を使ったり 肩こりが強いとブロック注射を打ったりするという事もありますのでそれらをしても一時押さえにしか鳴らなくて原因があるのに原因を変えないと肩こりは繰り返し起こります。

肩こりを楽にしていくためにはまず筋肉から解さなければいけませんがこの筋肉と言うのは僧帽筋という筋肉なので僧帽筋は首から肩から頭から背中まである大きな筋肉です。

この筋肉が凝りを起こすことが肩こりということなので筋肉からほぐしていきますが筋肉だけで肩こりが起きることはありませんので。

歌舞伎町僧帽筋のコリからほぐしていくようにするわけですけど僧帽筋のコリが起きるとリンパの働き悪くなって老廃物が多く溜まったり血液の循環が悪くなったり神経の流れが悪くなったりすることが肩こりの一因でもあります。

肩こりを楽にする

肩こりを楽にしていくためには筋肉のコリからほぐしていくようにすると説明していますが筋肉のこりだけで肩こりが起きることはなくその上に背骨の歪みや首の骨のズレが重なっています。

背骨の歪みや首の骨のずれがわかると筋肉もっこりを起こしたり緊張したり引っ張られたりということが起こりますので筋肉の凝りがメインではなく背骨の歪みや首の骨のズレが原因です。

しかし背骨の歪みや首の骨がズレるのかというわけがありますのでその理由から追求していかないと肩こりは楽になっていきません。

肩こりと言うのは

肩こりと言うのは筋肉のコリの上に背骨の歪みや首の骨のずれが重なって起きていますがどうして背骨の歪みや骨のずれが重なるのかということの原因がありますからこの原因から改善していかないとコリは楽にならなくて繰り返す場合が多いようです。

多くの場合肩こりと言うと体に蓄積した疲れやストレスが原因で起きている場合が多いようですから疲れやすトレスを減らすということを重要視していますがこの疲れやストレスがどこにたまるのかということが肩こりの原因になります。

普通一般的に肩こりが 起きる場合は 疲れやストレスがどこにたまるのかということの理由ですがそれは内臓に溜まっていきます。

内臓に溜まる疲れやストレスと言うのは大変多く溜まっていますので内臓と言っても病気ではありません。

内臓に疲れやストレスがたまると急速に体の歪みや背骨のズレ、骨盤のゆがみが起きていきますので、これらが全ての原因になっていきます。

内臓に疲れやストレスがたまると言うことですから病気ではありませんので注意してください 。

内臓に溜まる疲れやストレス

内臓に溜まる疲れやストレスと言うのは大変多くをいつでも日常茶飯時的に起きていますので内臓に溜まるストレスや疲れと言うのが体の歪みを起こして背骨の歪み骨盤のズレなどを起こしている行くと肩こりになっていきます。

特に肩周辺の背骨が歪んだり何を起こすと肩こりになります。

内臓疲労が起きると背骨のゆがみが起きていきますので背骨が歪んだりすることは大変多くの場合起きていますので疲れやストレスが全く溜まっていないということはありません。

疲れやストレスが溜まっていても肩こりになるとは限りませんので歪みの度合いというものがありますから歪みは歪みが強くを起きれば起きるほど 肩こりになりやすく なります。

内臓疲労から起きる肩こり

内臓疲労から起きる肩こりが普通一般的にどんな肩こりでも内臓疲労から起きていきますので日常的に疲れやストレスがたまりば溜まるほど内臓に溜まっていきますから内臓にたまれば自然と背骨の歪みとして肩こりになります。

肩こりを改善するためには疲れやストレスを減らすことですが疲れやストレスが溜まった内臓から元気にしていかないと内臓がよく働くことをしないと疲れやストレスも減ってくれません。

内臓やストレスがたまりばたまるほど内臓疲労が起きていて内臓疲労から歪みになって歪みから筋肉が凝りを起こして肩こりになります。

当院では体質改善という治療がありますから体質改善で歯の合図をまたは疲れやストレスが溜まりやすい内臓を強くしていく方法があります。

この強くしていく方法を体質改善の治療またはアンチエイジングまたは若返りの治療と言います。

しかし体質改善の治療は初回からはできませんので早い方で3回目から体質改善の治療ができて内臓を強くすることができます。

内臓に疲れがたまるということはその内臓が弱いから溜まりやすく弱いところを強くしていくということで体は変わるということが起きていきます。

北九州市小倉南区東小倉北区と八幡東区や八幡西区と戸畑区と若松区と行橋市と門司区、下関市と田川市などから肩こりを改善するために多くの方が訪れています。