腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどを解消

腰痛、腰の痛み、腰が痛いを解消

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどを楽にするなら骨盤の歪み・背骨のズレから解消することが大切です。
腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどの悪化したものが椎間板ヘルニア、坐骨神経痛と言いますから、これらも特別なモノではありません。
誰でも起きるのが椎間板ヘルニア、坐骨神経痛です。
腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどが起きると湿布を貼ったりサプリメント、医薬部外品を飲んだり、マッサージをしたり低周波治療器や電器をしたり、歪みやズレを整えたりすることなどの色々な方法があります。
当院では歪みやズレから腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどを解消する事をしています。
腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど起きるときの原因は歪みやズレです。

歪みやズレ

しかし歪みやズレを直さなくても楽にすることはできます。腰痛を起こしている歪みやズレを検査することも治療することもなく楽にする治療を対症療法と言います。
しかし対症療法ばかりしていると歪みやズレもいつまでも同じままではありませんし裏側にある歪みやズレの原因も進行していきます。
対症療法ばかりしていると一時抑えです。
湿布を貼ったりサプリメント、医薬部外品を飲んだり、マッサージをしたり低周波治療器や電器をしたり、鍼灸でお灸や針をしたりすることも対症療法の一つです。病院で注射を打っても対症療法の一つです。注射は痛み止めですから。
腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどが、どうして起きているのか。
何が原因で腰痛になるのか、原因があります。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどを解消する為には体力や体調も必要です。体力の低下や体調が落ちている方、睡眠負債がある方は施術したあとダルクなることがあります。揉み返しのようなダルさが起こる方がいます。回復してくると体調も上がりますからダルさは無くなります。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどは

腰痛が起きる時には、重たいものを持ったりすることで腰が痛くなりますが、これらは切っ掛けです。
切っ掛けは色々あります。
重いものを持った、中腰で仕事をしていたら急に腰が痛くなった、庭仕事で腰が痛い、庭仕事で座ってしていたら立とうとした時に腰が痛くて体を伸ばせない、靴下を履こうとしたら腰が痛くなった、車の運転で腰が痛くなる、運動していたら腰が痛くなった、サッカーをしていたら腰が痛い、野球でバットを振っていたら腰が痛い、ゴルフをしていたら腰が痛くなる、ジョキングをしていたら腰が痛くなる、朝から腰が痛い、寝ていたら腰が痛い、クシャミをしたら腰が痛い、色々な腰痛がありますが、これらはすべて切っ掛けです。
普通は同じことをしても痛くなることはない時もあります。
どんなに注意していても起きる時は起きるのが腰痛です。

腰痛と切っ掛け

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどが起きるときには切っ掛けだけでは起こりません。
切っ掛けとあることが起きている時に腰痛が起こります。
あることと言うのは骨盤の歪み・背骨のズレです。
つまり腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどが起きるときには切っ掛けと骨盤の歪み・背骨のズレから起きています。
両方が重なった時に腰が痛くなります。
切っ掛けだけでは腰痛はにはなりません。
骨盤の歪み・背骨のズレだけでも腰痛にはなりません。
両方が同時に重なった時に起こります。
骨盤の歪み・背骨のズレも、いつも変わっています。
骨盤の歪み・背骨のズレが軽くなったり、ひどくなったり変化しています。
変化するのはあることが体に蓄積したのが原因です。

疲れやストレス

骨盤の歪み・背骨のズレの度合いが変化するのは疲れやストレスの蓄積です。しかし疲れやストレスはたまる所があります。
疲れやストレスがたまる部分は体の中です。
疲れやストレスと言うのは体の中にたまりますが、例えば体重が100キロの方がいたとして65キロが水分です。つまり水です。体重の半分以上が水と言う事です。
水は血液、リンパ液、体液、細胞の中の水などです。
あとの35キロの中には骨の重さ、筋肉、脂肪、皮膚、血管、神経、リンパとあとは内臓と中枢神経(大脳、脳幹、脊髄)です。
この中で疲れやストレスがたまりやすい所は筋肉と内臓です。
疲れやストレスは筋肉にもたまりながら内臓にたまっていきますが内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。なんでもかんでも病気というのを結びつけることなく疲れやストレスが内臓にたまると言うことが多くあります。

内臓に疲れやストレスがたまると

病気ではなはない状態で疲れやストレスが内臓にたまっていきます。
例えば腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどになる内臓と言うのは腎臓です。主にですが。
腎臓に疲れやストレスがたまると腎臓に関係する筋肉のバランスが悪くなります。筋肉バランスが崩れることで骨盤の歪み・背骨のズレが起こります。
腎臓に関係する筋肉バランスが崩れてしまい。骨盤が不安定になります。
腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど
筋肉バランスの崩れが骨盤の歪み・骨盤の開きになります。筋肉は背骨にもついていますから背骨のズレになります。
骨盤が不安定になることでも背骨のズレが起こります。
腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどは筋肉バランスから
腎臓に疲れやストレスがたまっていくと腎臓に関係する筋肉である大腰筋、腸骨筋のバランスが悪くなります。
この大腰筋、腸骨筋の筋肉バランスが骨盤を不安定にしてしまいます。
腎臓に疲れやストレスがたまるのも限界なくたまっていきます。
その程度で歪みやズレが軽くなったり、ひどくなったりしています。
ひどい時に切っ掛けをすると腰痛になります。

腎臓の弱さ

腎臓に疲れやストレスがたまると説明しましたが、腎臓の弱さは弱さがある方が溜まっていきます。
腎臓の弱さがない方は疲れやストレスがたまりにくくなりますから腰痛になることはありません。
そこには体質が関係しています。
人の体は弱い部分とそうでもない部分に別れます。
そうでもない部分は何も起こすことはありませんし先将来も関係しません。
人の体は強いことはありません。
そうでもないと言う意味になります。
弱い内臓ほど疲れやストレスがたまりやすく、疲れやストレスをためてしまうと細胞の変化が起こります。
細胞の変化は徐々に年数で進行していきます。
年齢以上に進行した物が先将来につながります。
健康な細胞から一気に病気になることはありません。なっていく過程があります。変化していく過程です。
先将来と言うのは病気ですが、病気になるとは限りません。

どれくらい進行させるかで違います。

どれくらい弱いのか、進行するスピードはどの程度なのか。ということが問題になります。
当院では体質改善と言う施術があります。
体質改善と言うのは弱い部分を強く変えていく治療です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

page top