体質改善の背術とは

当院の特殊な治療として体質改善という治療をしています。

 

腰痛、肩こり、生理痛、便秘、下痢、頭痛、首の痛み、首のこり、膝の痛みなども、小顔矯正、骨盤矯正、浮腫み解消、姿勢・猫背矯正、ウエストが細くクビレができる矯正、体重よりも見た目を細くするダイエットをする時にも関係するのは体質です。

 

  • 体質が崩れていくから腰痛になります。若かった時には腰痛は起こらない。
  • 体質が崩れていくから肩こりになります。若かった時には肩こりは起こらない。

 

 

全ては体質から変えていかないと根底にある弱さは変わることなありませんが年齢とともに落ちていきます。また、年齢以上に落ちていきます。
人が歳を重ねる時には1年に1回ですが体の弱い部分は1年に1回だけ歳を取ることはありません。
痛みやコリを起こしやすい部分や、繰り返す所は弱い所です。
弱い所を強く変えていくことをするのが体質改善ですが、体の質は簡単には変える事ができません。

 

期間を空ければ空けるほど疲れやストレスがたまります。

1か月に1回だけ来ても体質は変える事はできません。
半年に1回来ても体調が落ちていますから疲れやストレスの蓄積が多くあり体質改善はできません。
週に1回だけ来ても体質改善ができる方もいます。
週に1回だけ来ても体質改善ができない方もいます。
週に2回、来ないとできない方もいます。

 

その個人個人の体が全て違います。年齢、体力、眠りの度合いもすべて違います。
基本は週に1回以上と説明しています。週に1回ではありません。

 

体を整えて体力が上がった時にできるのが体質改善ですが、始めは受けた瞬間から落ちていきます。落ちていけばいくほどできなくなるからです。特に眠りが浅い方、睡眠負債のある方、夜中に目を覚ます方、夢ばかり見る方、寝ながら考え事をしている睡眠はつめないと仕事でもデスクワークでも車の運転の営業でも運送でも、立ち仕事でも動き回る仕事でもレジ打ちでも、お客さま応対でも多くなるもができません。

 

体の質を変えるとは人生を変える事にもつながると思います。簡単に変わる体質はありません。近道はありません。

 

 

体質改善
体質改善という治療は身体の質を変えていく治療なので簡単な方法ではありませんので初回からできる治療ではないし数回の体を整えることをしないとできない治療なんですが変わらないものを少しでも変えていくことができる治療になります。

簡単には変える事が出来ないのが体質改善

体質改善という治療の別名としてアンチエイジングという治療になりますがクリームを塗ったりサプリメントを飲んだりしても体質を変えることはできませんので表面上や栄養やサプリメントだけではなく体の中から実際に変えていく治療でもあります。
どうして体質を変えることをしなければいけないのか体質改善をおすすめするのかと言うと色々な症状というのは生まれつきの問題が関係しているからであり家系的な問題が関係しているからです。
体質というのは遺伝的な要素が多くありますので簡単に変えられるものでもなく面白半分で受けてみることもないようにしてください。
今の体というのは年齢とともに弱くなるばかりだし悪くなるばかりだし場合によっては病気に近づこうとする場合が多くありますが、すべては体質が関係しているからです。
体質改善と疲れやストレス

体質は遺伝的・家系的につながるもの

家系的な弱さと遺伝的なよ朝の部分が腰痛や肩こりや頭痛や生理痛や生理不順や便秘などを起こしていますので根底にあるものは体質的な弱さが原因なんですが体質的な要素がある上に体調レベルの疲れやストレスの蓄積が重なって起きています。
人の体というのは生まれつき弱い部分とそうでもない部分が存在していますので弱い部分には多くの疲れやストレスが溜まりやすい傾向がありますがそうでもない部分というのは痛みやコリを起こすことはなく先将来につながるものはないと思います。
しかし例えばですけど親が何らかの病気を持っていれば病気のある内臓というのは弱い内臓になりますので弱い内臓の遺伝子をもらって生まれた子供は全て弱い反応を示し病気になるかならないかという可能性が増えてしまうということなんです。

親の悪さが子供の弱さになる

親が糖尿病であれば糖尿病というのは膵臓が悪くなった時に起きる病気ですから膵臓が弱い家系の方がアトピーやアレルギーになったり乾燥肌になったり下痢をしやすくなったり喉の渇きが起きたり目のかすみが起きたり先将来に糖尿病になる可能性が増えていきます。
年齢が若い時には可能性は少なくなっていますが年齢を重ねれば重ねるほど糖尿病になる可能性の確率が増えていきます。
体質改善と疲れやストレスと老化

親が肝臓が悪ければ子供も弱さになる

親が肝臓の病気を持っている方は今すぐ肝臓の病気になることはないと思いますが肝臓の病気になる前にアレルギーや花粉症など起こしたり膝を痛めてしまうことがあったり外反母趾が起きたりする可能性が大きくなっていきます。
肝臓の弱さや肝臓の問題を持っている方が先将来に肝臓の病気になる前に膝の痛みや外反母趾や花粉症やアレルギーなどを起こす可能性があるということなんですが病気になるかならないかという判断をしているわけではありません。

 

あくまでも確率が大きくなるということで弱さの部分があるということがわかります。

悪い確率が増えていく

例えば腰痛になりやすい方は同時に起こしている方もいますが肩こりを起こす可能性は少ないようです。

 

肩こりのある方は首の痛みや首のこりなどを起こしやすく頭痛になったりすることも多くあるようです。

 

人の体というのは生まれつき弱い部分と強いわけではありませんがそうでもない部分が存在していますのでそうでもない部分は何も痛みやコリを起こすこともなく先将来の問題につながることがありませんが弱い部分というのはそういうわけにはいきません。

 

弱い部分には多くの疲れやストレスがためやすくなりますので疲れやストレスを溜めてしまうことが原因で細胞が徐々に変化していきますので練習をかけながら悪くなり年数をかけながら悪くなっていく過程で時々何かの症状や痛みやコリを起こしています。

弱い部分に疲れやストレスはたまる

弱い部分というのは必ず誰でもあるものですが自分の両親や両親の四人の親などを考えればある程度の弱さの部分が分かりやすいと思いますが老衰で死亡したわけではなければ事故でもなければ病気で死んでいればある程度のものが家系的な要素だということがわかります。

 

これらの弱さを少しでも改善して変えていこうとするのが体の質を変えていく体質改善という治療です。

体質改善とは

体質改善の治療は初回からできる治療ではありませんので体が整って準備ができた方に対して『治療ができるからどうしますか』とお聞きしますので『進めてください』という時に進めることをしています。

 

体質改善の治療で細胞を若返らせていくためには会長と体力が必要ですから初回はできるものではありませんのでまずは準備段階として体調や体力を上げることをしていますので体調や体力を上げるためには数回かかることはあります。
体質改善と疲れやストレスと老化とアンチエイジング

 

当院では近隣の田川市やみやこ町から多くの方が来院しています。

TOPへ