生理痛を楽にして原因を見つけること

生理痛

生理痛になる方は原因があります。毎月ある生理を薬ばかりでおさえていないで生理痛になる原因を見つけ出すことが大事です。
生理痛になるのは原因があります。
どうして生理痛が起きるのか。
生理痛になるのは、どうしてなのか。
生理痛を考えなければ、いつまでも生理痛の原因がそのままではいられません。

生理痛を起こしている原因をみつける為にも体を良くしなければ先が見えません。その為、施術していくと1回目の施術したあと、2回目の時などに体調や体力がない方、自分でも気が付いていない睡眠負債のある方はダルクなることがあります。揉み返しのような感じでダルクなりますが揉み返しとは違います。

生理痛というと薬ばかり飲んでいることが多くありますが生理痛と言うと人と比べて生理痛がない方もいれば生理痛がひどい方もいます。
生理がくると生理痛になるのは当然だと、生理痛あるのが普通だと思っていませんか。
生理痛になるとイライラしやすくなったり体が重たくなったり、ダルクなったり腰が痛くなったり肩こりが起きたり、頭が重たくなったり下腹部が張ったり、下腹部が重くなったり頭痛、頭の痛み、偏頭痛が起きたり吐き気がしたり、色々な症状が起きてしまいます。
症状的には自律神経失調症、更年期障害と似ています。
下腹部の重たさが生理痛の特徴くらいです。
確かに生理痛になると自律神経が失調状態になることで起きます。
ホルモンのバランスが悪いとか言われるのが普通です。

生理痛になる時には

生理痛になる時にはどうして生理痛になるのか、生理痛になる原因を探さなくては先に進めません。
生理痛と言う事ですから子宮、卵巣、ホルモンが関係して起きています。
ホルモンと言うのも卵巣ホルモンなどのホルモンも関係します。
生理痛になる時には体調と体質が深く関係しています。
薬ばかり飲んでいないで原因を見つけませんか。
生理痛になる方の原因があります。
当院では生理痛の原因を見つけ出す事をしています。
そのため歪みやズレを矯正するだけでの施術ではありません。
生理痛になる原因を見つかるための検査をしています。

生理痛になる体調

生理痛になる時には体質と体調が関係しています。
体調と言うのは体調が悪いとか、体調が落ちているとか色々言われますが体調と言うのは疲れやストレスの蓄積です。
疲れやストレスは毎日、毎日の生活する事の掃除や食事作ることでも洗濯する事でも買い物して歩く回る時や荷物を持つときでも多くなるものが体に溜まります。
運動する時でもジョキングする時でもストレッチしても歩いても山登りしても疲れやストレスは多く生み出されます。
例えばアルコールや脂分の食事をすると内臓は勝手に働いてくれますが、働くことで運動して疲れやストレスをためていきます。例えば呼吸も酸素を吸って肺で血液に酸素を混ぜてくれますから血中酸素が増えてくれます。疲れが溜まったら焼肉を食べたりウナギを食べたりケーキを食べたり脂分やアルコールを飲んだりすると疲れやストレスが多くなります。
仕事でもデスクワークでも車の運転の営業でも運送でも、立ち仕事でも動き回る仕事でもレジ打ちでも、お客さま応対でも多くなります。

疲れやストレスのたまる部分

疲れやストレスが体にたまると言うことはわかると思いますが、疲れやストレスがどこにたまるのか、と言う事が問題です。
運動したりすることで筋肉は疲労して乳酸を多くためて疲労物質が多くなり筋肉が疲労することで筋肉痛が起きたりします。
しかし疲れやストレスがたまるのは筋肉だけではありません。
疲れやストレスがたまる部分は消去法で言うとわかりやすいので、
例えば体重が100キロの方がいたとして65キロが水分です。体重の半分以上が水です。血液、リンパ液、体液、細胞の中の水分、骨の中にも水分があります。あと残ったものの35キロの中には骨の重さ、筋肉、脂肪、皮膚、血管、神経、リンパと内臓と中枢神経(大脳、脳幹、脊髄)です。
中枢神経(大脳、脳幹、脊髄)も内臓の一部です。
この中で疲れやストレスがたまりやすい部分と言うのは主には内臓と筋肉です。
しかし内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。なんでもかんでも病気というのを結びつけることなく疲れやストレスが内臓にたまると言うことが多くあります。

内臓に蓄積する疲れやストレス

内臓に疲れやストレスがたまりますが、人には弱い内臓とそうでもない内臓があります。弱い内臓には多くの疲れやストレスがたまります。
強い内臓というのは存在していません。一般的に強い内臓と言いますが、強い訳ではありません。ですから、ここではそうでもない内臓と言います。
弱い内臓に多くの疲れやストレスがたまることで生理になる時に骨盤の歪み・背骨のズレが起こります。
骨盤の歪み・背骨のズレが起きた時に生理になると生理痛が起こります。

骨盤の歪み・背骨のズレがあるからではありません。

弱い内臓に疲れやストレスがたまると、体は徐々に歪みやズレを起こしていきます。
骨盤の歪み・背骨のズレが先ではなく内臓に蓄積する疲れやストレスが先に起こります。
弱い内臓に疲れやストレスがたまると働きが低下したり炎症やハレを起こしていきます。
この時には生理に関係する弱い内臓だけではなく体全身の弱い内臓にも疲れやストレスがたまっています。
だから全身の症状が起きたりします。
肩こりを起こす内臓が弱ければ、肩こりを起こす内臓疲労から背骨のズレが起きて肩こりになります。
腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどを起こす内臓は弱ければ、弱い内臓に疲れやストレスがたまり骨盤の歪み・背骨のズレが起こりますから腰痛になります。

弱い内臓が生理痛になる

弱い内臓は人それぞれで違います。生理痛にならない方は生理に関係する内臓がそうでもないと言う事になります。
腰痛の方は腰痛になる原因があると説明しましたが、生理痛になる方は生理痛の原因になる内臓が弱いから生理痛になるわけです。
弱い内臓と言うのは体質が元から関係しています。
体質と言うのは遺伝子が関係しています。
遺伝子とは親からもらう遺伝です。
しかし親は生理痛がなかったと言う事もありますから、弱さと言うのは生理痛になるか、なっていないこともあります。
病気になる時も弱さがあるからなる訳ですから、弱さがあっても数値の異常が出ないこともあります。
何かの異常があって病院で検査を受けても異常なしと言うことは良くあることです。何かの異常があるから病院にきて検査したのに健康ですね、ではありません。
これは、まだ病気として完成していないと言う事です。つまり未病ですいまだ病気ではないけど先将来の予備軍です。
生理痛になる方は先将来の予備軍です。しかし今は病気ではありません。

病気は完成しないとわからない

病気になる時には完成しないとわかりません。
健康な細胞から一気に病気になることはありません。なっていく過程があります。変化していく過程です。悪くなっていく、進行していく時間が必要ですあります。
病気になる為には、半年や1年や3年でなることはなく10年や15年くらいかかりながら進行していきます。
弱い内臓は生まれつきゼロではありません。つまりゼロからスタートはしていません。もう生まる前からスタートを切っています。
親からもらった精子と卵子に赤ちゃんの設計図があります。この設計図段階で、もう弱さの内臓が決まっています。
有名なアメリカのハリウッド女優のお母さんが乳がんになったから自分も遺伝子検査してみたら乳がんの可能性が高いと言う事でなっていないのに手術した話は有名です。これが遺伝です。関係しているのが遺伝子です。
生理痛になるもの遺伝子が関係しています。
子宮、卵巣の弱さが生理痛を起こしています。

体質改善の施術

遺伝子に関係する内臓を少しずつでも変えていく事をするのが体質改善と言う施術になります。しかし短期で変わることはありません。
始めの数回の施術は疲れやストレスを減らしていく治療になります。
内臓にたまった疲れやストレスを減らして骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレなどを解消する治療です。
期間を空けないで来ていると数回目で体質改善の施術に進むことができるようになります。
体質改善の治療に進んでいくと色々な部分が変わり始めます。
体質改善と言うのは弱い内臓を少しずつ強くしていく方法です。アンチエイジングとも言います。
体質改善をする為にも体調を整えないとできません。
期間を空けるとできません。

体質改善とは

体質改善と言うのはアンチエイジングでもあり若返りの施術でもあり、強くしていく方法です。
簡単な方法ではありません。
自分の体を直していく事をしています。
しかし最近は多くの方が睡眠負債になっています。
睡眠負債とは夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っていませんか。
目が覚めないから寝ているとは言えません。
眠りと言うのは大脳が休養を取って寝ていることを言います。
夢は目が覚める瞬間に見ています。目が覚める前に見ているから記憶に残ります。
寝ている時に寝ながら考え事をしている睡眠をしています。寝ている方を見てスースー寝息を立てていても気持ちよさそうな感じでも脳の中の事までわかりません。

寝ながら考え事をしている睡眠は最悪な睡眠です。

寝ながら考え事をしている睡眠をしていても目が覚めた瞬間に忘れてしまいます。夢は目が覚める瞬間に見ています。
寝ながら考え事をしている睡眠は脳疲労になっていきます。脳疲労が起きると体の中枢部にある脳下垂体ホルモンのバランスが崩れていきます。
この崩れが卵巣ホルモンに影響することも少なくありません。
睡眠負債があると脳細胞の急激な減少を招いていきます。

脳疲労だけでは済みません。

院長から「体調はどうですか」と聞くと全員が「体調は良いです」と答えますが検査してみると全員が奈落の底のような体調、ドン底のような体調をしています。
検査して調べてみると骨盤の歪みが大きくあったり、背骨がガタガタで体調の悪さを示していますが、感じていないと言う事です。
普通であれば色々な不調、痛みやコリが起きているような状況です。
生理痛

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから生理痛を解消する為に。

page top