腰が痛くなったら

腰痛が起きる時には必ず骨盤の歪みは骨盤の開きが起きていますがそして背骨のズレが起きているんですがどうして歪みやひらきや擦れが起きるのかという原因が裏側に潜んでいるんですが裏側にあるものまで見つけ出すことは多くの整体院やカイロプラクティック院ではできていないと思います。
当院では研究することをしていますので骨盤の歪みや骨盤の開きというのは日常的に起きているものなんですが大きくならない限りは何も感じない方が多くいます。
腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどとは
背骨のズレやゆがみを起こす原因というのは毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することや掃除をすることや食事を作ることや買い物することや車の運転をすることや歩いたりすることやジョギングをしたりすることや色々な物事で多くなっていくのがあります。

体に蓄積するもの

多くなっていくものというのは特別なものではなく誰でも存在して蓄積しているものです。
多くなっているものというのは疲れやストレスです。
疲れやストレスというのは同じ意味になりますので蓄積した疲れがストレスに進行していきますのでストレスが溜まったというのは疲れが溜まったという意味になりま。
ストレスというのも精神的なストレスと肉体的なストレスの二つがあります。
カラオケに行ったり飲みに行ったりして発散できるストレスというのは精神的なストレスの方ですから精神的なストレスを減らすことで肉体的なストレスも少しは言えることがあるんですが多くのストレスは肉体的につまり体に蓄積していきます。
肉体的にストレスが溜まると説明しましたが体にどこにたまるのかという問題なんですが多くは筋肉にももちろん溜まっていきますが筋肉よりも何十倍も多くのストレスを溜めてしまうところが体には存在しています。

疲れやストレスの蓄積

例えばですが 体重が100 kg の方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると水分が65 kg にもなりますので体重の半分以上は水分で構成されていますが水分と言っても単純な水ではなく血液であったりリンパ行きだったり細胞の中の水だったり骨の中の水をたり色々な部分に水分があるということです。
水分に何かが起きたり疲れやストレスが溜まるということは考えられませんので後残った35 kg の中に疲れやストレスが存在するということです。
35キロの中には神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨と中枢神経系と内臓しかありません。
多くの重さは、今あげたものになりますので、この中からストレスがたまるところを見つけ出さなければいけません。
ストレスが溜まるところというのは どこに蓄積していくのかという問題なんですが筋肉にも溜まるという風に説明はしましたがあともう一つストレスを溜めやすいところがあるんです。
腰が痛くなるのは

疲れやストレスを限界なく

あともう一つというのはダイレクトに答えてしまうと内臓なんですが内蔵と言っても病気と言ってるわけではなく内臓に疲れやストレスが溜まることが原因で体は歪みやズレを起こしていきます。
内臓と言うと誰でも病気というのを考えがちなんですが内臓にもストレスが溜まることが多く普段から起きています。
毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することなどでストレスは内臓に蓄積していきますので内臓疲労が体の歪みやズレを起こしていく原因になっています。
筋肉よりもさらに奥にあるのが内臓ですから内臓の働きの低下が骨盤の歪みは骨盤の開きだけではなく腰痛や肩こりや頭痛や生理痛や便秘などを起こし体をだるく下に起こします。
腰痛を起こす時には必ず骨盤の歪みや骨盤の開きがあるときに重たいものを持ったりすると体を支えることができないために骨盤が不安定になっているため維持することができないためにぎっくり腰になります。

骨盤の不安定が腰痛に

重たいものを持ったりするだけでも骨盤が歪んだり不安定になっている時にどれだけ支点に重さがかかるのかという事が問題になります。
骨盤の不安定な時に前かがみになったりすると前かがみのそうたい授業よりも何十倍も多くの負担が腰にかかっています。
骨盤が不安定な時に車の運転をしていると徐々にストレスを溜めていきますのでストレスをためることが原因で骨盤が余計に開いた理由がんだりしていきます。
そうすると腰痛になります。
布団で寝ている時にお尻の部分が柔らかかったり眠りが浅かったりすると骨盤の歪みや開きが大きくなっていき朝から腰が痛いということになります。

骨盤の歪み・背骨のズレの原因

どうして腰痛が起きてしまう原因の骨盤の歪みや骨盤の開きがどこから起きるのかということに説明に着きますが先ほど説明したように内蔵に蓄積していく説明しましたが内臓の部分でも多くの内臓が存在していますので腰痛を起こす内臓というのはどこなのかということです。
腰痛を起こす内臓というのは腎臓です。
腎臓が弱い方がストレスを溜め安く腎臓にストレスを溜めてしまうと腎臓に関係する筋肉に影響を与えてしまい腎臓に関係する筋肉というのは骨盤を保持している筋肉ですから筋肉バランスが悪くなり引っ張ったり緩んだりしながら骨盤を開いたり歪まさせてたりします。
これが骨盤の不安定状態なんですが多くの方の骨盤は少しは歪みを起こしています。

歪みやズレは

しかし歪みを起こしてるからといって腰痛として感じていない方もいますし生理痛や生理不順や便秘などで感じてしまうかと思いますが歪みやズレが先ではなく内臓に溜まったストレスが原因ですから生理痛は生理不順の方は生理に関係する内臓と言うと骨盤の中にある内臓が挙げられますが子宮や卵巣などの問題があるということです。
便秘というのは大腸や小腸が深く深く関係していますので大腸や小腸の状態が悪いと骨盤が歪んだり骨盤が開いたりして骨盤が大きくなっていくということがあります。

内臓疲労から歪みやズレ

骨盤矯正などでよく言われることがありますが骨盤を矯正すればいいだろと思っていてくる方が多くいますので注意しておきますが骨盤矯正をする時には大腸や小腸、子宮や卵巣の働きも全て関係をしています。
腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどとは

TOPへ