腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどの原因

腰痛を改善しようと思うなら湿布を貼ったりすることやマッサージをすることもいいかも分かりませんし低周波治療器などをかけて刺激をすることもいいかも分かりませんが表面上のものばかり改善していないで原因を突き止めていくことをしないと悪化したり一気に椎間板ヘルニアになったり坐骨神経痛になったり、脊椎管狭窄症になったりすることもあります。
腰痛を起こす時には腰痛になる原因がありますので痛みを楽にしてしまったことを治ったと言いますが実は原因が残ったままになっていますので治ったわけではありません。
腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

痛みを楽にすれば良いのか

痛みを楽にすることと原因を見つけたして直していくということは全然意味からして違います。
腰痛を楽にしていこうと思うならどうして腰痛が起きるのかということを考えなければいけませんが多くの方は腰痛と言うと考えることもなくただ痛みがあるところが痛いという感じでしかありません。
腰痛を起こす時にはどうして腰痛が起きてしまうのかという原因があるわけですから原因を見つけ出すこともしないといつまでたっても一年に1回ぐらい腰痛を起こしながら悪化していく傾向があります。
腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどと疲れやストレス

痛みを繰り返すのは

1年前に腰痛で訪れた方が一年後に、また腰痛で訪れるのは原因が治っていないからであり繰り返すことで進行していくということなんです。
腰痛を楽にすることと腰痛を治していくということは意味からして違うと言いましたが腰痛を楽にすることが短期でできても数回、繰り返してしまうと短期では治りにくい腰痛になってしまうこともあります。
普通は体に溜まった疲れやストレスが原因で腰痛を起こすことがありますのでぎっくり腰であろうと腰の痛みであろうと疲れやストレスが溜まった状態で痛みになります。
腰痛を起こす時には何をきっかけとして起きたのかという問題よりも何かをしたら起きてしまったということが問題になりますので重たい物を持ったりして腰が痛くなったとか中腰をしたりして腰が痛くなったとか前髪をして腰が痛くなったとか車の運転をしているだけで腰が痛くなったとか色々なことを言われます。
これらは切っ掛けです。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどになるのは

腰痛になる時にはきっかけと原因の両方が揃って初めて痛みを起こしていきますので、どちらかが欠けても腰痛になることはありません。
腰痛を起こしてしまう原因というのは骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレがあるときに重たい物を持ったりすることで体を支えることができませんので支えることができない姿勢をした時に痛みになります。
骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが問題なんですが表面上の痛みだけを楽にしたら腰痛を楽に感じでさせてしまうことができます。
しかし腰痛を起こした痛みは解消できても骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが残ったままになっています。
骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレがあっても軽ければ痛みもなければ何も感じません。
骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレというのも大きくずれた時もあれば軽くずれた時もあるからです。
腰痛を起こしている原因は疲れやストレスの蓄積が原因ですが疲れやストレスというのは毎日毎日の生活や運動することや仕事をすることで多く生み出されていくものです。

疲れやストレスの蓄積

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどと疲れやストレス
疲れやストレスが溜まっていない方はいませんので全員と言っていいほど疲れやストレスが溜まっていますけど自分の弱い部分にたまる傾向が疲れやストレスはあります。
疲れやストレスがたまるところというのは自分の体でも弱い部分に溜まっていきますので弱い部分がどこなのかで起きる症状が違います。
疲れやストレスを溜めてしまうということはダメージが大きく弱い部分に多くたまる傾向がありますので弱い部分に多く溜まってしまうと骨盤が歪んだり骨盤が開いてありそして背骨のズレが起きたりということで腰痛として起きてしまいます。

どこにたまる疲れやストレス

疲れやストレスというのは例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると65 kg が水分ということになりますので水分に何かが起きるということはありませんので、あと残った35 kg の中に疲れやストレスがたまるところがあります。
残った35 kg の中には神経と血管とリンパと皮膚と皮下脂肪と筋肉と靭帯と骨と内臓しか存在していませんのでこの中で疲れやストレスをためやすい所というのは筋肉と内臓ということになりますが内臓と言っても病気と言っているわけではありませんので勘違いしないでください。

働く内臓に疲れやストレス

毎日毎日働いてくれている内臓なんですが食べたものを消化したり分解したりすることでも働きを多くしてくれていますが呼吸をすることでも疲れやストレスを生んでしまう原因になってしまいますので内臓が働くということは人が働くということと同じことだと思います。
人が動いたりする時でも多くの疲れやストレスが生み出されていきますので 内臓が消化したり分解したりすることだけではなく人が運動したり仕事をしたりすることでも疲れやストレスが内臓に溜まっていきます。
両方の面から疲れやストレスが内臓に溜まっていきますので内臓は悲鳴をあげている場合がありますが病気というわけではありませんので病院でいくら検査をしても数値的な異常が出ることはありません。

 

TOPへ