肩こりを楽にするために

肩こり

当院では肩コリを楽にしていくためには筋肉のコリからほぐしていくようにしますが筋肉だけでほぐす肩こりを していると原因が潜んでいる場合がありますので原因は筋肉のコリだけではありません。

肩こり と言うと筋肉のコリというイメージがどうしても強いために 筋肉ばかりコリをほぐしている場合が多いようですが 筋肉ばかりほぐしていても肩こりは楽になったように思いますが 本当は原因が残ったままになっています。

筋肉もこりを起こす場合は、どうして筋肉が凝りを起こしたのかと言う理由があってこりを起こしていますのでその原因から改善していかないと 筋肉ばかり肩こりを解消しようとしていても原因は残ったままになっています4原因もいつまでも同じままではありません。

肩こりを解消しようと思うとオークの治療院では電気治療器や肩の筋肉を揉んだりして肩こりを解消しているようにしていますが本当の原因は筋肉ではありませんので筋肉ばかりコリをほぐすことをしていても楽にはなりますがその先の原因が残ったままになっています。

肩こりと言うと筋肉のこりというイメージが強いために筋肉のコリをほぐしても一時的には肩こりは楽になっています。

しかし肩こりを原因から改善していくようにしないと 多くの場合原因が残ったままになっていると原因はどんどん進行してこじらせてしまうことが多くあります。

肩こりと言うと

肩こりと言うと筋肉のこりというイメージがどうしても強いために筋肉のコリから説明していくとこの筋肉のことを僧帽筋という筋肉と言います。

僧帽筋のコリが肩こりになりますのでこの僧帽筋のコリを解消していくために電気治療器をしたり低周波治療器をしたり筋肉を揉んだりすることが多くそれでも一応は肩こりは楽になったような感じがします。

肩こりというのは原因がなくて起きることはありませんので本当はもっと重要なまたは重大な意味が潜んでいます。

肩こりと言うのは体が起こす唯一のボディランゲージつまり警報と同じなのです。

肩こりを筋肉ばかりほぐしているとその警報を スイッチを切ってしまっていることになりますので体がせっかく起こしている body language または警報スイッチを切って火種はまたは 火災が残ったままになっています。

警報スイッチだけ起きてしまって気が起きているのかということも確認をしないで 警報スイッチを起きる事ばかりに専念していては火がどんどん大きくなってしまって燃え上がってしまいます。

これをしているのが電気治療器や肩の筋肉をマッサージするという行為です。

肩こりを起こしている原因があるのにその原因から検査をして見つけることもしないで 対症療法ばかりしていると原因はどんどん進行してしまうということがあります。

原因から改善していくために

肩こりを原因から改善するためには検査をして肩こりが本当に筋肉のこりだけから起きているのかということも確認していく必要があります。

当院ではそういう検査の確認をすることができますので 検査技術を磨く事を30年間してきました。

肩こりの原因になっているものが筋肉であれば筋肉をほぐしていかなければいけませんが筋肉疲労ということもあったり筋肉が炎症を起こしているということも最近多くなっているし筋肉が腫れ上がっているという現象も起きていますのでそれらを改善と解消するようにして筋肉のコリであれば楽にしていくことをしています。

確かにいつも使っている方ですから筋肉疲労が起きたりすることもありますし筋肉に疲れやストレスがたまるということも起きますし 筋肉が疲れてくるとリンパの働き悪くなったり老廃物が多く溜まってしまったりということも起きてしまっていると思います。

しかしそれだけで起きていることはあまりありませんので筋肉疲労や筋肉の腫れやリンパの流れなどが悪くなるという 原因があります。

肩こりを改善するためには

本当の意味で肩こりを改善しようと思うなら原因を追求していかなければいけませんけどね先にあるものから改善しなければ肩こりは良くなりませんし目先のものが 検査で確認することはできませんからまず筋肉からほぐしていくようにしてその先にあるものつまり背骨の歪みはズレを確認することをしています。

まずは目先のものをから始めることが肩こりを楽にすることにつながっていくので 筋肉のこりからほぐしたら背骨の歪みはズレを治療することで筋肉が緩んで楽になっていきます。

そして筋肉のコリがほぐれて背骨の歪みはずれが解消できたら今度はどうして背骨の歪みやずれが起きたのかという裏側にある原因を見つけなければいけませんので裏側の原因を見つけていくためにも検査することを重要視しています。

検査するということは病院でも同じですが病気になっていなければ病院では分かりませんけどまた病気として完成してしまうと病院に行って検査をすることで陽性反応が出て病名がついて薬が処方されて何らかの病名がつくという状態が 仕上がります。

近しい肩こりと言うのは病気ではありませんから病院に行って検査をしても異常が出てきませんし筋肉注射をしたり筋肉弛緩剤を打ったり痛みやコリ度目の 薬をもらったりと言うことはあるかと思いますが原因が改善できているかというとそうではありません。

どうして背骨の歪みやずれが起きるのかという原因があって筋肉のコリが起きていますので 1段階目として筋肉のこりからほぐすようにしていますが一段階目として背骨や 首の骨のズレやゆがみなどを改善することそして3番目としてその先にあるものを見つけていくために検査することを重要視しています。

北九州市小倉北区と小倉南区と 八幡東区と戸畑区から多くの方が肩こりを改善して楽になる為に訪れています。

肩こり を改善 するために原因から改善するようにしています。