腰痛

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

腰痛腰の痛みが起こりやすい方というのは何かの原因があるから腰痛や腰の痛みになってしまうわけですから何から原因があるのかということも考えなければいけませんしどうして腰痛になるのか繰り返すのかということを見つけ出さなければ、いつまでたっても腰痛に悩まされたり、腰痛の原因もいつまでも同じままではいられませんから進行していくということがありますから注意しなければいけませんが多くの方はただ腰が痛いとかいうだけであり何も考えていない方が多くいますのでしっかりと自分の体に向き合うことを考えなければいけません。
腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどとは

腰痛が起きてしまう時には重たいものを持ったりすることが代表的なんですがいつも同じように重たいものを持っていても痛くなる時と痛くならない時があると思いますのでどうして痛くなるのかどうして痛くならないのかということを考えなければいけません。
腰痛が起きてしまう時にはいろいろな原因と思われるものが存在していますが、運動をして野球やテニスをしている時にスイングをしたら腰が抜けそうに痛くなったとか、サッカーをしていてボールを蹴った時に腰が痛くなったとか車の運転を長くしていたら腰が痛くなりやすいとかよこ座りや足を組んで座っているだけでも腰が痛くなったり、前かがみで何かを取ろうとした時に腰が痛くなったりくしゃみをしただけで腰が痛くなったり、布団に寝ているだけで腰が痛いとか色々な腰痛や腰の痛みがありますがどうしてどこから痛みが起きるのかということも考えなければいけないということなんです。

骨盤の歪み・背骨のズレから

腰痛や腰の痛みが起きる時にはどこかに原因があるから痛くなったり痛くならなかったりしていますので、いつも痛くなるかと思いますが繰り返し繰り返し起きやすいほうが多くなります。
腰痛というのは一過性の場合も多くありますが一過性というのは短期間で楽になることなんですが楽になるためには放置しておいても楽になることもありますし楽にならないこともあるからどうしたら楽にすることができるのか腰痛を治すことはできるのかということが一番の問題なんですが治療法というのは楽にする治療と腰痛を治す治療が存在しています。
多くの治療法というのは腰痛を楽にすることをして直したと専門家の先生も思っていますし受けた方も腰痛が楽になったから治ったんだと思っているでしょうが実は違うんです。

腰痛を楽にするなら

腰痛を楽にする治療というのが多くありますが湿布を貼ったりしても腰痛が楽になってしまうこともあるでしょうし、ドラッグストアで売っているサプリメントや腰痛に効くという健康食品を飲んでも腰痛は楽になるでしょうし、腰痛ベルトや腰痛のサポーターなどを巻いても腰痛が楽になることでしょうし、家族の方に腰を揉んでもらったり専門家の先生にマッサージをしてもらうことでも腰痛は楽になることもありますし、鍼灸に行って鍼を打ってもらったりお灸をしてもらうことでも腰痛は楽になることもありますし 低周波治療器の電気をしても腰痛は楽になることもあります。
病院に行って痛み止めの注射を打ってもらうことでも痛みは楽になっていくこともありますがいつまでも対症療法ばかりしていると原因もいつまでも進行してしまうということがあります。

対症療法とは

サプリメントを飲んでも健康食品を飲んでも低周波治療器が電気をかけても注射を打ってもマッサージをしても全て対症療法の一つですから根本的な原因を見つけ出すこともなく楽にすることは人気みたいです。
しかし楽になることばかりしていると原因もいつまでも同じままではいられませんしいつまでたっても改善しなければ徐々に変な風に凝り固まったり固定化してしまうことが多くありますので固定化すると余計に悪くなりますので脊椎管狭窄症という事も起きてしまうこともあります。
腰痛を起こす原因というのは骨盤の歪みや骨盤の開きが原因なんですが骨盤の歪みは骨盤の開きを矯正して整えることができるのは整体院やカイロプラクティック院だけになりますので他の治療院では矯正をすることはしていません。
整体院やカイロプラクティック院というのは矯正することを目的としている治療院名称ですから整体やカイロプラクティック院が骨盤の歪みは骨盤の開きそして背骨のズレを矯正しているところです。

整体、カイロプラクティックは

しかし普通の整体院やカイロプラクティック院では当院のようなその先にあるものまで見つけ出すことはしていないと思いますので単純に骨盤の歪みは骨盤の開きを整えてまたはボキボキして背骨ボキボキしてマッサージしたり低周波治療器などをかけたりして終わりという感じだと思います。
当院では腰痛の治療は30年間研究することをしていますので臨床を踏まえながら色々な状態で検査することをしています。
一番の特徴は検査する技術を向上させて磨いているのが特徴なんですが検査が出来なければ色々な状態はわかりませんし骨盤が本当にボキボキして治ったのかということも分からないと思います。
単純にボキボキしたりするだけでは骨盤の矯正はできていない方も多くいますので本当に骨盤が整ったのか立っても崩れないのかということを見なければいけません。

ボキボキしない矯正

原因を改善していかなければボキボキしても骨盤矯正をソフトな治療でしても立った瞬間に歩いた瞬間にまた崩れ出すことも多くありますのでどうして崩れ出すのかという原因が裏側に潜んでいます。
腰痛になる時には必ず腰痛になる原因が存在していますので原因から改善して行かない限りはいつまでたっても骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくあったりすると生理痛や便秘などが起きるのは当然ですから膀胱炎なども繰り返すことも考えられますし股関節が痛くなることもあります。
また場合によっては骨盤の歪みが起きていると膝の部分に負担が起きることもありますので膝の痛みとして感じてしまう方もいるでしょう。

骨盤の歪み・背骨のズレから

腰痛が起きる時には必ず骨盤の歪みは骨盤の開きが起きていますがそして背骨のズレが起きているんですがどうして歪みやひらきや擦れが起きるのかという原因が裏側に潜んでいるんですが裏側にあるものまで見つけ出すことは多くの整体院やカイロプラクティック院ではできていないと思います。
当院では研究することをしていますので骨盤の歪みや骨盤の開きというのは日常的に起きているものなんですが大きくならない限りは何も感じない方が多くいます。
背骨のズレやゆがみを起こす原因というのは毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することや掃除をすることや食事を作ることや買い物することや車の運転をすることや歩いたりすることやジョギングをしたりすることや色々な物事で多くなっていくのがあります。

体に蓄積するもの


多くなっていくものというのは特別なものではなく誰でも存在して蓄積しているものです。
多くなっているものというのは疲れやストレスです。
疲れやストレスというのは同じ意味になりますので蓄積した疲れがストレスに進行していきますのでストレスが溜まったというのは疲れが溜まったという意味になりま。
ストレスというのも精神的なストレスと肉体的なストレスの二つがあります。
カラオケに行ったり飲みに行ったりして発散できるストレスというのは精神的なストレスの方ですから精神的なストレスを減らすことで肉体的なストレスも少しは言えることがあるんですが多くのストレスは肉体的につまり体に蓄積していきます。
肉体的にストレスが溜まると説明しましたが体にどこにたまるのかという問題なんですが多くは筋肉にももちろん溜まっていきますが筋肉よりも何十倍も多くのストレスを溜めてしまうところが体には存在しています。

疲れやストレスの蓄積

例えばですが 体重が100 kg の方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると水分が65 kg にもなりますので体重の半分以上は水分で構成されていますが水分と言っても単純な水ではなく血液であったりリンパ行きだったり細胞の中の水だったり骨の中の水をたり色々な部分に水分があるということです。
水分に何かが起きたり疲れやストレスが溜まるということは考えられませんので後残った35 kg の中に疲れやストレスが存在するということです。
35キロの中には神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨と中枢神経系と内臓しかありません。
多くの重さは、今あげたものになりますので、この中からストレスがたまるところを見つけ出さなければいけません。
ストレスが溜まるところというのは どこに蓄積していくのかという問題なんですが筋肉にも溜まるという風に説明はしましたがあともう一つストレスを溜めやすいところがあるんです。

疲れやストレスを限界なく

あともう一つというのはダイレクトに答えてしまうと内臓なんですが内蔵と言っても病気と言ってるわけではなく内臓に疲れやストレスが溜まることが原因で体は歪みやズレを起こしていきます。
内臓と言うと誰でも病気というのを考えがちなんですが内臓にもストレスが溜まることが多く普段から起きています。
毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することなどでストレスは内臓に蓄積していきますので内臓疲労が体の歪みやズレを起こしていく原因になっています。
筋肉よりもさらに奥にあるのが内臓ですから内臓の働きの低下が骨盤の歪みは骨盤の開きだけではなく腰痛や肩こりや頭痛や生理痛や便秘などを起こし体をだるく下に起こします。
腰痛を起こす時には必ず骨盤の歪みや骨盤の開きがあるときに重たいものを持ったりすると体を支えることができないために骨盤が不安定になっているため維持することができないためにぎっくり腰になります。

骨盤の不安定が腰痛に

重たいものを持ったりするだけでも骨盤が歪んだり不安定になっている時にどれだけ支点に重さがかかるのかという事が問題になります。
骨盤の不安定な時に前かがみになったりすると前かがみのそうたい授業よりも何十倍も多くの負担が腰にかかっています。
骨盤が不安定な時に車の運転をしていると徐々にストレスを溜めていきますのでストレスをためることが原因で骨盤が余計に開いた理由がんだりしていきます。
そうすると腰痛になります。
布団で寝ている時にお尻の部分が柔らかかったり眠りが浅かったりすると骨盤の歪みや開きが大きくなっていき朝から腰が痛いということになります。

骨盤の歪み・背骨のズレの原因

どうして腰痛が起きてしまう原因の骨盤の歪みや骨盤の開きがどこから起きるのかということに説明に着きますが先ほど説明したように内蔵に蓄積していく説明しましたが内臓の部分でも多くの内臓が存在していますので腰痛を起こす内臓というのはどこなのかということです。
腰痛を起こす内臓というのは腎臓です。
腎臓が弱い方がストレスを溜め安く腎臓にストレスを溜めてしまうと腎臓に関係する筋肉に影響を与えてしまい腎臓に関係する筋肉というのは骨盤を保持している筋肉ですから筋肉バランスが悪くなり引っ張ったり緩んだりしながら骨盤を開いたり歪まさせてたりします。
これが骨盤の不安定状態なんですが多くの方の骨盤は少しは歪みを起こしています。

歪みやズレは

しかし歪みを起こしてるからといって腰痛として感じていない方もいますし生理痛や生理不順や便秘などで感じてしまうかと思いますが歪みやズレが先ではなく内臓に溜まったストレスが原因ですから生理痛は生理不順の方は生理に関係する内臓と言うと骨盤の中にある内臓が挙げられますが子宮や卵巣などの問題があるということです。
便秘というのは大腸や小腸が深く深く関係していますので大腸や小腸の状態が悪いと骨盤が歪んだり骨盤が開いたりして骨盤が大きくなっていくということがあります。

内臓疲労から歪みやズレ

骨盤矯正などでよく言われることがありますが骨盤を矯正すればいいだろと思っていてくる方が多くいますので注意しておきますが骨盤矯正をする時には大腸や小腸、子宮や卵巣の働きも全て関係をしています。
腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど
北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院。

page top