整体腰痛

整体で腰痛、肩こり、小顔矯正と骨盤矯正が人気

当院では整体とカイロプラクティックと気功を融合させた施術をしています。整体とカイロプラクティックの施術はボキボキしたりすることもなく痛くもない骨盤の歪み・背骨のズレ矯正をしています。
整体とカイロプラクティックの違いは大きくありますが、基本的には同じだと思えば良いと思います。
整体と言うのは日本古来からあって柔道や剣道の練習で痛めた関節を施術していたのが整体で骨盤・背骨・関節矯正術です。
イロプラクティックと言うのはアメリカで発展して1895年9月18日にダニエル・デイビット・パーマーが始めて矯正した骨盤・背骨・関節矯正術のことを言います。
アメリカと日本で発症が違うだけですけど整体は先生から弟子に受け継がれる技術でしたが、カイロプラクティックは色々な歴史を経てアメリカ国家が認可しています。第3の医療とまで言われています。
両方とも骨盤の歪み・背骨のズレを矯正する治療法です。今ではどちらかと言うと整体の方が一般的です。
整体と言うのは体を整えることで整体ですがカイロプラクティックが手の技術とか手の技と言う意味です。つまり手技と言う意味になります。
手の技を駆使して体を整えることが整体・カイロプラクティックです。

整体とカイロプラクティックと気功

先ほど気功と言いましたが、当院の気功の施術はあやしいものではありません。しかも気を入れましたと言う気功でもありません。当院の院長が気功の気を使う時には初めは検査する時に気を使います。
行ったことがある方は知っていると思いますが整体院やカイロプラクティック院では足の長短で骨盤の歪みやズレを検査していますが、例えば右足が短いとか左足が長いとか、これを骨盤の矯正をすれば足が揃ったとか言います。
当院では足の長短は見ていません。それには理由があります。初診では誰でも足の長さが違うからです。足の長さの違いは体調にあります。ですから体調の検査を気でしています。
体調が良いのか、悪いのか、と言う事ですが当院に来るくらいですから体調が良い訳ありません。何かの痛みやコリを感じていなくても全員と言って良いほど体調は落ちています。
当院では腰痛、肩こり、生理痛、便秘、下痢、頭痛、首の痛み、首のこり、膝の痛みなどだけではなく小顔矯正や骨盤矯正を希望してきた方の検査をすると体調が落ちていることがあります。
体調が落ちる原因は毎日の生活や仕事や精神的な緊張、プレッシャー、運動すること、ジョキングしたりすること、ストレッチすること、買い物をすること、歩くこと、荷物を持つこと、車の運転をすること、睡眠負債でも多くなるものが体に蓄積して多くなった状態が体調の低下をさせていきます。

疲れやストレスの蓄積が痛みやコリに

本当に多くの疲れやストレスが体にたまっていきます。何をしても疲れやストレスがたまりますし何もしなくても疲れやストレスがたまります。この疲れやストレスがどこにたまるのか、ということが一番の問題です。
疲れやストレスが体にたまりますが、体のどこにたまるのか、と言う問題が歪みやズレを起こして腰痛、肩こり、生理痛、便秘、下痢、頭痛、首の痛み、首のこり、膝の痛みになっていきます。
疲れやストレスがたまる所を考えたことがある方は少ないと思います。当院の院長である私も研究する事をしています。研究して見ると色々な状況がわかってきます。
例えば体重が100キロの方がいたとして65キロが水分です。つまり水です。あとは骨の重さ、筋肉、脂肪、皮膚、血管、神経、リンパとあとは内臓と中枢神経(大脳、脳幹、脊髄)です。

中枢神経(大脳、脳幹、脊髄)も内臓の一部です。

この中で疲れやストレスがたまりやすい所は筋肉と内臓です。例えばアルコールや脂分の食事をすると内臓は勝手に働いてくれますが、働くことで運動して疲れやストレスをためていきます。例えば呼吸も酸素を吸って肺で血液に酸素を混ぜてくれますから血中酸素が増えてくれます。
内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。なんでもかんでも病気というのを結びつけることなく疲れやストレスが内臓にたまると言うことが多くあります。
つまり肝臓でもアルコールを飲まなくても疲れやストレスがたまります。
タバコを吸わなくても疲れやストレスは肺にたまります。
何もアルコールやタバコだけが何かを起こすことはありません。アルコールを飲まなくても肝臓が病気になる方もいます。
タバコを吸わなくても肺が病気になる方もいます。病気になるのはアルコールやタバコだけではありません。

疲れやストレスの蓄積

疲れやストレスと言うのは内臓にたまると説明しましたが体には弱い部分とそうでもない部分があります。弱い部分に多くの疲れやストレスがたまりやすく、たまると弱っていきます。内臓が弱ると腰痛、腰の痛み、腰が痛い等の方は腰の腎臓のあたりを触ると固くなっているかハレ上がってブヨブヨしている方もいますが病気ではありません。
最近は多くの方が膵臓が弱っている方が増えてきましたから背中側の胃の左側を触ると厚みが有ったり横が出っ張っています。しかし病気ではありません。
花粉症が起きるのは目や鼻の弱さと肝臓に関係しています。肝臓が弱い方は背骨の8番目の骨がズレています。
肝臓が弱っていると膝の痛みにもなりやすくなります。
腎臓に疲れやストレスがたまると腎臓に関係する大腰筋、腸骨筋の筋肉のバランスが崩れて骨盤の歪み・背骨のズレになります。腎臓と言うにも病気ではありません。

痛みやコリになる時には

痛みやコリ、腰痛、肩こり、生理痛、便秘、下痢、頭痛、首の痛み、首のこり、膝の痛みになる時には、必ず疲れやストレスが筋肉にもたまりながら内臓に蓄積して起こしています。
特に生理痛、生理不順、便秘などは代表的ですね。
生理痛、生理不順でホルモンのバランスが悪くなるのもホルモンと言うのは内臓ですから。生理痛、生理不順に関係するのは子宮や卵巣とホルモンですが、それらが関係する前には体調の低下で起きている骨盤の歪み・背骨のズレがあります。
生理痛・生理不順になる方は背骨の腰椎の3番目(卵巣)と5番目(子宮)の骨がズレています。
便秘なども腸ですから腸が働かないから便通が悪くなり便秘になっている訳ですから。便秘の方は背骨の4番目の骨がズレています。

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから整体とカイロプラクティックの技術で腰痛、肩こり、生理痛、便秘、首の痛みと首のこり、膝の痛み、を解消することと、小顔矯正、骨盤矯正が人気。

更新履歴
page top