小顔矯正なら北九州市小倉南区と小倉北区でも

小顔矯正をするなら、初回から顔が小さくなる矯正をしていますが、小顔矯正と言っても、顔を小さくすれば良いと言う訳ではありません。
小顔矯正をする時に、他の小顔矯正をして見たと言われますが、いくらしても変化がないとか、持続性がないとか聞きますが、当院では初回から顔を小さくすることに自信があります。
それは、顔を小さくするには、どうすれば良いか、考える事をしています。
今まで30年間、小顔矯正をしてきましたが、小顔矯正をする時に、一番、問題があるモノを増やして顔が大きくなっているからです。
30年間以上、小顔矯正をしてきましたが、全員の方があるモノが多くたまって起きる顔が大きくなっていました。
これは、たまっていない方はいません。
全員の方が、たまって顔が大きくなっています。
これは、毎日、毎日の生活、仕事、運動、精神的な緊張、プレッシャー、眠りの浅さで多くなるモノです。
何をしても多くなり、何もしなくても多くなるモノです。
しかし、誰もが簡単に考えています。
それは、疲れです。
小顔矯正と蓄積疲労
疲れは多くしてしまえば限界なく多くなります。
疲れが多くなり、疲労になり、疲労が多くなると蓄積疲労になっていきます。
蓄積疲労が体全体にたまりながら、顔にもたまっていきます。
顔に疲れがたまっていくと浮腫み、脂肪が多くなります。
しかし、それだけでは済みません。
小顔矯正と顔の骨
顔や体に疲れが溜まると、骨盤の歪み・背骨のズレは必ず起こります。そして浮腫み、脂肪が増えていきます。
さらに顔の骨も大きくなります。
今でも自分の顔を触って見て下さい。
外側には皮膚があって、皮膚の下には皮下脂肪、筋肉、じん帯しかありません。あとは顔の骨です。
自分の顔を触って固く感じるモノがあれば、それは顔の骨です。
筋肉は、そこまで固くありませんよ。

 

今でも自分の顔の皮膚をつまんで見て下さい。
顔の皮膚と筋肉と脂肪は指先で摘まむことができます。
つまむときには、人差し指を曲げないで下さい。伸ばしたまま人差し指と親指の先で顔を大きく摘まみます。
摘まんだ先にあるのが、皮膚と皮下脂肪と筋肉とじん帯になります。
摘まんだ部分が多くなれば、これを減らす事ができると、それだけでも顔は減った分だけ小さくなります。
しかし、多くなった原因は蓄積疲労にありますから、蓄積疲労も減らさないと維持することや持続性はありませんが、減らしても、減らしても、また、たまっていきます。その為にも、何かを変えない限りは、同じことの繰り返しですから体質改善の矯正で体を少しずつ変えていく訳です。
さらに、眠りの浅さでも疲れは多くなります。
眠りが浅い方、時間が少ない方も浮腫み、脂肪が多くなりホルモン系が乱れています。
ホルモン系が乱れているだけでは済まない方もいます。
生活で仕事で運動で寝不足で蓄積疲労になり代謝が悪くなりリンパの流れが悪くなり老廃物が多くなり循環が悪くなります。
そうすると浮腫み・脂肪が増えていきます。
顔も変形したりすることも起こります。
疲れが溜まると、ありとあらゆることが起こります。

TOPへ